ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年08月23日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • あなたの憧れEpコン
    • 部活中
    • 体育館
    • 髪クシャ

    茅琉『はぁー今日も部活』

    海音『またため息付いてん』

    茅琉『うるさい~』

    この人は海音

    珍しく女子が集まらない理由集まる人が3年生女子だから3年生は本格的受験真っ只中に入ってるそんな中1人の女子が見ている

    女子1『馴れ馴れし海音くんに』

    茅琉『っッ私の家柄分かる』

    女子1『言ってられるの今だけ』

    その喧嘩の声に3年生女子が集まってきた

    女子1『あの子生意気なんだよ』

    女子2『はい?茅琉様なんて』

    女子1『ん?』

    女子2『財閥のお嬢様よ!茅琉様に生意気とか早いんだよ』

    女子3『茅琉様大丈夫ですか?』

    私の家が財閥と有名で恐れをなしてる先輩女子も多いのだ

    海音『茅琉、このあとどっか行こう』

    頭くしゃっ海音はする

    茅琉『はずかしいやん』

    茅琉『そうね先輩ありがとう』

    女子2『茅琉様にお礼言われるなんて』

    女子3『やばい』

    ちなみに海音と茅琉カレカノ

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 教室
    • 壁ドン&告白

    「ねーねー、美優ちゃん。早く俺のものになってよ〜」

    「嫌です、チャラい人は尚更」

    「ひどいなー」

    ぐっ…カッコイイ…なんでこんなに好きなのに素直になれないかなぁ…

    「ホントのことですから」

    「でも、オレ繋がってた女の子全員と切ったよ?」

    「っ…え?」

    そんなわけない…よね、一瞬でも信じかけた私はバカだ

    「嘘だと思ってるでしょ?本当だよなんならスマホ見る?」

    「いや…大丈夫…ですから」

    「そんなに俺、信用ない?これでもすっごい本気なんだけど。こんな女の子、初めて」

    突然腕を掴まれ、壁に押し付けられる

    ドンッ

    へっ…?

    「せん…ぱい…?」

    いつも余裕のある顔が崩れ、今では余裕のない表情だ

    「こんな気持ちになったのは、彩華が初めて」

    顔が赤くなっていくのを感じる

    「好きだよ、彩華」

    「っ…!」


    「俺のものになって」

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室
    • 告白

    “弟”だと、思っていた幼馴染みは“男”だった。
    「ねぇ、それなに?」
    トンっと肩を押され、簡単に押し倒された。
    押し返そうとしてもびくともしない。
    “それ”と言われて触れられたのは
    鎖骨辺りで、最初は触れるだけだったのが、
    緩く撫でられて声が漏れる。
    「んんっ、、」
    わけの分からない顔をした私に
    何故か怒ってる彼は、
    「無防備なのは俺の前だけにしろよ。」
    なんて言って
    撫でていた鎖骨辺りに顔を近づける。
    緩く息がかかって、
    ぬるっとしたものが鎖骨をなぞった。
    それが“なんなのか”を考える暇もなく
    じゅるっと吸われて、
    痛みと甘さと、
    それからお腹の奥の方が疼く感じがして
    自分のものなのか分からないくらいの
    甘い甘い声が漏れた。
    「あ、、や」
    「…煽ってんの?」
    そう言われて、甘く甘く唇を奪われる。
    「お前が俺以外見てないと油断してた。
     でも、お前には俺しかいないと分からせないとな。」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

若き店主と囚われの薔薇 (相沢ちせ/著)

エルガとロジンカ、ファナとクエイト。お気軽にどうぞ。

  • 月夜の翡翠と貴方(本編)から番外集、そしてこの若き店主と囚われの薔薇全て読ませていただきました!!
    やっぱりちせさんの文章の表現がとにかく好きです♪
    クエイトを想うロジンカ、ロジンカを想ってのクエイトの行動…なんとも切ない。心が何度も折れそうになりながらも、それでも立ち上がって進んでいこうとする強い女性惚れました。笑
    個人的にはロジンカがエルガに「友達になってあげる」というシーンが好きですね!強くなってく女性は人の心も変える。素敵ですっ
    今回の作品で一番好きなテン。とてつもなく可愛い……♡是非、テンとロジンカのその後を書いて頂きたい!!!
    今後も素敵な作品を楽しみにしていると共に、これからも応援しております♪

    C-elu   2016/11/04 04:19

    *C-eluさん*
    お返事が遅くなってしまいごめんなさい!本編に続き、シリーズ読破ありがとうございます…!
    ひゃー、好きだと言っていただけて光栄です!!
    クエイトとロジンカの関係は、結構こだわって書いたので、そう言っていただけるととても嬉しいです(*´꒳`*)
    このシリーズに出てくる女性は、なんだかみんなたくましい気がします笑 強い女性とは美しくて魅力的ですよね…!
    ロジンカとエルガのそのシーンは、私がこの小説でいちばん書きたかったシーンなので、好きだと言っていただけて感激です…泣
    テンとロジンカのその後は私も書きたいなあと思っておりますので、小話置き場などで気長に待っていただけたら…!笑
    これからも精進いたします!応援&ご感想ありがとうございました…!

    作者からの返信 2017/05/20 14:55

  • *雨里さん*
    お久しぶりです~!
    今回も読んでくださってありがとうございます...!(>_<)
    私自身が精神的に強くなっていく女の子が好きなので、ロジンカの成長を書けて嬉しいです。
    そうですね...月夜の翡翠と貴方のキャラクターの中でも、最終的に立場が最も身軽な子になったからこそ、最後のようなことができたんだと思います。
    エルガを奥が深いと言っていただけると、なんというかとても嬉しいのですがやっぱりちょっと気恥ずかしいです(結局私が言わせてる台詞なので笑)
    ミルフィーユ...!雨里さんのお言葉は毎回高確率で私の心にズキュンと刺さります。なんて可愛い例えをなさるんですか。
    終盤のあの二人の登場と役割に納得していただけていたら、してやったりという感じです笑
    これからも頑張ります!ご感想ありがとうございました*

    相沢ちせ   2015/09/20 19:47

  • *Nano☆さん*
    はじめまして!読んでくださってありがとうございます*
    ロジンカの生き方に何かを感じ取っていただけたようで、書いて良かったなぁと思いました(*´-`)
    いえいえ!すごくありがたいお言葉ばかりで感激しています(>_<)赤い薔薇と碧の翡翠葛を思い浮かべていただけていたら、幸いです。
    これからも精進致します!こちらこそ、素敵なご感想をありがとうございました♪

    相沢ちせ   2015/09/20 19:32

  • お久しぶりです、雨里です!

    ロジンカちゃんの強さには圧倒されました。
    クエイト様に焦がれて焦がれて、そしてその強さから届け屋になって。

    ロジンカちゃんにしかできないことだと思います。
    そしてエルガさん!

    奥が深い…ミルフィーユみたいですね!

    終盤でジェイドとルトが出てきたときの興奮といったら、もう本当に相沢さん上手いなって感じです。

    その知識と文章力にはどの作品でも感激しています。

    これからも執筆がんばって下さいね!

    雨里   2015/08/25 10:14

  • ロジンカの強い生き方に心を撃たれました!
    言葉にするのが下手なので上手く表現出来ないのですが、とっても素敵な物語で赤い薔薇がいつまでも美しく咲き誇る情景が目に浮かびます《*≧∀≦》
    感動をありがとうございました♪
    これからもたくさんの物語を読ませてください!

    Nano☆   2015/08/23 12:32