ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年11月18日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 先生
    • 廊下
    • 告白

    「あ、先生、御機嫌よう~」
    「片桐、今どき御機嫌ようって、今度はウケ狙いか?」
    「違いますよー、たまには違う挨拶を考えてですね!」
     ふと俺は思った。今日は何かが違う。そのふざけた挨拶以外に・・・・・・そうだ、今日はいつもの好き好き攻撃が無い。
    「それでは先生また授業で」
    「おい、片桐・・・・・・、今日はどうしたんだ?」
     いつもと違うだけで調子が狂う。
    「へ? どうって普通ですよ?」
    「だから・・・・・・いつもみたいに好きって言ってこないのかよ」
     赤くなった顔を隠すように横を向いて言った。
    「そんなに毎日言ってないし、言いません!」
    「なんだよ・・・・・・つまんねぇの」
     俺はそうぽつりと呟いた。
     別に期待していた訳じゃない・・・・・・と思っていたのになぜだか心に穴を開けられた気分だ。
    「んーーーー、もうやっぱり先生好きです!」
    「あーーー、はいはい!」

    開く閉じる

    • 同級生

    やっと2人きりで帰れることができたのに…勇気が出ない。

    隣を歩く好きな人との距離、わずか3cm。

    伸ばしたらすぐ届きそうな手も、さっきから続いている沈黙も全てがもどかしい。

    「あのさ…」
    やっとの思いで口から出た声は想像以上に震えていた。

    「…なんでもない…」
    ああ、また…。いつもこの調子でいつまでたっても前に進まない。伝えなきゃ何も始まらないのに…。

    「危ない!!」
    突如、彼が大声を上げ、私を突き飛ばした。
    「った…」
    その時、私が目にした光景は…車と…彼と……。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    あれから5年。未だに忘れたことはない。
    あの時伝えていれば…。
    そんなこと考えたってもう遅い。
    彼はもう2度と戻らないのだから…。

    『勇気は一瞬 後悔は一生』

    皆さんは自分の想い、伝えていますか?

    開く閉じる

    • 先生
    • 放課後
    • 廊下
    • 髪クシャ

    今日は生徒会で地元のお祭りに参加するために準備をしている。先生方の車を使い、資材を運ぶらしい。その話を小田先生に話した。小田先生は爽やかイケメンで、私の大好きな先生。すると、小田先生は少しげっそりした顔をしながら項垂れていた。そんな姿もきゅんとしてしまった。
    「まじかー…分かった。教えてくれてありがとうな~…」
    そう言って私は小田先生と別れた。教室へ戻るために廊下を歩いていると不意に小田先生に呼ばれた。振り替えるとタッタッタッと小走りですぐ近くまでやって来た。どうしたのかなと思うと
    「お前、今日は俺の車だからな?」
    と髪をくしゃっと撫でてくれた。それにドキドキしてしまった…。
    「えっ…は、はいっ!」
    一瞬戸惑ったけれど、すぐに返事をすると小田先生は満足した笑顔でもう一度頭を撫でて職員室へ戻っていった。
    …早く放課後にならないかな…
    撫でられた頭と顔が熱くなるのを感じながら教室へ戻った。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

私とアイツはバカップルではありません!! (ほんわか/著)

心よりお待ちしております。一言でもいただけると嬉しいです。

  • うん、委員長と付き合いたい。

    そして告白の時は知らない人の多い場所で。

    さらにかわゆい年下達よ。
    特に大樹くんよ。あぁ年下万歳。かわゆい。
    何故にそこまでかわゆいのだ。
    姉ちゃん……なんていい響き……
    これぞ年下の特権。
    恭クンがドストライク過ぎて……
    委員長も愛しい笑笑

    結乃音   2016/12/08 20:21

  • あんなさん


    うわあああああ(゚Д゚;)ごめんなさい!!本当に申し訳ありません!!


    貴重な感想に告白を頂いているにも関わらず返信が遅れてしまったこと、誠に申し訳ありません!!


    いえいえ、こちらこそ貴重なお時間を私めの作品に割いて下さいまして誠にありがとうございます。もう感謝しきれません。…にも関わらずこの返信の遅さ。もう弁解の余地もありません。<(_ _)>


    あんなさんの告白を胸にまたこっそりコソコソと更新していきたいと思います。本当にありがとうございます*


    ではでは(^^)/~~~

    ほんわか   2014/04/23 00:05

  • あぁぁぁぁー!!!

    メールに届いてました!!
    私の見間違いでわざわざ時間を割かせてしまい、ごめんなさいぃぃぃぃー。

    私なんかの言葉で有頂天なんかに行ってくださって(笑)

    ありがとうございます(笑)


    それでは最後に・・・。

    ほんわかさん




    愛してます♥(笑)

    ❥あんな❥   2014/03/28 16:48

  • anna_sakaiさん


    お久しぶりです!本当にお久しぶりです!!
    嬉しいご感想をまたもありがとうございます。しかも読み直していただけるだなんて光栄です。恐縮です(汗)

    いえいえ、感想大歓迎なので気を遣わないで下さい。こちらこそ、何度もご訪問していただき誠にありがとうございます。

    そしてパスワードの件ですが、いつもファンメ(最近は放置気味)で書き忘れるので私バカ2の感想欄にこっそり四六時中載せています。もうパスの意味皆無ですね。2は、更新がずっと放置されているのでもうあのままにしているだけです。特に深い意味は無いんですすみません、ややこしくて……

    そして、パスなんですがBAKAと打ち込んでいただければ読めるかと…
    1話完結で内容の薄いお話ですが、暇つぶしにでもなれば幸いです。


    ぐはっ……最後に愛の爆弾をありがとうございます(*´▽`*)もう有頂天です。最近更新滞り気味ですが、こっそりとある企画に参加させていただいているので、それで氷河期時代を乗り切ろうと考えています。暫くお待ちください<(_ _)>

    素敵なご感想、嬉しい告白、本当にありがとうございます。


    ではでは(^^)/~~~

    ほんわか   2014/03/28 00:23

  • お久しぶりです!!!

    ふと、晶くんと鈴木ちゃんのラブラブっぷりを見てニヤニヤしたくなり、またまた読みました(笑)

    2人のことが大好きすぎて、2回も感想書いてしまいましたがお許しをー・・・。(笑)

    それで、質問なんですけど、
    この作品の2が読みたいんですが、パスワードついてて、読めないのですが、どうすれば、読めるようになるでしょうか??


    まだダメな場合でもきっちり受け止めますので←教えてください!!!



    失礼な質問ごめんなさい。


    これからも頑張ってください♪

    応援しています!!!



    最後に・・・


    ほんわかさん大好きです♥

    ❥あんな❥   2014/03/27 10:44