ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月13日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • お昼休み
    • 教室
    • キス

    入学式から一週間。
    案の定私は友達を作れずに一人ぼっち。

    まあ昔から一人が好きだからいいけど。

    いや、今日も一人にさせてくれない・・・・。

    「ねぇ名前なんて言うの?」

    でたよこの害虫。

    「また来たかこのゴキブリめ。この前指相撲で親指潰したのに、まだ元気なんですか?やっぱり生命力の強いゴキブリなんですか?」

    「まあまあ照れないで。お詫びにキスしてあげるからさ」

    「あっ、そうだこいつの唇もつぶそ。えいっ!」

    「ぎゃああ!!とでも言うと思った?俺、唇四つあるから」

    「エイリアンかよきめえな」

    「まあそう言わずに友達になろ?ね?」

    「いや」

    「そんなに一人がいいの?」

    うるさい。

    「アンタには関係ない・・・」

    「じゃあキスしよ?」

    「なんでだよ流れおかしいだろ」

    「じゃあチューでもいいよ。ほら、俺の左頬の唇にチューして」

    「だからエイリアンか。その唇引き裂くぞ」

    開く閉じる

    • 先生
    • クリスマス4【お題】
    • 頭ぽんぽん

    「お、こんな暗いのにどーした。」
    先生はいつものようにちゃらちゃらした笑顔をこっちに向けながら歩いてきた。
    「別にどうもしませんよ。なんとなく、ここが私にあってる気がして。」
    クリスマスにも関わらず校庭に煌びやかに配置されたツリーの周りには私と先生以外誰一人として人は居ない。
    「ふーん、そう。いつもぼっちの君にあってるって事かな?」
    「うるさいな。そんな言い方しなくたっていいじゃん。」
    そう言ってはーっと白い息を冷たい指に吹き掛ける。
    「そんな拗ねるなよ。今はぼっちじゃないでしょ。」
    先生はポンポンと私の頭を撫でたあと何処に隠していたのか長方形の包装されたものを目の前に出した。
    「これ…どうしたんですか?」
    「ほら、分かんない?サンタさんだよ。サンタさん。寒いんだからさっさと家帰って開けてみなって。」
    「え、や、ちょっと」
    寒さのせいか少し赤くなった頬と耳を見て私の頬も少し暖かくなった。

    開く閉じる

    • 後輩
    • クリスマス4【お題】
    • 夜の学校

    今日はクリスマス

    なのに両親は出張で家には私一人

    はぁ…今年はクリぼっちかぁ

    すると

    「先輩!」

    声が聞こえ玄関を開けると

    イケメン男子の輝君がいた

    「ちょっと来て!」

    輝君は私を連れて学校に入った

    「輝君。どうし…」

    目の前にはキラキラしたクリスマスツリーがあった

    「綺麗でしょ?朝から先生が何かしてたから気になって夜に来たらこれ見つけてこれは絶対に先輩と見たいなって思ったんだ」

    私と?

    「先輩、こんなジンクスがあるの知ってます?」

    「ジンクス?」

    輝君は私の耳元で

    「夜の学校でクリスマスツリーの前でキスした二人はずっと一緒で幸せになれる」

    そう言った後私にキスした

    「ひ、輝君?」

    「僕、先輩が好きです。一目見たときから好きでした。僕と付き合ってくれませんか?」

    「…はい」

    私のクリスマスプレゼントは恋人だった

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

蒼空~キミの名前を呼ぶ~ (春瀬るき/著)

感想お待ちしております!【2013/9/25 文庫化】

  • 伯龍さま(返信機能が使えませんのでこちらで返信させていただきます。申し訳ございません)


    伯龍さん!感想ノートへの書き込みありがとうございます!そして、返信がものすごく遅くなってしまったこと謝罪させてください。申し訳ございません。


    伯龍さんには他の作品のノートにもたくさん感想をいただいていて、毎回感想をいただけるのがとっても嬉しかったです。なので、退会されてしまったことを知ってすごく寂しいです。

    伯龍さんが初めて買った小説を私が書いたこと、小説を書き始めるきっかけになれたことをとても誇らしく思っています。
    お話を書くことに対してネガティブなことを考えたことはたくさんありますが、伯龍さんのように熱心に感想をくださる読者さんの支えがあって、私は今もこうして細々とではありますが書き続けています。

    伯龍さんのような方に作品を読んでいただけて、上手とはいえないけれど、私はすっごく幸せな作家だなあと思います。

    もし野いちごにふらりと立ち寄る機会がありましたら、また感想ノートを通してお話できたら嬉しいです。
    そのためにも、これからもマイペースに楽しくここでお話を書き続けたいなと思います。素敵な感想、本当にありがとうございました!

    春瀬るき   2017/08/05 00:55

  • 実逢さま(返信機能が使えませんのでこちらで返信させていただきます)


    返信がだいぶ遅くなってしまって申し訳ございません。野いちごを退会されてしまったみたいですが、いつか実逢さんがふらりとここに立ち寄ってくださることを願って返信させていただきます。ごめんなさい。


    サイトを読んで書籍の購入を検討していただけるなんて、本当に嬉しいです…!!
    そのうえ感想だけでなくレビューまで書いていただいて……本当に蒼空たちは実逢さんに愛してもらえたんだなととても誇りに思います。

    野いちごを退会されても、ほんの一瞬でも実逢さんが蒼空たちのことを思い出してくださるときがあればな、と贅沢なことを考えてしまいます。もしまたここに立ち寄る機会があれば、ぜひお声かけくださると嬉しいです。その時こそはすぐに返信しますので…!(土下座)
    素敵な感想をありがとうございました!

    春瀬るき   2017/08/05 00:41

  • 山田美緒さま
    (なぜか返信機能が使えなかったのでこちらで返信させていただきます。申し訳ございません)


    こんにちは!書き込みありがとうございます!
    お返事がだいぶ遅くなってしまってごめんなさい……。いつかふらりとここに立ち寄ってくださることを願って返信させていただきます。


    このお話を書いたのは中学二年生のときでもう何年も前になるのですが、海のシーンは「ここで絶対、読者さんを不安にさせるぞ……!」と意気込んで書いていたのを鮮明に覚えています。
    なので、ひやっとしたと言っていただけてすごく舞い上がっています(笑)

    まどかはギャップがよかったのか、書き始めたころからずっと美紗より人気があったと思います(笑) 私も大好きなキャラなので嬉しいです!

    面白かったというのは、蒼空を書いていたあのころの私が何よりも望んでいた言葉だと思います。
    もちろん今もそうなので、中二の私をよしよしと撫でくりまわしたい思いです(笑)


    素敵な感想、本当にありがとうございました!これからも頑張ります!

    春瀬るき   2017/08/05 00:28

  • いい話で感動しました! でも、78ページに誤字ってるところがあって…。『みんな』が「みゎな」になってて…。その、私の勘違いだったらすいません(T^T) とてもいい本だから、勘違いじゃなかったら、直してもらって、そしたらもっともっといい本になるかなって…思って。
    迷惑だったらすいません…。

    ★Anna☆   2016/03/25 19:17

    はじめまして!書き込みありがとうございます!
    お返事が遅くなってしまって、本当に申し訳ないです……。この返信に気づいてくださればと願いながら書かせていただきます。ごめんなさい。


    わわわ!ご指摘ありがとうございます!全然気づきませんでした!
    迷惑だなんてありえませんよー!とってもとってもありがたいです!
    何よりそのお気遣いが嬉しいです。すぐに直しますね!

    愛あるご指摘と素敵な感想をいただけて、本当に幸せです!
    あのときこのお話を書いてよかったなあと心から思います。ありがとうございました!

    作者からの返信 2017/08/05 00:23

  • 初めまして♪
    この作品は、本を買って知りました!
    すごく切なくて、感動しました。
    涙出まくりました。笑
    書き方もすごく上手だし、私も小説を書こうと
    思っているので、アドバイスお願いします!
    春瀬るきさんの他の小説も読みたいと思います。
    こんなに良い作品を、ありがとうございました(๑´ڡ`๑)

    HaaaaRuk☆   2015/03/13 19:00

    はじめまして!感想ノートへの書き込みありがとうございます!
    だいぶ遅い返信になってしまって申し訳ございません…。いつか気づいてくださるととを願って書かせていただきます。本当にすみません…!

    書籍の方を手にとってくださったんですね…!嬉しいです、ありがとうございます!
    HaaaaRuk☆さんのお言葉に、私の方が涙を流してしまいそうです……。
    人様にアドバイスなんてできるような立派なものではないですが、たくさん文字に触れて楽しんで書くことではないでしょうか?
    HaaaaRuk☆さんが野いちごじゃなくても、今もどこかで文章を書いてくださっていたらいいなあと思います。

    こちらこそ、本当に素敵な感想をありがとうございました! すごく力をもらいました。

    作者からの返信 2017/08/04 23:51