ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年02月16日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 登校中

    今日はバレンタイン。今日こそ先輩に想いを伝えてみせる。よし、頑張れ私。ファイっオォー!!

    「朝っぱらから他人の家の前で暴れんな」

    ビシッ、と頭にチョップが落ちてくる。

    「うわっ痛い!?ちょっと裕也!女の子になんて事を!!」

    「俺が思う女の子は、朝っぱらから1人で踊んないし、奇声もあげませーん」


    「ちょっと!私は、踊ってないし、奇声もあげてないけど!?」


    「…そーいえば。今日バレンタインだな」

    「さっすが学年一のモテ男はバレンタインなんて好都合なイベント忘れないよねぇ。今年も、チョコ分けてね」

    「…じゃなくて、お前はくれないわけ?」

    「え?あぁ!!ごめんごめん、忘れてた。はい!チロルチョコ」

    ころん。と、裕也の手のひらにチョコを乗せる。

    「…サンキュ、」

    ニコッ、と笑う裕也を見つめ、笑顔の破壊力によろめきそうなる。

    これは、この感情の名前に気づく少し前のお話。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • VD2019【お題】
    • 体育館
    • 髪クシャ

    バレンタインデーも過ぎた週末
    私は毎週土曜クラブチームでバドミントンをしている。今私は高一、2つ下の隆也とは小学生からの練習仲間だ

    小さい時から私にだけかまってくる、かまちょさんだったけど最近男っぽくなってきたなと思うんだよね

    いつものように練習後二人でモップをかける
    私はジャージのポケットに小さめの手作りチョコを入れていたのを並んで歩いていた彼のポケットに入れる

    何いれたんだよ~、ゴミとかやめてくれよ
    ポケットに手をいれる
    ん?何?

    チョコ、みんなにはないから内緒ね

    うーわー、マジで嬉しい、といって私の髪をクシャっとする

    やめて~汗かいてぼさぼさなの

    そこがいいんじゃん一生懸命練習した証拠、いつも見てるし

    生意気、年下のくせに

    食べさせて~、口をあける

    うんやっぱお前が一番!チョコのことじゃないよ

    えっ
    お~い!モップの二人いちゃつくな、コーチの集合がかかる

    開く閉じる

    • 彼氏
    • 放課後
    • 校舎裏
    • 壁ドン

    藍人 あれ?こんなとこ呼び出してなんかあったん
    か?さみーし早く帰ろうぜ。ほらっ手

    凛々花 ちょっと待って!

    藍人 んー?

    凛々花 藍人、いつもありがとう。たまに俺様で、
    たまに構ってさんになる藍人が大好きで
    す。
    これからもよろしくね!!

    ちゅっってほっぺに

    藍人 急にびっくりした。
    ってか可愛すぎて無理なんだけど。そんなん
    されたら俺止まんないよ?

    壁にドンって

    凛々花 ふふふっ(笑)今日はいいよ。大好き

    藍人 小悪魔な彼女って大変やわ、、、笑
    ちゅっ

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

太陽みたいなキミ (永瑠/著)

  • 永瑠さんの作品全て読ませていただきました。
    どの作品も心が温まる作品ばかりで、感動しました。
    これからも応援しています。
    楽しみにしています!

    いのまり   2018/11/20 06:58

    いのまりさん

    あたたかい感想、ありがとうございます。 とても嬉しいです。

    全てですか…! わぁあ嬉しい反面、恥ずかしい気もしています……ありがとうございます。 そう言っていただけると、とても励みになります。

    これからも緩く、いのまりさんや読者の方に楽しんで頂けるものを書いていきたいと思っています。 頑張ります。本当にありがとう。

    作者からの返信 2018/11/20 21:37

  • すごく感動しました!
    主人公の女の子と歳が近いのですごく親近感が湧き余命宣告の時や最後の方は涙が止まりませんでした。最後、おがわくんがれきちゃんの墓で手紙を読んで笑うとこや、大きな鳥が出てきた時すごく晴れ晴れした気持ちになりました!
    これからも頑張ってください!応援しています!

    moetti   2018/11/01 22:56

    moettiさんへ

    最後まで読んでくださり、本当にありがとうございます。

    そんな風に、彼女に寄り添って頂けて嬉しいです。
    わたしもこの作品を書籍化として出す時、麗紀と歳が近かったので色々と考えることがありました。

    そう言って頂けて本当に嬉しいです。

    ありがとうございます。がんばります!!

    作者からの返信 2018/11/17 18:43

  • とても良い話でした。
    ずっと、涙が止まらなかったです!!!
    もし、自分が余命半年と言われたらどうするのかなと、思いながら、読みました。必死にいきるれきがすごくかっこよかったです!
    これからも頑張ってください、応援してます!

    ピーチヽ(´▽`)/   2018/10/30 22:52

    ピーチさんへ

    そう言っていただけて本当に嬉しいです。

    わたしもこの作品を書きながら、「もしも自分が」と考えました。

    必死に生きることって何故かとても難しいです。それをする事が出来た彼女は、わたしとってもとても誇らしい存在です。

    応援ありがとうございます!がんばります!!

    作者からの返信 2018/11/17 18:37

  • 面白かったです!!感動しました。
    最初の方からすでに泣きそうになっていると言う…。最後ボロ泣きです。
    れきの強さ凄かったです。『人って受け止めるとこんなに強くなれるんだ。』って改めて思いました。諦めずに最後まで必死に生きているれきの姿は凄くカッコよかったです!!
    小説で書籍化された物必ずいつか買いますね!!
    こんな良い小説は友達にも読んで貰いたいです!!(友達居ませんけど)

    今後の活動も、頑張って下さい!!
    心より応援しています!!!

    桜龍 舞   2018/10/28 00:54

    桜龍 舞さんへ

    この度は、数多くある作品の中からこちらのものを読んでくださりありがとうございます。

    そう言って頂けてとても嬉しいです。何事にも強く、立ち向かっていける様な人になりたいものですね。

    文庫の方は、こちらには無い話が載っているので是非。読んでくだされば嬉しいです。

    温かいお言葉ありがとうございます。頑張りますね!

    作者からの返信 2018/11/17 18:34

  • 今夜、一気読みしました。
    泣きました。ものすごく。
    れきちゃんの強さに心を動かされて、
    めちゃ感動しました
    感動をありがとうございました。

    Franz   2018/10/27 23:54

    Franzさん

    感想、ありがとうございます。
    貴重なお時間を、この作品に使ってくださりありがとうございます。
    代わりに、たくさん眠ってくださいね。
    こちらこそ、最後まで読んでくださりありがとうございました。

    作者からの返信 2018/11/03 00:26