ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月19日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • VD2020【お題】
    • 教室

    あーあ、遅くなっちゃった..。

    さすがに先輩もう残ってないよね?

    私は片思いしてる先輩にチョコを渡すために部活終わるまで待ってたんだけど...
    いつの間にか寝ちゃっててもう真っ暗
    はぁ、最悪のバレンタインだ...
    頑張って作ったのにな...家に帰ってお父さんにでも渡そう

    鞄を持って帰ろうと教室を出た時、
    「渡邉、やっと起きた?」

    え!?なんで先輩が..!?
    「お、大久保先輩!?まだ残ってたんですか!?」
    夢だよね?先輩が残ってるわけない。
    「帰ろうと思ったら教室に電気が付いてたから覗いたらお前が寝てたんだよ」
    み、見られてた..。お恥ずかしい..
    「も、もしかして起きるまで待っててくれたんですか?」
    「まぁな、こんな暗いのに1人で帰らせられねーだろ」

    もう、こういうとこだよ先輩。
    私はクスッと笑って

    「へへ、すみませんっ、一緒に帰りましょ
    あ、私先輩に渡したい物があるんですっ」

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 教室
    • 後ろからギュッ

    私には一つ上の要(かなめ)先輩が好き。
    でも先輩に思いを伝えれてないから
    今日は絶対に思いを伝えよう、そう思っている

    「おはよ」

    声をかけられて振り返ると要先輩の姿があった

    「お…おはようございます
     あの先輩今日の放課後話があります」

    「分かった。俺が茉優の教室に行くわ」

    「あ、はい。待ってます」

    …放課後

    「茉優」

    「わざわざ呼び出してすいません」

    「大丈夫。それでなんかあった」

    「あの、えっと、ずっと先輩が好きでした 付き合ってください」

    「ほんとか?」

    「はい」

    「俺も茉優が好き 付き合おう」

    断られると思っていたから嬉しくて
    泣いてしまいそうになった

    恥ずかしくて後ろ向いた
    その時、ギュっ

    先輩が私を後ろから抱きしめた

    「茉優、これからよろしくな。大好きだよ」

    「はい、私も要先輩が大好きです」

    私のバレンタインは最高に幸せな日になった

    開く閉じる

    • 先生
    • 放課後
    • 廊下

    今日はバレンタイン
    私にとっては戦いの日。

    気になってる先生にチョコを作ったけど、恥ずかしくて渡せないまま放課後になってしまった。

    「用がないならさっさと帰るんだぞー小坂」

    平野先生?!これは今がチャンスだよね。

    「平野先生!あの、これ良かったら…」

    「え?俺に?」

    「貰ってくれませんか」

    「義理チョコってやつか!小坂は優しいな〜」

    先生はクシャッと笑いながら大きな手で私の頭を撫でてきた。
    ああ、私はこれにどれだれ心を苦しくさせられたことか。
    他の人にも沢山こうやって優しくしてるんだろうな、でも、私だけに、ってわがままになってしまう。
    これ本命なんです。とも言える訳がないけど…でも…。

    「義理チョコじゃないのをあげたのは平野先生だけなんですからね!さようなら!」

    ドンッ!

    先生…?

    「義理じゃないなら、本命って事でいいの?
    こっちも本気になってもいいって事?」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

青空にさよなら (実沙季/著)

お気軽にどうぞ♪
ネタバレ含みますので、作品未読の方は閲覧注意です。

  • とても素敵な作品でした(⸝⸝⸝ᵒ̴̶̷̥́ ⌑ ᵒ̴̶̷̣̥̀⸝⸝⸝)♡*゜
    途中で、もしかして幽霊なのかな…?と思ったところはありましたが、最後は感動して、涙が止まりませんでした😭
    蒼唯ちゃんのまっすぐさと碧くんの優しい温かさがより胸を締め付けました!
    最初から最後まで止まらず、切ないのにほっこりしてしまうような作品でした!
    こんなに素敵な作品を、本当にありがとうございます!!
    自分の命も、大切にしようと思えました。
    本当にありがとうございます!!
    これからも頑張ってください、応援してます!!

    さきせら   2019/08/17 22:32

  • 素敵な作品でした.。゚+.(*''*)゚+.゚
    最後はさっぱりとした気持ちになって表紙とよく合ってる感じがしました!
    これは幽霊ネタかな?って感覚は序盤からあったけどあおちゃんを支える碧の健気さにはほんとに感涙ものです…。
    ストーリーや設定がしっかりしていて、読みやすい作品でした(´∀`)
    これからも頑張ってください( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )❤︎

    鈴咲 音彩   2019/08/16 05:17

  • とても切ない気持ちになり、涙が出ました。

    k&y   2019/07/09 17:14

  • はじめまして。
    最後まで、読了いたしました!!

    蒼唯ちゃんと碧くんの切ない恋の結末に後半はずっと涙が止まらなかったです。
    読んでいて、私まで胸が締め付けられてしまい最初から一気に最後まで読みました!!

    また、イジメの方では女の子同士の難しい感情の変化が、とてもリアルに表現されていて共感する部分もとても多かったです!!

    ひとりじゃない、という言葉に蒼唯ちゃん、碧くん、美空ちゃん、由乃ちゃんだけでなく、私も救われました!!
    本当に、素敵な作品をありがとうございました!!

    わたなべ あい   2019/07/02 05:03

  • ◇井口彰宏様◇


    こんにちは。こちらこそ、お返事ありがとうございます。ファン登録だけでなく、わざわざスマホの更新までしてくださり、とってもとっても嬉しいです(*^^*)
    今回の作品は、少し寂しくも清々しい結末を目指して書いたのですが、今までの私の作品ではあまりそういった作品は無かったので挑戦でした。井口様に気に入って頂けたようで何よりです。

    私はSNSもやっていませんし、この場でしか読者様と触れ合う機会がないのですが、ここもあくまで感想を書く場なのでたくさんお話する、というのは正直難しいところです。でも、その分読者様にたくさんの物語をお届けしたいと思っています。私も井口様とお話できてとても嬉しかったので、次の作品でもまた井口様にここに来て頂けるように頑張ります!その時まで見守ってくださると有難いです。
    この度はこの作品を愛してくださって本当にありがとうございました。ではまた、次の作品で(*^^*)

    実沙季   2016/11/03 18:43