ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年01月29日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 大学の先輩
    • 休日
    • スイーツ
    • 食べさせてくれる

    大学の先輩と、休日にデート
    おしゃれなカフェでスイーツを頼んだとき、頬張りすぎてほっぺに食べ残しが…!
    それを見たときに、放っておけないといいスプーンで食べさせてくれる
    こちらは、心臓ばくばく

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 屋上
    • 頭ぽんぽん

    『○○』

    「え、何?」

    『部活、お疲れ様(頭ぽんぽん)』

    「ん△○■~~⁉️」

    『ビックリしすぎ!』

    「だって、急に....頭ぽんぽんなんてしてくるから。。。」

    『あはは‼️ごめん、ごめん(笑)』

    絶対に反省してないよ、これは!


    こんな彼と私は、付き合っている。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後

    「キスしたい」
    「……却下」
    なぜだ、とマジな顔で首を傾げる彼の鈍さは天下一だ。私はハアと顔を覆って溜息をこぼした。
    「見てここ駅。夕方の、1番、人が多い時間でしょ。一応聞くけどどこでしようとしてるの」
    「ここだよ」
    「却下!」
    「なぜだ?恋人ならキスするもんだろ。離れ難い思うものだろ?」
    「それは時と場所が大前提の話!」
    堅物の頭に言っても納得してもらえない。どうしたものか、と考えを巡らせていると、彼は「なら質問変える」と口を開いた。
    「俺とキスするの嫌か?」
    「なっ…!」
    ずいと顔を寄せられる。近すぎて焦点を合わせようと、なぜか視線は彼の目から逃れられない。
    「嫌ならしない。今後もそういうことは控えるようにする」
    「何言って…」
    彼の目が悪戯に光る。
    「嫌か?」
    「…いや、じゃ、ない…」
    額に柔らかくキスが落とされて、「そっちか…」と思わずの呟きを聞き逃さなかった彼に結局唇を塞がれた。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

黒神×銀姫【番外編集】 (LALA♢.°・。/著)

感想・指摘待ってます!
妨害などはやめてくださいね。

  • 2人が死んじゃうなんて...めっさ泣きました(つか今も泣きながら文字打ってます)残された人たちの物語を書いてほしいです。

    シヤン   2019/11/25 22:18

  • 麗桜と蓮が死んじゃった時涙が止まりませんでした
    最後はずっと涙が流れて読んでいる字もぼやけてやばかったです
    私はこれから家族4人で幸せに生きるのかなって思ったけど最後に死んじゃってびっくりしました!
    これからも頑張ってください!

    舞香63   2019/04/02 19:37

  • 蓮と麗桜が死ぬなんて(´;ω;`)ウゥゥ
    連夜と麗夜は幸せになって欲しいです!
    とても良かったです!
    これからも頑張ってください!
    応援してます!!

    marii♪   2018/08/08 19:36

  • 最後、本当に死んじやったんですがぁー?
    涙か止まりませんでした。
    だけど、すごく面白かったです!悲しかったけどね笑次は、連たちが死んだあとを、かいてほしいなぁ…とか思ったりしてます!

    ハンリ   2018/07/15 13:19

  • 悲しい内容でしたが、面白かったです。
    大体子供と題になると面白くなくなるのですがずっと面白かったので一気に読んでしまいました。お陰様でこんな時間に。
    親に怒られるぅ〜。これはまさかスマホ没収の危機!?!?それは嫌ぁ〜!!
    と、変な事は置いておいて、蓮夜の麗夜を残して他界してしまって自分達と同じような体験を自分達の子供にさせてしまったのは良くないと思います。
    愛していたら誰でもなんでも何処までも一緒に居たいのは当たり前です。でも、愛していて大切でって思う人との間に産まれた子達の方を優先させるべきだったと思います。
    私なら、愛していた大切な人との間に出来た子達を最後まできちんと育てます。
    私が一番好きな人を亡くしてもその人と愛していたと言う証拠がその人との間に産まれて来た子達なのだから。

    自分の人生見直すきっかけになりました。ありがとうございます。
    こんないい小説良かったです。
    蓮夜と麗夜には麗桜と蓮の分も幸せに逞しく前を向いて行きて行って欲しいです。

    貴方達の幸せを心から願っています。
    作者さんにとっての幸せがいつか訪れますように、心から願っております。

    今後の活動も頑張ってください!!!心から応援しております!!!

    *ちかまろ*   2018/06/23 01:21