ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年06月26日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • お昼休み
    • 告白

    「外回り終わりですね」
    私は重い営業鞄を抱え直した。

    「メシにするか」と腕時計を見ながら先輩が言う。

    入社した時から先輩はずっと私の教育係だ。たまに他の女子社員から嫌味を言われることもあったが、庇ってくれるのはいつも先輩だった。

    尊敬はしている。でも恋心かと聞かれたら答えに困ってしまう。

    私は…

    先を歩いていたはずの先輩が、私の腕を掴んだ。
    鼻先ぎりぎりを、クラクションを鳴らしたトラックが通り過ぎた。

    呆れたため息。

    「…すみません」
    謝った私の髪を、大きな手がくしゃっと撫でた。

    「全くお前は…」
    先輩は言い掛けて、私に何かを握らせた。

    「鍵。お前を一人にする方が不安だわ。ま、俺の心配解消って事で」

    「はあ?」

    「24時間体制で指導してやる」
    「え?」

    「鈍すぎ。好きって言ってんの。俺から離れんな。わかったな、新人!」

    先輩は顔を真っ赤にして、私の手を握った。

    開く閉じる

    • 先生
    • お昼休み
    • 屋上
    • 壁ドン

    私はいつも屋上で予鈴まで昼寝をしていた。

    もちろん、人が他にいたらしない。

    今日みたいに。

    「どうしてこんなとこにいるんですかぁ、先生」

    先生と呼ばれた相手はいつもと変わらない笑みを浮かべる。

    「えー、僕も結構ここには来てるんだけどな〜」

    「…今みたいな時間に?」

    嫌な予感をしながらも尋ねると案の定、頷かれた。

    「…寝顔。見ました…?」

    「ああ、ごめん。…嫌だった?」

    言うと、何故か先生はこちらへ近づいてくる。

    恥ずかしさで悶絶しているうちに、彼を目の前にまで接近を許してしまっていた。

    「っ……な、なんですか」

    驚いて後ずさると、先生も来るので退路がなくっていく。

    「ね、どうして恥ずかしがってるの?」

    とうとう詰んだとき彼は壁に片腕をもたれさせると、覗き込んできた。

    「どうして?」

    あまりにも甘い声音に、私はたまらず逃げ出してしまった。

    「あーあ、残念」

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 家の前
    • 壁ドンからの告白

    私は、高校2年生。名前は有菜。私には、2歳年の離れた幼馴染みの男の子がいる。名前はマサト。

    「よっ、有菜、今帰り?」

    「マサト、有菜って呼び捨ては・・・」

    「別にいいだろ?幼馴染だし」

    「そう言う事じゃ無くて!」

    昔はお姉ちゃんって呼んで可愛かったのに・・・

    「うるせーな、来年有菜の高校に入って有菜の彼氏になるつもりだから」

    そう言って、壁際まで追い詰められた。

    「マサト?」

    まだ、気付かないのかよ?」

    怒ったマサトに。

    「何言ってんのかわからない」

    「ハァー」

    思いきりのため息。

    ドン!

    「好きだって言ってるんだよ!」

    いきなりの壁ドンからの告白、マサトの真剣な顔に

    私は、胸キュンしました。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

君の声がききたい (いちかわ萌世/著)

  • 続編を作って欲しいです。凄く良い作品です。平等に見るというのが分かってもらえるようになる作品でした。奏と沙和さんが結婚したと話しとか他の登場人物の今後の話しを作って欲しいです。

    ビビ君大好き   2019/01/02 23:14

  • 最後まで読ませていただきました!
    ほんと感動しました!!
    自分の大切な人にも難聴の人がいて、こんなに苦労が多いのだと改めて知りました。
    なのでその人にもこの作品をオススメさせて頂きました!!
    ほんとに素晴らしい物語をありがとうございます!!!

    azi   2016/09/30 22:10

  • 私の母のお友達がやはり耳の不自由な方でした。
    大変苦労もしたようです。
    登下校も一緒でないと学校も行けないほどでしたので
    学年を一級下げての通学だったようです。
    なかなか結婚もしなかったようです。
    障害があると苦労も多いようですが二人頑張って付き合っていく姿、又周りのみんなの考え方が変わっていくように思えた姿に感動しました。
    みんなこういう風に考え方が変わっていけばよいのにと思いました。

    大仏ちゃん   2016/03/22 17:31

  • 真夜中にも関わらず、
    一気に読んでしまいました_(:」∠)_

    私も聴覚障害があって
    手話を使って会話しているのですが…

    手話というものを小説の中に
    取り入れていたのが嬉しかったです!

    ありがとう♪

    福歩   2013/10/06 01:49

  • めっちゃめっちゃ良かったです。
    ほんとすごい作品だと思います。
    私は、おばあちゃんが耳があんまり聞こえてないので奏の気持ちがよくわかりました。
    そして、
    障害者の方と色々な事を体験させてもらったりしています。
    今までのことを聞いたりして皆さんが悔しいの言葉と見下さないで欲しいと言われました。
    その話を聞いて私は涙しました。
    実は、私も見下してたんだって思った部分があったのでどれだけ自分が嫌な人間なのかわかりました。
    そこからは、車椅子の勉強などをして車椅子をひく為には、どうすればいいのかなど学べました。他にも白いマスクをして、学校をあるいてみたりすごく孤独でした。階段は、1人でいけないし
    普通なの歩いてもいられませんでした
    そんなことを気づかされた私にとってこの作品は、すごく尊敬できる作品だと思います


    こんな素敵な作品読めて良かったです。

    ありがとうございました。

    ひつじぃ~   2013/08/12 04:12