ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年01月28日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 屋上
    • 頭ぽんぽん

    『○○』

    「え、何?」

    『部活、お疲れ様(頭ぽんぽん)』

    「ん△○■~~⁉️」

    『ビックリしすぎ!』

    「だって、急に....頭ぽんぽんなんてしてくるから。。。」

    『あはは‼️ごめん、ごめん(笑)』

    絶対に反省してないよ、これは!


    こんな彼と私は、付き合っている。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 告白

    図書館にて彼と

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後

    「キスしたい」
    「……却下」
    なぜだ、とマジな顔で首を傾げる彼の鈍さは天下一だ。私はハアと顔を覆って溜息をこぼした。
    「見てここ駅。夕方の、1番、人が多い時間でしょ。一応聞くけどどこでしようとしてるの」
    「ここだよ」
    「却下!」
    「なぜだ?恋人ならキスするもんだろ。離れ難い思うものだろ?」
    「それは時と場所が大前提の話!」
    堅物の頭に言っても納得してもらえない。どうしたものか、と考えを巡らせていると、彼は「なら質問変える」と口を開いた。
    「俺とキスするの嫌か?」
    「なっ…!」
    ずいと顔を寄せられる。近すぎて焦点を合わせようと、なぜか視線は彼の目から逃れられない。
    「嫌ならしない。今後もそういうことは控えるようにする」
    「何言って…」
    彼の目が悪戯に光る。
    「嫌か?」
    「…いや、じゃ、ない…」
    額に柔らかくキスが落とされて、「そっちか…」と思わずの呟きを聞き逃さなかった彼に結局唇を塞がれた。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

時間-タイムリミット- (aiRi/著)

コメントお待ちしておりますー**

  • 実城玲彩菜様

    お返事遅くなってしまって誠に申し訳ありません…

    是非お願いします!!
    少しでもいじめがなくなれば良いものですね…

    実城玲彩菜様の意見を参考に少し内容を付け足そうと思います。

    aiRi   2012/08/27 11:26

  • 初めまして、玲彩菜です。
    アメーバから飛んできました。

    この小説は、実に考えさせられました。
    短いながら、しっかりとメッセージが伝わりました。
    今、いじめが問題となっていますが、ぜひ読んでほしい作品です。

    個人的には、天使との約束の部分の場面の僕の気持ち。自殺をやめようと思った理由をもう少しえがいてほしかったなぁっと・・・わがまま言ってすみません。

    それでです、今うちのブログでやっている企画『モジオ番組 ケータイ小説≠恋愛小説』にて紹介したいなっと思っています。

    内容を簡単に申せば、恋愛小説以外の素敵なケータイ小説を紹介するっという感じです。

    許可が取れ次第、すぐ準備したいと思います。

    掲載してもよろしいでしょうか。

    よろしくお願いします。

    実城玲彩菜   2012/08/09 17:54

  • いいえー、どういたしまして。笑

    感想ありがとうね^^
    あきの小説、楽しみにしてます**

    aiRi   2012/05/12 11:37

  • レビュー書いていただいて
    ありがとうございます!!

    まだ、レビューの書き方がわからんので
    書けませんが…
    申し訳ありません!!
    この小説、意味深ですごいよかったです(。・_・。)ノ

    森岡 愛希   2012/05/11 21:46