ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月25日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 後輩
    • お昼休み
    • 体育館
    • 宣伝エアラブ

    私は今春樹くんや隼斗くんたちと
    鬼ごっこをしているの!

    何戦もして疲れたから今は休憩中。

    その時、ふと気になったことがあって聞いてみた。


    「隼斗くんて、私の名前知ってる?」

    「そこまで馬鹿じゃねえよ。恋歌結愛だろ」


    そりゃ知ってるか。


    「でも隼斗くんいっつもお前とかハゲとかで私の名前呼んでくれたことないよね!」


    事実だもん。



    「結愛ちゃん」


    え?


    「はい呼んだー」



    きゅううん、、





    このときめきは誰にも教えてあーげない。

    開く閉じる

    • ブラインドタッチ

    ブ○インドタッチは忘れたよ。学生の頃、2年間かけて体で覚えたスキルなのに。10年以上もパソコンには触らせてもらえない。大切な犬と君がいるからね。そんな日常に夢をみた。ブ○インドタッチを取り戻せてる夢を、2回も。連続で。

    そんなこと話したら「俺がお前に」ブ○インドタッチすればいいんだろう?と、馴れた手つきでと、耳もとで甘く囁かれた。



    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 腕ゴールドテープ

    「ええと、バスは」
    「……何してんの」

    迷子の美友は背後の先輩に驚いた。

    「え?退けます、あ!」
    「おっと」

    彼はすっと腕を伸ばし美友の行手を阻止した。

    「そっちは船乗り場だけど」
    「す、すみません」

    彼は腕の中の彼女に溜息をついた。

    「新入生だろ。一緒に来いよ」
    「いいんですか」
    「ああ。船に乗られたら困る」

    そんな二人はバスに乗った。

    「揺れるぞ」
    「きゃ」

    またまた美友を抱きしめた彼は微笑んだ。

    「お前さ。学校に通う気あるの」
    「ありありです」
    「ハハハ」

    そして一緒に空いた席に座った。

    「眠……着いたら起こせよ」
    「はい」

    美友の肩に頭を乗せて彼は寝たが美友も寝たので、他生徒が学園前で起こしてくれた。

    「降りますよ生徒会長って、彼女ですか」

    美友の寝顔に彼は頬寄せた。

    「……どうかな?おい!お前、着いたぞ」

    寝起きの二人は手を繋いで校門へ向かった。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

Rain or shine ~ 秘密の恋のはじまり ~ (完) (柚木あい/著)

  • > 夢幻キリコ さま★

    こんばんは!
    読んでくださった上、コメントもくださって本当にありがとうございます(*^^*)

    これを書いていた時期は禁断の恋を書くことにハマっていたらしい柚木です(笑)
    この後の展開を読みたいと言ってもらえて嬉しいです。
    実は中途半端に続きを書いているんですけど、出せるところまでは書けなかったので、お蔵入りしております(^-^;
    またいつか書きたいと思える日がきたら、引っ張り出してこようと思います。

    適度な距離を取ってくれる男の人って魅力的ですよね。
    携帯小説の男性陣はガツガツくる人が多いので(笑)、この話に出てくる彼みたいな男性は珍しいかもしれません。

    こちらこそいつもありがとうございます!
    キリちゃんの言葉はいつも励みになってます(*^^*)

    柚木あい   2014/09/18 23:57

  • > kei さん☆

    おはようございます♪(*^^*)

    ドキドキしながらの『あいれたー』、無事受け取っていただけたようで、嬉しい限りです☆
    ちょうど嬉しい区切りが来たので、配信してみました(^^)

    雨は空気をキレイにしてくれるので、私たち人間の心も洗われるような気がします。
    疎まれがちな雨ですけど、私は結構好きなんですよね♪
    この言葉で、少しでも雨を好きになってくれる人がいたらいいな、なんて思ってます(^^)

    甘い恋のはじまり♪
    何気なく出してみたチョコレートでしたけど、確かにそんな暗示が(笑)←何も考えずに書いてるのがバレバレですけど(^_^;)
    二人の話を今書いてますが、甘さを入れつつ、でもストーリーもあって…を目指しております☆
    もし完成できたら、御披露目させていただきますね~\(^o^)/

    詩が書籍に載るなんて、スゴいです!
    keiさんからのファンメでそのことを知って、何故か自分のことのように嬉しかったんですよー♪(*^^*)
    いつか、目にすることができたらなぁ、なんて願ってたりします(^^)←どれがkeiさんの作品はわからないとしても。
    本当におめでとうございます☆☆

    私こそこれからも『どんなことがあっても』よろしくお願いします♪(*^^*)

    ああ!大切なことを!
    作品を読んでくださって、本当にありがとうございます☆
    読み返しても新鮮だった、っていうのも、めちゃくちゃ嬉しい言葉です!\(^o^)/
    ステキな感想もありがとうございます!(*^^*)
    幸せです☆☆

    柚木あい   2012/05/22 07:42

  • こんにちは。
    あいれたー、しっかり受け取りましたよ。
    記念すべき一通目!!ヤッタネo(^o^)o

    翔さん、詩人のようだと思っていたら、なんと!!先生だったんですね。
    鈴ちゃんが翔さんに渡したチョコレート。
    チョコレートのような甘い恋の始まりを予感しましたよ。

    『雨は、全てを洗い流してくれるから』素敵な言葉に感動です。

    実はメールをいただく前から途中まで読んでいたんです。

    私事ですが、今度、プライベートで書いた詩の書籍への掲載が決まったり、他の作品を書いたりと。バタバタしていて感想を残せず。。でもあらためてまた始めから読み直させていただいて、何度読んでも新鮮に感じました。

    素敵な言葉と作品、ありがとうございます。

    今後の鈴ちゃんと翔さんの恋の行方が気になります(^ω^*)

    柚木あい様、これからもよろしくお願いします。

    『どんなことがあっても』m(__)m

    藍崎恵衣   2012/05/21 16:50