次の日は杏里の傍から意地でも離れなかった。



 たまに周りの女子から杏里が睨まれてる気がしたけど…。





「お、騎士が着いてるんだ~」

「…ちげぇし!」



 杏里と仲のいい島田がからかってきた。



「でも、本当に任せたよ? 杏ちゃん、出会ったばっかりだけど…たぶん不安だと思う」



 島田は少しだけ笑いながらそう言う。




 何気に杏里のこと理解してくれてるみたいだ。




 杏里は常に眠いのか今も寝ている。




「…ねぇ…杏ちゃんさ…みんなと同じところで着替えたがらないんだけど…」




 島田は不思議そうな顔で言った。




 …そればかりは俺からも答えられない。