ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年01月28日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 屋上
    • 頭ぽんぽん

    『○○』

    「え、何?」

    『部活、お疲れ様(頭ぽんぽん)』

    「ん△○■~~⁉️」

    『ビックリしすぎ!』

    「だって、急に....頭ぽんぽんなんてしてくるから。。。」

    『あはは‼️ごめん、ごめん(笑)』

    絶対に反省してないよ、これは!


    こんな彼と私は、付き合っている。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 告白

    図書館にて彼と

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後

    「キスしたい」
    「……却下」
    なぜだ、とマジな顔で首を傾げる彼の鈍さは天下一だ。私はハアと顔を覆って溜息をこぼした。
    「見てここ駅。夕方の、1番、人が多い時間でしょ。一応聞くけどどこでしようとしてるの」
    「ここだよ」
    「却下!」
    「なぜだ?恋人ならキスするもんだろ。離れ難い思うものだろ?」
    「それは時と場所が大前提の話!」
    堅物の頭に言っても納得してもらえない。どうしたものか、と考えを巡らせていると、彼は「なら質問変える」と口を開いた。
    「俺とキスするの嫌か?」
    「なっ…!」
    ずいと顔を寄せられる。近すぎて焦点を合わせようと、なぜか視線は彼の目から逃れられない。
    「嫌ならしない。今後もそういうことは控えるようにする」
    「何言って…」
    彼の目が悪戯に光る。
    「嫌か?」
    「…いや、じゃ、ない…」
    額に柔らかくキスが落とされて、「そっちか…」と思わずの呟きを聞き逃さなかった彼に結局唇を塞がれた。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

これは、恋じゃない。(完) (柚木あい/著)

  • > 夢幻キリコ さま★

    キリちゃん、こんばんは!
    読んでくださって、コメントもくださって、本当にありがとうございます(^^)

    ありがちなお話でした~(笑)
    鈴の存在はとても重要です。
    そして何かと思い入れもあるので、幸せにしてあげたいキャラクターですね(*^^*)

    妬みや僻みはどうでしょう(笑)
    確かに彼方は人気者なのでないことはなさそうですけど、あの彼方なのでどうにか乗り越えてくれると思います★
    ピュアカップルにあてられて、もういいや、と周りが受け入れることに一票投じます(笑)

    いつも読んでくださってありがとうございます!
    励みになります\(^o^)/

    私もひっそりとキリちゃんの作品読んでますから~(*^^*)
    楽しくて仕方ない!

    柚木あい   2014/09/04 22:34

  • > blanket さま☆

    はじめまして!
    読んでくださってありがとうございます☆
    そして、素敵なコメントと…素敵なレビューまで書いてくださって…!
    すごく嬉しいです。
    本当にありがとうございます♪(*^^*)

    『数年間~』のフレーズを印象的と言っていただけて、本当に嬉しいです!
    私もこの部分は切なくてお気に入りだったりします。
    Blanketさんの心にも届いてくれたようで嬉しい限りです♪
    心に届く言葉、印象に残る言葉をこれからも書いていけたらいいなと思ってます(^^)

    心地よく読み進められた、と言っていただけたのも励みになります!(*^^*)
    いつも推敲で苦戦する部分だったりするので(^_^;)

    こちらこそ、ありがとうございました♪(*^^*)

    柚木あい   2012/04/28 11:12

  • こんばんは^^

    いろいろと巡っていて、こちらの作品のタイトルが気になって、拝読しました。

    恋は悪戯なもので、純粋な恋心をいとも簡単にすれ違わせるものだなあって思いながら、切なくなったり。

    短編ならではの詰め込みすぎないテーマの切り取り方で、心地よく着地まで読み進められました(^-^)

    ――数年間想い続けてきた私の気持ちを全部否定するみたいで

    すごく気持ちの伝わる表現で、印象的に残ったフレーズでした♪

    素敵な物語、ありがとうございます☆

    blanket   2012/04/27 23:27