ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月24日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 後ろからギュッ

    彼女はいつも偽りの表情を浮かべる

    表情が乏しい

    そう言ってしまえば簡単だ

    「関係ないから。」

    そう突き放す言葉を放ち、人を寄せつけない

    でもその言葉に傷つき、悲しんでいるのはキミ自身だ

    自ら孤独を選ぶキミは、俺にはいつも孤独に怯え、苦しんでいるように見えた

    「俺は、夏音を一人になんてさせない。」

    俺の言葉に戸惑い、少しだけ安心したかのような顔をするキミは、俺にしてみれば誰よりも感情豊かだ

    うっすら涙を浮かべたキミは、強がりなのか涙を見せまいと俺に背を向ける

    ゆっくりキミに近づき、震える肩を包み込むように腕を回す

    抱きしめずにはいられなかった

    「責任…とりなさいよ…。」
    「俺は嘘はつかないよ。」

    その後2人は向き合い、キミは本物の笑顔で俺に微笑んだ…

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 屋上
    • 告白

    ねぇ、ヒデ…好きな人いる?

    んーいるといえばいるし、いないといえばいないかなぁ…ユキちゃんは?

    あたしは、いるよ!

    ちょっと待って、それ困る…あっ!

    えっ!何で!何で!

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 腰グイ

    「調子はどう?」
    「海堂先輩」
    「入学式だよ?緊張しているの?」
    「実は」

    新一年の美友は彼をじっと見た。

    「私の髪型どうですか?」
    「普通に可愛いよ」
    「先輩女子に目をつけられて体育館裏に呼び出しされないですか?」
    「それは……」

    ここで彼はバチンとウインクをした。

    「問題ないよ」
    「良かった!」
    「しかしね」


    美友は可愛ので意地悪されるかもと海棠は言った。

    「いいかい?呼び出しされても行くんじゃないよ」
    「でも、ひどい目に」
    「大丈夫。俺に相談してよ。なんでも助けるから」

    すると美友は真顔で海棠に向かった。

    「あの、そういう特別扱いの方が問題だと思うんですけど」
    「俺のせい?」
    「はい、だって先輩かっこいいから」
    「美友ちゃん……」

    海棠は彼女を抱きしめた。

    「俺の彼女って事にしよ」
    「ダメですよ。本当に好きな人を彼女に、あ?」

    抱きしめる海棠は微笑んでいた。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

優しいね、ポンチョ。 (灰啝/著)

優しさは儚くも温かかった

  • 恋。さま*

    わあ、お久しぶりですー!お返事遅れてしまってすみませんっ。

    わわ、大嫌いシリーズまで読んでくださったんですね。ありがとうございます(*´∀`*)

    そう言っていただけてとても嬉しいです\(^^)/

    感想ありがとうございました♪


    あ、そう言えば『空を翔びたい』読みました!とても素敵でした(*´Д`*)
    『ただ、飛べてしまっただけ。』もそうなんですが、灰啝、恋。さんのちょっと切ない話が好みでして。夢のシーンが大好きですー。

    …感想ノートに書けって話ですよね、すみませんー!

    灰啝   2012/02/25 15:15

  • こんばんわ\(^^)/
    というかお久しぶりです!
    忘れた頃に現れてみました恋。さんです(^o^ゞ


    こちらのお話と、
    わりと本気でと
    たぶん本気での三作を
    読みました!!

    なんか恋がしたくなりましたねー( ̄▽ ̄)b
    彼氏もほしくなりました(笑)

    面白いかったです♪
    また来ますね!

    恋。   2012/02/21 20:26

  • タニカさん*

    えっ!ままままさかそんな。読んで下さっていたんですかありがとうございます(*´∀`*)

    そうですよタニカさん。灰啝の胸をどーんとお貸しします!こう、精神的に(笑)

    もやもやしたっていいのです。泣いたっていいのです。ひとりではないのですから。
    タニカさんの周りにはたくさんの人がいるのでしょうし、灰啝だって今はタニカさんのことを考えているので、今この瞬間、独りってことは絶対にないんですよ(*^^*)

    誰かを思って誰かに思われる。そこにどんな感情があろうとその瞬間はひとりではないんだと信じている灰啝です(笑)


    そしてそして、素敵なレビューありがとうございました!
    実は灰啝も昨日一悶着ありまして。鬱々としていたところ、タニカさんのレビューと感想を発見して癒されました(*´∨`*)


    ふふふ、もう灰啝も楽しみで楽しみで!
    時間はないと焦るのに早く手に入れたくて仕方ないんです(笑)
    それに、フライングゲット灰啝もよくやります(笑)

    お互いがんばりましょうね!色んな意味で!(笑)

    灰啝   2012/02/10 10:50

  • 実は灰啝さんの短編、以前からこそこそと読んでおりました、タニカです←


    で、泣いちゃいました。

    私、登場人物への感情移入がとびきり大きいのです。だから、その人物に自分をなぞらえて泣いちゃうことがよくあるんですね。

    でも、自分自身、つまりタニカ自身が小説読んで泣いたのは、このお話が初めてです。

    心に余裕が無くて、どうしようも無くて。でも誰が悪いわけでもなく、自分が悪いわけでもなくて。本当にどうしようもないことなんです。だからこそ、何かを責めることも出来ない、縋ることもできない。進路とか色々あって、そんな状態がここ2、3日続いていました。

    ...なんだか上手くいえなくてゴメンナサイ(笑)

    でもこの作品のおかげで、泣くことと誰かに頼ることくらいはしてもいいのかなって思えました。

    ほっとしました。

    この作品と、灰啝さんがいてくれたおかげです。

    また、頑張れそうです。

    本当に本当にありがとうございます。

    あ、あと、レビュー書かせて頂きました!

    感動が伝わると嬉しいですー◎

    そしてCD発売まで1週間切りましたね(^o^)前日にフライングゲットできるだろうか...(笑)

    長々とすみませんっ;

    タニカ   2012/02/09 19:00

  • もんちゃん*

    いやいや、いいんだよ。謝らないで。いつ読むかなんて読者様の自由だし、そもそも読んでくれただけでとっても嬉しいよー(*^^*)
    ありがとうね。

    大会ってそりゃ大事だよ!がんばってね、応援してるよー!

    えへ、温かいって嬉しいな。ありがとう!

    灰啝、もんちゃんの気持ち嬉しいよー。でも本当、好きな時に読んでくれるだけで喜びますんで(笑)

    灰啝   2012/01/23 23:49