ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月09日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 休日
    • 体育館
    • 頭ぽんぽん

    金曜日
    「彩華!私、明日はバスケの練習してくる!球技会で迷惑にならないよう。」
    「希香は頑張るね。」
    「そうかな?じゃ、バイバイ。」

    土曜日
    「よし!頑張るぞ!!」
    ダムダムてりゃガコン ダムダムおりゃスカッ ダムダムほりゃボテッ
    ...30分後...ダムダムぽいっスパッーーー!!
    「入った~!」
    「クククッ」
    「斗碧!?なんでここに?」
    「俺もバスケの練習。」
    「もしかして、ボールと格闘してるとこ見た?」
    「ああ。でも、希香にしては頑張ってたな。」
    「みんなの迷惑になりたくないから。」
    「なら一緒に練習するか?」
    「うん」

    2時間後
    「よし、終わりにするか。」
    「うん。斗碧、今日はありがとう。」
    「ん。なら帰るか。」

    家の前
    「希香、今日はお疲れ。」
    ッ//////斗碧が頭ポンポン!そっと斗碧を見ると、頬が染まっていた。これは夕日のせいですか?それとも...?

    開く閉じる

    • 待ち合わせ
    • 手を繋ぐ

    待ち合わせ場所に行くと、彼女はすでに待っていた。


    マフラーも手袋も完全装備してるのに、鼻の頭を赤くしている。


    「ごめん、遅れた」


    後ろからハグをすると、彼女は俺を見上げ、嬉しそうに頬を緩めた。


    それから彼女は手袋を外し、俺の右手を握った。
    俺は流れるようにその手をポケットに入れる。


    隣を歩く彼女は、息を吐いてはそれが白くなることを楽しんでいる。


    「冬、好きなの?」


    俺が聞くと、彼女は空いている手の人差し指を頬に当てた。


    「寒いのは苦手だけど、君と手を繋いで引っつけるから、嫌いじゃないよ」


    彼女はさらに俺の腕に引っ付いた。
    そしてまた、白い息を吐く。


    だけど、ときどきそれは白くならず、彼女はつまらなそうに頬を膨らませる。


    そうやって素直に俺といられることが嬉しいと言ってくれる君も、無邪気に息で遊んでしまう君も、たまらなく愛おしく思うよ。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 登校中
    • 通学路
    • ハグ&キス

    ヤバい!寝坊したー!!急がないと、先生に怒られるー
    湊「あれ?そんなに急いでどうしたの?」
    私「いや、湊君こそ急がなくていいの?!遅刻するよ!」
    湊「大丈夫!俺、近道知ってるし!なら、一緒に行く?」
    私「え?いいの?」
    湊「うん!一人じゃ寂しいしねー!」
    ま、近道だし遅刻する事ないか!

    私「なんか、スゴく暗い場所だね。お化けとかでできそう...」
    湊「大丈夫だって!いつもここ通ってるし!」
    私「な、なら、いいけど...」
    って、あれ?湊君がいない?!え?ど、どこに行ったの?いた!
    私「湊君!大丈夫?!」
    ギュ
    え?湊君?
    湊「ごめん...俺、本当は近道なんて知らない。ただ、お前と二人でいたかっただけ...」
    私「湊くん...そんな事だったらいつでも言って!私ができることは何でもやるから!」
    チュ
    私「え、、湊くん///」
    湊「ふふ...これで許して。」
    許すどころか、好きになっちゃたよ

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

空の君へ〜命をみつめた真実のラブストーリー〜 (和泉 絢/著)

初めまして!! 和泉 絢です。
読者の皆様、感想の方まで書いていただき本当にありがとうございます。

大変恐縮ながら個人様への返信は致しかねますので、ご容赦ください。

  • 私は母を2年前に亡くなりました!すい臓がんでしたぁ。
    3ヶ月ちょっとでした。余命宣告されたのが、その通りに
    大好きな母は旅立って行きました。闘病生活は本当に苦しくて
    苦しくて、本当に辛かった。だんだん細くなっていく母を見ていくのは辛かった。ずっと私が付き添いしていたから、いつも
    一緒にいました。たまには喧嘩したりもしました!次の日には
    お互いにまた仲良し親子に戻っていました。
    母も色々と転移していたので痛みがかなりありました。
    先生と相談して痛み止めの点滴の中に少しづつ眠れる薬を使用することに決めました。それを使ったら苦しまず眠ったまま
    息を引き取るらしくて、なのでそれを使いました。
    だんだん寝てる時間が長くなってきて最後は話しかけても
    反応はありません。毎日毎日、見てて本当に辛かったです。
    亡くなった日は母の誕生日の3日前でした。62歳でした。
    桜が大好きでずっとずっと桜、桜と言っていたので
    戒名に桜の文字を入れてもらいました!
    娘としてはなんで早く気づいてあげれなかったんだろうって
    今もまだ思います。仲良し親子だったから、どこ行くのも一緒だったし、本当に亡くなった時はショックが大きかったです。
    告知の時も私が母と聞いたのでその時もかなりショックでしたぁ。🏠に帰ってから自分の部屋でずっと泣いていました。
    涙が止まりませんでした。通夜と告別式もずっとずっと泣いていました。火葬場では私だけが最後までおかんから離れられず
    無理やり離されました!父がスイッチを押した時は思いっきり泣きました。涙が止まりませんでした。
    もう2年も経つけどまだ立ち直れていません。
    この夏は父が脳梗塞で倒れました。今は大丈夫ですが
    いつまた再発するか分かりません。辛いことばかりです。
    私は元旦那さんの浮気とDVと母の死と重なり、精神病になりました。躁鬱とパニック障害と適応障害になりました。今は
    病院に通っていて💊を飲んでいます。倒れたりすぐパニックになったりで、すごく辛い日々を送っています。本当に辛い思いをしました。ごめんなさい。長くなりましたね。この本を読んで涙が止まりませんでした。自分の事と重なって。
    陽さんも幸せだったと思います。ずっと見守ってくれてると思いますよ。頑張ってくださいね(^-^)
    月乃ありさ

    月乃ありさ   2019/12/08 21:17

  • 本当に泣きました。
    私は母親を無くして、命の大切な、親のありがたさ、親の存在がこんなにも私にとって大切なものなんだと実感しました。
    どんなに好きな相手でもずっとってないんだなって思いました。
    今の大切さ、友達、恋人。
    一つ一つの大切さを学ぶことができました。
    陽さんも、幸せな毎日だったと思います!

    桜向   2019/09/20 04:55

  • 最後声を出して泣きました。私も今を強く生きたいと思いました。私は今看護学生でたまにやめたくなる時もあります。この小説を読んで、私も心の支えになりたいと思えました。また辛くなった時この小説に戻ってきたいと思います

    まっきー@ブルー小説   2019/08/31 17:37

  • とても感動しました。私はまだまだ先の長い人生ですが、いつ死が来るのは誰でもおかしくないことです。ほんのにいい人に出会えたのですね。私もそんな方に出会えると嬉しいです。ほんとに素晴らしい物語をありがとうごさいます。今の人生を大切に生きます。すごく心に響き残りました。

    ゆめゆめこ   2019/06/04 21:40

  • なきました。響きました。

    るなちゃそ   2019/05/23 03:07