ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年06月26日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • お昼休み
    • 告白

    「外回り終わりですね」
    私は重い営業鞄を抱え直した。

    「メシにするか」と腕時計を見ながら先輩が言う。

    入社した時から先輩はずっと私の教育係だ。たまに他の女子社員から嫌味を言われることもあったが、庇ってくれるのはいつも先輩だった。

    尊敬はしている。でも恋心かと聞かれたら答えに困ってしまう。

    私は…

    先を歩いていたはずの先輩が、私の腕を掴んだ。
    鼻先ぎりぎりを、クラクションを鳴らしたトラックが通り過ぎた。

    呆れたため息。

    「…すみません」
    謝った私の髪を、大きな手がくしゃっと撫でた。

    「全くお前は…」
    先輩は言い掛けて、私に何かを握らせた。

    「鍵。お前を一人にする方が不安だわ。ま、俺の心配解消って事で」

    「はあ?」

    「24時間体制で指導してやる」
    「え?」

    「鈍すぎ。好きって言ってんの。俺から離れんな。わかったな、新人!」

    先輩は顔を真っ赤にして、私の手を握った。

    開く閉じる

    • 先生
    • お昼休み
    • 屋上
    • 壁ドン

    私はいつも屋上で予鈴まで昼寝をしていた。

    もちろん、人が他にいたらしない。

    今日みたいに。

    「どうしてこんなとこにいるんですかぁ、先生」

    先生と呼ばれた相手はいつもと変わらない笑みを浮かべる。

    「えー、僕も結構ここには来てるんだけどな〜」

    「…今みたいな時間に?」

    嫌な予感をしながらも尋ねると案の定、頷かれた。

    「…寝顔。見ました…?」

    「ああ、ごめん。…嫌だった?」

    言うと、何故か先生はこちらへ近づいてくる。

    恥ずかしさで悶絶しているうちに、彼を目の前にまで接近を許してしまっていた。

    「っ……な、なんですか」

    驚いて後ずさると、先生も来るので退路がなくっていく。

    「ね、どうして恥ずかしがってるの?」

    とうとう詰んだとき彼は壁に片腕をもたれさせると、覗き込んできた。

    「どうして?」

    あまりにも甘い声音に、私はたまらず逃げ出してしまった。

    「あーあ、残念」

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 家の前
    • 壁ドンからの告白

    私は、高校2年生。名前は有菜。私には、2歳年の離れた幼馴染みの男の子がいる。名前はマサト。

    「よっ、有菜、今帰り?」

    「マサト、有菜って呼び捨ては・・・」

    「別にいいだろ?幼馴染だし」

    「そう言う事じゃ無くて!」

    昔はお姉ちゃんって呼んで可愛かったのに・・・

    「うるせーな、来年有菜の高校に入って有菜の彼氏になるつもりだから」

    そう言って、壁際まで追い詰められた。

    「マサト?」

    まだ、気付かないのかよ?」

    怒ったマサトに。

    「何言ってんのかわからない」

    「ハァー」

    思いきりのため息。

    ドン!

    「好きだって言ってるんだよ!」

    いきなりの壁ドンからの告白、マサトの真剣な顔に

    私は、胸キュンしました。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

空の君へ〜命をみつめた真実のラブストーリー〜 (和泉 絢/著)

初めまして!! 和泉 絢です。
読者の皆様、感想の方まで書いていただき本当にありがとうございます。

大変恐縮ながら個人様への返信は致しかねますので、ご容赦ください。

  • とても感動しました。私はまだまだ先の長い人生ですが、いつ死が来るのは誰でもおかしくないことです。ほんのにいい人に出会えたのですね。私もそんな方に出会えると嬉しいです。ほんとに素晴らしい物語をありがとうごさいます。今の人生を大切に生きます。すごく心に響き残りました。

    ゆめゆめこ   2019/06/04 21:40

  • なきました。響きました。

    るなちゃそ   2019/05/23 03:07

  • 私も先週彼が亡くなりました。
    約6年付き合っていて、急に別れを告げられ、久々にあった彼は少し痩せていて、気になって後をつけていて、辿り着いた先は病院でした。そこで、私の気持ちを伝えもう一度付き合い、彼と最後まで寄り添うことができました。今だ立ち直れてない私ですが、今回この小説をよんで今の、弱い自分と少し向き合って見よう、強くなろうと思えました。小説を読みながら我慢してた涙がポロポロでて、少しスッキリしました。頑張って絢さんのようになりたいです。苦しくなったり辛くなったらまた、読みます。

    愛希子   2019/05/21 01:09

  • とても感動しました。
    涙止まらなくてティッシュでは
    足りないくらいでした。ほんとに。
    上手くは言えないけど心打たれるものが
    ありました。大切な人が亡くなって
    きっとすぐには立ち直れなかったと思います。
    でもこの事を小説に、想い出に出来た
    絢さんはほんとに凄いと思います。
    自分も大切な人がいつまでも
    隣にいるって限らないんだなって。。
    だからこそ今ある時間を大事に大切に
    過ごしていきたいと思いました。
    こんな素敵な小説をありがとうございます。

    naa✲   2019/04/25 03:25

  • この本を読んで、ホントに泣きました。
    最初から泣いて 最後は号泣で 奥が深くて 陽くんの気持ちも絢ちゃんの気持ちもよく分かって 自然と見入りました。
    実話って後から知って、本当に辛くなりました。本当に陽くんがいたと思ったら、考えただけで涙が出てきます。
    こんなすごい作品を書いて下さり、ありがとうございます。

    n.hina   2019/04/04 11:41