ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月13日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • クリスマス4【お題】

    玲音は私の首にマフラーをかけてきた。

    「これからもよろしくな」
    「うん」

    外は寒いはずなのに何故かあったかい。

    「玲音」

    私は玲音の手を握った。

    「ずっとそばに居てね?」
    「ああ」

    玲音は少し紅くなって頷いた。
    これからも玲音の隣が私でありますように。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • クリスマス4【お題】

    幼なじみの吸血鬼くんが中庭に呼び出してきました。

    「何?」

    「メリークリスマス、りり」

    開く閉じる

    • 同級生
    • クリスマス4【お題】

    「よう、待たせてごめん」

    待ち合わせ場所で立っていると、わたしの愛しい彼がやってきた。

    「ううん、平気」

    そう言いながら、わたしは彼の元へ走る。

    「ひゃっ!」

    凍った水たまりに滑らせて転びそうになった時に、彼は支えてくれた。

    「大丈夫、だったか?」

    「うん、ありがとっ」

    手袋越しでも伝わる、彼のあたたかさ。
    わたし達は手を繋いで、歩き始める。

    「幸せ、だな……」

    わたしはポツリと言った。

    「ん? なんて?」

    「なんでもない!」

    「そうか。お前のこと、愛してなかったら、こうやって隣にはいられなかったんだな……」

    今度は彼がポツリと言ったので、思わずわたしは彼の顔を見る。

    「いや、なんでもねぇよ」

    聞こえていたよ?
    わたしが目で伝えると、彼は少し頰を赤く染めた。
    その後ふたりで、ふっと表情をゆるめた。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

Waver まだ見ぬ春 (ちばり/著)

よろしければ一言お願い致します!


  • 命からがら生き延びた瞬間って、きっとこのお話のように、家族は友人はもちろんのこと、

    意外と元気になったら何しようとか、美味しい食べ物の事とかが真っ先に頭に浮かぶのかも知れませんね。生きてる証拠(^^)

    あの日の体験は、もちろん被災地の方々にしか分からない事がたくさん有るのだろうけど、でも10代の視点で書き綴ろうという思いは良いことだと思いますよ。
    余談ですが、ちばりさんまだデビューしたて何ですね~

    俺のデビュー作は冒険モノでした(^^)

    やっぱり初感想、初レビューは嬉しかったな。

    応援してるので頑張って下さいね♪



    かわせつきひと   2011/12/29 12:10

  • 書き込みありがとうございました(^^)
    感想を頂いたのは初めてだったなのでとてもびっくりしました!
    私は被災者ではありません。(つきひとさんと同じく埼玉に住んでいます…)
    だから震災をテーマに作品を書く資格はないのかも知れません。それは更新する度に自問自答しています(;_;)
    でも、10代の視点から見た「3.11.」が風化しないように、震災の真実を見つめながら執筆していこうと考えています。
    これからもよろしくお願い致します。

    ちばり   2011/12/29 00:14


  • ちばりさん、こんばんは(*^^*)
    更新まで追い付きました♪テーマが重そうで、ちょっと尻込みしていたら全然そんな事は有りませんでした。
    まあ大変な状況なんですが、それよりも二人のキスの余韻の方で俺の頭はいっぱいです
    不謹慎でごめんなさいf^_^;

    実は住まいは埼玉なんですが、こっちも凄かったですよ。


    かわせつきひと   2011/12/28 18:53