ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2018年09月25日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 屋上
    • 後ろからギュッ

    『え、あ、あの、先輩…?』
    私、鳳明音はひとつ上の日向翔先輩に後ろから抱きしめられている。
    『どうしたんですか…急に…』
    「どうしたのって、後ろから抱きしめてんの。」
    いや、それは、分かってます。
    「そんなにあいつの事好きだったの?」
    『っ!!は、はい…』
    あいつとは、私の幼馴染の事だ。
    ずっと片思いしていて、やっとの事で告白をしたら、振られた。
    それで1人屋上で、気持ちを整理していた。
    「あいつの事忘れろなんて言わない。徐々にでも良いから俺の事好きになってよ。」
    『えっ…。』
    好き…?
    「だから、俺は鳳さんが好きだって言ってんの。」
    『うそ…。でも、先輩…彼女さん…。』
    「彼女とは、別れたよ。好きな人が出来たって言ったら、あっさりと(笑)」
    知らなかった…。そんな、噂だって聞いてない。
    「まずは、俺の事知ってもらわなきゃ。これから、よろしくね、明音。」
    そう、耳元で囁かれた。

    開く閉じる

    • 同級生

    「俺さ、好きな人いるんだ。」

    そういって微笑む幼馴染みの彼はとても愛おしそうな瞳をしていた。

    「そっか。」

    私は無理矢理作った笑顔で彼にそう言った。

    彼の笑顔が好きだから。

    彼の優しいところが好きだから。

    彼の無邪気さが好きだから。

    私はこの思いを封じなければならない。

    「今日、告白するんだ。」

    そう言う彼に胸がズキズキと痛んだ。

    「す、好きな子ってどんな子?」

    どうして、聞きたくもないことを聞いてしまうのだろう。傷つくだけなのに。

    「ん~、優しくてがんばり屋で寝顔がかわいい。あと意外とツンデレ?かな。」

    寝顔って…もう私に勝ち目なんかないじゃん。

    「ねぇ、そ、の、子の、名前は?」

    これが、最後で、一番聞きたくて聞きたくない質問。

    「俺の世界で一番大事で愛してやまない幼馴染み。」

    「好きだよ」

    彼はそう言って私の頬にキスを落とした。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 登校中
    • 駅前
    • 頭ぽんぽん

    「あのー、すいません。」

    駅の改札を出たところで、声をかけられた。

    『え、はい。』

    「これ、落としました。」

    と、彼の手の中には、私のものであるキーホルダーが。

    バックを確認すると、チェーンから外れていた。

    『あ、ありがとうございます!』

    「大切なものなんでしょ?気をつけなね。」

    ポンポンと、私の頭を撫でて歩き出した。

    これが、彼(佐野優樹)との出会い。

    突然の事で訳が分からなかったけど、心臓の音だけが、うるさくなったのだけは分かった。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

愛かわらずな毎日が。 (Akira☆/著)

  • 更新分嬉しく、楽しく読みました。

    福元さんから聞かされた元カノさんの福元さんに会いに来た理由、ちょっとビックリしました。
    そうなんだ!って感じです。

    愛と福元さんの二人の愛が深まるであろう今後もを楽しみに更新を待ちます。

    Akira さんのペースで更新頑張って下さい(*^^*)

    bhママ   2017/10/13 05:13


    bhママ様へ

    書き込みありがとうございます。

    そうなんです〜。ちょっとばかり複雑(?)というか。そんな理由があったのです。

    じっくりじっくり、ふたりの今後を描いていきますね。

    頑張ります!!

    作者からの返信 2017/10/13 06:02

  • いつものことながら、更新分を嬉しく、楽しみ読みました。

    時間的にはこの前の更新と同じなんですね。
    でも、内容が少し変わったんですね!

    私は、今回の方がよりいいなって思います。

    愛が前のよりもいいです。
    まだまだ自信は無いし、不安だろうけど、福元さんに抱きしめられて、福元さんが、今を、自分を大切にしてくれていることを感じて、気になってる過去の二人のことをちゃんと聞けて…

    頑張ったね!って、愛に言ってあげたいです。

    この事が、福元さんと愛の絆を深めることになることを信じています。

    また、気長に待っていますので、更新頑張って下さい(*^^*)

    bhママ   2017/09/25 22:44

    bhママ様へ

    書き込みありがとうございます。

    そうなんです。少し変えさせていただきました!!
    「さて、続きを」と思って数ページ読み返したところ、引っかかる部分がいくつかありまして。
    これはいけないと、ちょこちょこ修正をしたんですが。
    修正をしていたらいろんなところが気になってしまって。先に進めなくなってしまいました……。スミマセン。

    いつもbhママ様のお言葉に励まされています。ありがとうございます。

    更新頑張ります!!!

    作者からの返信 2017/10/01 22:22

  • 更新分、嬉しく読みました!

    福元さんが、元カノへ…なんてことにはならないって、そんなことは全く心配していませんが…

    ホント何なんですかね?

    今になって急に…

    愛が思うように、私も、元カレにわざわざ相談する事ではないと思う。

    愛が思うように、きっと彼女は今でも福元さんのことを…
    と思う。

    でも、きっと大丈夫ですよね?

    愛も福元さんも、突然の元カノ登場という出来事で、より、お互いのことを深く愛することになりますよね?

    なんか、どこかに、少し自信の無さがある愛ですが、きっと福元さんが、本当に愛を愛してて、福元さんの隣は愛の場所でしか無いことを心から信じて、自信が持てるようになりますよね?

    その為の元カノ登場だと私は信じてます。

    とにかく、愛と福元さんがこのまま、しっかり幸せであることを見守っていきます。

    気長に、でも、とっても楽しみにこの先を待ってます。
    更新、頑張って下さい(*^^*)

    bhママ   2017/03/10 05:29

    bhママ様へ

    いつも書き込みありがとうございます!
    プライベートでいろいろとありまして、なかなか更新できずにスミマセン…。

    元カノの存在って、怖いですよね。
    愛にはかわいそうなことをしてしまったけれど、ここでひとつ頑張ってもらいたい(笑)

    恋愛偏差値がちょっぴり低めな愛の、成長する姿をお楽しみに!!です。

    早く完結できるよう、頑張ります。

    いつもありがとうございます!!

    作者からの返信 2017/03/10 07:29

  • bhママ 様へ

    いつもありがとうございます(^ ^)
    愛の気持ちに寄り添って、じっくりゆっくり悩みながら進んでいます。
    そのせいか、私の中の福元さんに対する想いもどんどん膨らんでいってるような気が…。
    たったの数ページの更新ではありましたが、私にとっては大きな壁を越えた感じです。

    bhママ様も風邪など引かぬよう、お過ごしくださいね☆

    Akira☆   2017/01/15 23:14

  • 更新喜んで読みましたよ!

    愛の気持ちよーくわかります。
    でも、頑張れ!福元さんは、今は愛だけを想ってくれているはずだから…
    ですよね?

    寒さ厳しい折、お身体ご自愛されて、更新頑張って下さい。
    気長に待ってますので(*^^*)

    bhママ   2017/01/15 21:07