ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月12日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 下駄箱
    • 相合傘

    「真凜、、 どうしよう、雨降るの知らなくて傘忘れちゃった、」

    「なら結愛、私の使って? 今日日直で帰り遅くなるし、その頃には止む予報だから!」

    「でも、ほんとにいいの?」

    「早くしないとバイト遅れちゃうよ! 帰った帰った!」

    「パフェ奢るね、 真凜ありがとう!!!」

    ゆっくり教室の掃除でもしよっと!

    ...

    先生に褒められたのはいいものの、まだ雨降ってるなあ、

    こうなったら走るしかないかな?

    よしっ、、

    「何してんの」

    うわ、雨の中走ろうとしたの誰かに見られた!!
    恥ずかしすぎて、後ろ見れないよ、

    「あのですね、 これには訳が、、って
    え? 柊くん!!??」

    「入れば?」

    「何に、?」

    「傘、駅までは一緒だろ。 早く」

    「えっと、、ありがとう、お邪魔します、」

    ...

    (真凜まじで可愛すぎだろ)

    (柊くん優しいすぎ、、)

    ゛2人の恋はこれから ゛

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 部活中
    • 体育館
    • 頭ぽんぽん

    「つばさ先輩、タオルどうぞ」
    「サンキュー。すずな」
    白い歯を見せて爽やかに笑うつばさ先輩は何を隠そう私の彼氏なのです。
    あー、今日もカッコいいなぁ。
    私は先月からバスケ部のマネージャーになった。はじめは大好きな彼を応援したいって思ってた。

    だけど、毎日一生懸命、練習に打ち込む部員達を間近にみていたら全員を応援したいって思うようになってきた。

    「そのタオルみんなに渡すの?」
    「はい、1人づつ渡します」
    「ふーん」

    ちょっと不満げな顔をするつばさ先輩。

    「渡してもいいけど、目を合わせたら駄目だよ。疲れてる時にすずなの笑顔を見たらあいつら絶対オチるから」

    「え、やだっ、先輩ったら」

    時々こんなヤキモチを妬くつばさ先輩。

    「おちおち練習もしていられない。俺の彼女は凄く可愛いから」

    体育館の隅っこで頭を軽くポンポンされて真っ赤になってしまう。

    ううっ、先輩、甘すぎますっ。

    開く閉じる

    • 先生
    • 授業中
    • 教室
    • 頭ぽんぽん

    ああ、まただ。

    無意識に見てしまった先には。
    …私の大好きな結兄…と、クラスメイトの姿。

    今は自習の時間で臨時として国語の先生である結兄が来ていた。

    わからないところを聞いているのだろうが、下心が丸見えだ。
    結兄はクールな眼鏡男子だが、笑うとエクボが出来て可愛いの。
    顔も整っているので女の子はもちろん、男子からも人気を得ている。

    いいな、私も結兄と話したい。
    嫉妬と幼馴染からくる独占欲で思わず凝視してしまったその時。

    バチッ

    あ、やば!!結兄と目があった!
    見ていたのがバレてしまって途端に恥ずかしくなった私は、バッと勢い良く目を逸らした。

    落ち着こう…。
    実習用の課題に目を戻して、見直しをする。

    ぽんぽん…
    いつもの、落ち着く手の感触…。それでいてドキドキさせられてしまうのだ。

    「ゆ、結兄…」

    顔を上げると大好きな結兄がニコッといたずらっ子な笑みを浮かべていた…。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

【完】キミがいた夏〜Four years later〜 (小松ヤコ/著)

最後までお付き合い頂きありがとうございました(*´∇`*)

  • 聖凪砂さま

    どわあああ!!こんなに早く後編まで読んで頂いてありがとうございます!!(T△T)
    そして素敵なレビューまで…凄く嬉しいです!

    自分の中でも少し迷った後編でした(;^_^A
    二人思いあってはいるけれど、そんな二人を支える人が回りにいて…
    色んな想いと気持ちがあって…
    そんな気持ちに触れた二人が、その温かさに気付いてその相手を選んでも不思議ではないのではないかと…
    渚にはもしかして綾香の方が?美鈴にはヒロヤの方がいいのではないかと思えたりもして(;^_^A

    でも結果的には王道でいきました!自分的にも二人が幸せになってほしかったので!
    これが、もし10年後の再会ならパートナーは変わっていたかもしれません(;^_^A

    素晴らしい作品なんて言って貰えて本当に飛び上がるほど嬉しいですが、恐れ多い(T△T)

    本当に本当にこんなに長い作品に最後までお付き合い頂きありがとうございました!m(__)m






    小松ヤコ   2013/05/12 12:05

  • こんばんは。
    無事、読み終わりました。
    途中、とても切なくてこの先どうなってしまうのだろうと不安になりながら読み進めました。
    お互い、想い合ったままなのに、想いを通じ合わすことができないのは辛いですね。
    トラウマのようになってしまった美鈴の気持ちはわかる気がします。あそこまで不幸が続くと、全部自分のせいなのではと思ってしまっても仕方がありません。
    最後まで読んで、二人の気持ちが漸く通じ合うことができて、本当によかったです。

    最高に素晴らしい作品でした。

    これからの作品も楽しみにしています。


    聖凪砂   2013/05/11 20:06

  • 続き・・・



    えっと、渚×美鈴じゃなかったら抗議…
    あとがきでヒロヤ×美鈴の可能性を書いたので皆さんそれ言われます(笑)
    まあ、渚×美鈴の限界は4年かなっと勝手に思い、そんな感じで話しを進めました~
    ってか10年後の再会で渚×美鈴なら、しがらみ半端ないので前後編合わせたら絶対1000ページ超えすると思う(^▽^;)
    面倒くさい書き込みを端折るために再会年数を少なくした、ダメ作者(笑)

    おお、美鈴の相手はヒロヤで良かったですか?
    最初はヒロヤのまま行こうかと考えたのですが、美鈴にヒロヤと結婚する理由がなかった…っというか、ITシャチョさんは単純にお金持ちイコール苦労しないっと
    お金で苦労した美鈴図式で(笑)

    綾香は~~・・・性格が強いので大丈夫です!元々横恋慕です!綾香の落としどころは迷いませんでしたよ~~\(^▽^)/←綾香すまん


    そしてそして
    ノンフィクション笑いませんでしたか?私は自分のことを作品に多く反映させるのは気恥ずかしいので、ノンフィクションと言ってもあの程度です(///∇//)

    もし多く反映させてても黙ってるタイプです(笑)

    でも祠さんのクリスマスハネムーンなんかはどこまでが真実??っとドキドキで読んでたので効果はバッチリでした(*´∇`*)
    でも本当にホントだったのですね、その部分は∑(゚Θ゚)


    さてさて、随分と長く語ってしまって申し訳ないです(^▽^;)
    本当にこんな長い話しに手をつけて頂きありがとうございました!!
    星が沢山ついたレビューまで貰えてハッピー過ぎます!!

    本当にありがとうございました!!


    小松ヤコ   2013/02/06 23:41

  • 祠さん

    こんなに早くこちらまで読んで頂いて、なんとなんと(T△T)
    本当にありがとうございます!

    そうですねぇ~書いた時は、まさかここまで長くなるとは本当に思わず、1冊でまとまる予定だったのです・・・
    決して何かを狙って前編と後編のような形にしたのではなく・・・

    本音を言えば、高校生で別れた後に話を続けて書く気力が失われた・・・っというところでしょうか?(笑)

    っというのも他サイトで書いていて、そこでは本当に誰一人として読まれもしなかったんです(;´Д`A
    まあ暗い話しだったし、処女作で文章力も皆無だし、当然といえば当然・・・

    でもあまりにも読まれなさ過ぎて、どうせ誰も読んでいないのだから続編なんていらんだろうと高校生でお別れしたところで完結、放置したのが真実です(笑)←自分の中で続編の内容は決まってましたが

    それをそのサイトに放置したまま
    その後に野いちご見つけて、祠さんにも読んで頂いた、超ひどい作品『彼を捕まえろ』を執筆してやっと読まれるという楽しさを知り…


    ああ、ここなら読んで貰えるかも??っと淡い期待を込めてお引越し(笑)

    でも、やっぱり全く読まれない・・・いや!前のサイトよりはお友達が読んでくれたりして私の中では満足するほど読まれましたよ!!

    っで、はりきって続編を書き始めたのですよ~~(笑)

    なので、お話しが別れているのはそんな理由であって、特に狙ったわけでも分けたかったわけでもなく

    結果、祠さんがそのことを良かったっと言ってくれて嬉しいです!



    すみません・・・続く・・・

    小松ヤコ   2013/02/06 23:41

  • よ~~ん~~だ~~

    ええ、読みましたよ速攻で。

    良かった。

    前作はやっぱり第Ⅰ部、完だったよね。

    ここまで読んでようやく一冊クリアした感じです。

     いっそ、この物語も、前作の後ろにまとめて載せてしまえ(爆)

     ウソです。

     多分ね、きっと。

     前の話、ハッピーエンドにならず、あそこで終わったから『すげ、いい話』何だと思いました。

     元の作りが王道なので、たぶん。

     前作の続きに、この話が乗っていたら、この話がこれだけ印象深く心に刻まれることはなかったし。

     でもこの話が美鈴×渚じゃなかったら、僕。

     目の幅の涙をだくだく流して抗議文書いてたかも(爆)

     物語をあそこで終わらせ、ここで解決。

     うん。

     二作まとめて、とてもいい話だと思います。

     しかも、物語の中頃で美鈴の親友が不幸になったら、美鈴と渚がまとまっても、彼女が取り残されてしまうかな……それもヤダな、と思っていたんですが。

     彼女もそれなりに自分を見つめて納得していたところが、更によかったです。

    ま、ちょっと気になるところは、美鈴の婚約者、名前のないIT会社社長よりも、ヒロヤで良かった気がしましたが、言わないでおこう(爆)

    だって、もし、ヒロヤだったら。

    美鈴、渚、ヒロヤの心の傷、もっと深くなってたかも知れなかったし、ね☆

    最後に、ヤコちゃんのノンフェクション、判ってよかったです☆

    なるほどね☆

    ほっとしたけど、笑いませんよ(^_-)-☆

    僕だって、フィクションの中に現実のエピソード入れるのは好きで良くやります♪

    丁度、ヤコちゃんが読んでくれた『クリスマス・ハネムーン』みたいに。

    ハニーとの『初夜』クリスマスイブにもかかわらず、飛行機に押し込まれ、オーストラリアに行った、とかね☆

    (さすがに同行者やら旅行の行程は違いますが☆)

     なんにせよ、執筆お疲れさまでした♪

     また、読みに来ます(^_-)-☆

       2013/02/06 13:39