ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2018年06月24日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 授業中
    • 保険室
    • 頭ぽんぽん

    「いたた・・・。あんなところで転ぶなんて・・・」

    体育の授業中、私は派手に転んでしまい、
    現在保健室にいる。

    保険の先生はどこかに行っているのか、とても静かだった。

    するとガララ、とドアが開く音がした。

    顔を上げると、

    「春斗くん!?どうしたの?」

    「いや、サボってきただけ。」

    春斗くんはそう言うと、私の横に腰を下ろした。

    「怪我・・・したのか?」

    不安そうな声。

    「大した怪我じゃないから!大丈夫だよ!」

    「貸して。消毒液。」

    「え?」

    驚いて間抜けな声が出てしまった。
    慌てて春斗くんに消毒液を貸す。

    春斗くんは私の怪我した部分に消毒液を塗り始めた。

    (染みる・・・。こんなに痛いなんて・・・)

    私が痛さに目を瞑っていると、頭をポンポンとされた。

    目を開けると、春斗くんの手が頭にあった。

    「痛いのよく我慢したな。」

    その手は優しくて、とても暖かった。

    開く閉じる

    • 先生
    • 放課後
    • 教室

    『先生~、居残りとかマジで嫌なんですけど。』

    「そんなこと言える点数じゃないだろ」

    『えー、、、今日は慧翔(けいと)とスタバ行く予定だったのに~』

    「何?
    お前ら付き合ってんの?」

    『ん、んな理由ないじゃないですか!
    慧翔はただの友達ですから!』
    (私が好きなのは…ずっと先生だけだし...)

    「へぇ~
    男女の友情ね?」

    『ホントですって
    だって、私は、先生のことが...好きなんですから!』

    「...」

    (うわ...気まずい空気になっちゃった...
    言わなきゃよかった。)

    『!?』

    (なんで私先生に抱きしめられてんの?!)

    「好きだ。
    俺だけを見てろよ。」

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室
    • 告白

    私は今日、ずっと好きだった先輩に告白する。

    「平先輩、ずっと前から好きでした。
    付き合ってください!!」
    「俺そんな風にやよいちゃんの事
    見たこと無いんだ、ごめんね」
    「いえっ、大丈夫です。
    時間とらせてすいませんでしたっ、」
    そうっ、だよ、ね。
    知ってたよ、先輩は私の思ってる好きと違うって事
    でも、それでも、言いたかった。
    「それじゃっ、」
    自分から告っといて逃げるとかだっさ。

    ~教室~
    えっ、なんでひろとがいるの?
    「よぉやよい。お前先輩に告ってキレーに
    振られてたな」
    「なんでっ、知って」
    「たまたま通りかかったんだよ」
    「ひろとには、関係ないでしょ」
    「あんだよ俺、、、」

    「もういいよ、帰る」
    グイッ
    「えっ、ひろ、と?」
    「やよい、泣きたいなら泣けよ」
    「なっ、泣くわけ」
    「俺の前で強がるな」
    「ひっく、ふぇ~ん」











    「なぁやよい、好きだ」
    「えっ、」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

Silver Forest (りあ♪/著)

読んでいただきありがとうございます。
よろしければ一言おねがいいたします。

  • ええ〜〜っ! 早速読んでいただいてしかもまた感想いただけるなんてぇぇ〜〜っっ!! ありがとうございます〜〜〜!!o(≧▽≦)o舞い上がりっ

    ううっでもでもっ……ここまでは書き溜めてあった文章を放出しただけなので早かったんですが、これからは・・・・・・((((_ _|||))))

    だけどせっかく憧れの方に励ましていただいたので、せめて忘れ去られないうちに更新できるよう、がんばります〜〜〜(o^o^o)

    りあ♪   2008/02/18 20:55

  • 更新分、颯爽と読みに来ました |・ω・´))キチャッタヨ

    ってか、一日に何度も更新チェックしてしまう作品に出会ったのは久しぶりかも(笑)

    何だかストーカーみたいになってますが、あかりさんの素敵な文章力にハートを打ち抜かれちゃったものでぇ(笑)

    たぶん、これからも足蹴く通うと思います(*´∀`*)♪←大迷惑。

    ではでは、次更新を心待ちにしつつ、今日は退散します(笑)

    芹澤ルカ   2008/02/18 01:53

  • うっわ〜〜〜っ!! 光栄です!

    昨日、花 音さんの『紅き月夜に 永遠の想い』少しですが読み始めて、私もこんな素敵なお話書きたい〜〜♪と思っていたとこなので!!

    ありがとうございます!!
    (///▽///)カンゲキっ
    がんばりますね〜〜〜!!

    りあ♪   2008/02/17 12:57

  • ファンタジーカテ漁りしていて偶然発見しました♪

    まだ数ページだけど展開が面白くて、早く続きが読みたいなぁ~、と思っちゃいました♪

    これから物語りがどう展開してゆくか楽しみです。゚+.Σd(。ゝω・´)グッ!

    更新頑張って下さい(*´∀`*)♪

    芹澤ルカ   2008/02/17 07:58