ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月16日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • クリスマス4【お題】
    • 体育館
    • 後ろからギュッ

    キュッ。トン、トン。

    シューズが床に擦れる音、ボールをドリブル

    する音が体育館に響く。

    彼は1人練習をしていた。

    「琉先輩、まだいたんですか?」

    「大会近いからな。」

    琉先輩はバスケ部のエースでみんなの憧れの

    的。私もその1人なんだけど。

    「もえ、クリスマス予定あんの?」

    明日はクリスマス。彼氏なんかいたことない

    私は今年もクリぼっち。

    「残念ながらないです…」

    「じゃあ、俺とデートする?」

    え。え。。。私、今誘われた?

    「私といいんですか…?」

    頷く先輩の頬はほんのり染まっているように

    見えた。

    「ありがとうございます!明日楽しみにして

    ますね!練習頑張ってください!」

    挨拶をして背を向けると…。

    ぎゅっ。

    「明日もえに最高のプレゼントやるよ。もら

    ってくれる?」

    私、期待していいのかな…?

    先輩の腕に包まれて、明日に期待を寄せる。

    開く閉じる

    • 幼なじみ

    ああああああ

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • クリスマス4【お題】
    • 帰り道
    • 寸止め

    私の幼馴染は可愛くて優しい兄でもあり弟でもある存在。
    校内で人気のある彼が彼女を作らないのは、私の存在が邪魔をしているのかもしれない。

    「クリスマスに私なんかと帰ってたら、余計に勘違いされるよ? そろそろ一緒にいるのやめた方がいいかな」

    「なんでそんな事言うの?」

    声は笑っているけど目が笑ってない。

    「私が近くにいすぎて、女子たちが踏み込めないって聞いて……」

    「それって、俺の事好きじゃないんじゃない? 好きだったら、幼馴染とか関係ないでしょ 」

    そう軽く笑う彼の横顔は、薄暗い闇に浮かぶ宝石に照らさらて、いつもよりカッコよく見えた。

    「幼馴染やめたいならやめればいいよ 」

    「そこまで言ってな……!」

    突然グイッと引き寄せられ、唇が触れる寸前まで顔が近付く。

    「これからは、俺のこと男として見て欲しい 」

    そう囁く彼の白い吐息が広がって、私の知らない鼓動を高鳴らせた。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

俺様彼氏の説明書 (小松ヤコ/著)

一言でも頂けると飛び上がりますヽ(·∀·)ノ

  • 左近さん
    まだ?まだ読んでたの!どうしたの?壊れちゃったの?Σ(-∀-;)しかもいつも
    仕事中なのね(笑)

    ええ、これでウルウルってどんだけやねん(; ̄ー ̄A
    ってか左近さん俺様って女でしょ?え?男?シークレットな感じで売り出し中なの?(* ̄∇ ̄*)

    斗真ね、俺様じゃないよね?←おい
    私も書きながら浬世也に続いて完全に見失いました(´∇`)←おいおい
    S彼氏の説明書だよね?←同意を求めるな
    深雪ちゃんはこのお話で株をあげてもらいましたよ~~素直じゃない女の子好き♪

    んで?なんだっけ?←
    ああ、プロフね!あれね、よく気づきましたね!さては私のストーカーだな!(´∇`)←
    まあ無茶ぶり企画が終わる2月いっぱいはフラフラリーンとしてますよ(´∇`)

    ってかそうそう!中華饅頭どないなってるのでさか!公開しながら書いたら感ノーでグチグチ言ってあげるのに(  ̄▽ ̄)←よせ

    ともあれ、こげな作品に時間をさいてもらってありがとうございました(///∇///)

    小松ヤコ   2012/11/26 14:57

  • ふふふ 壁lヽー゜)
    朝っぱらから失礼します。

    ていうか、こんどはこっちに現れることぐらい予測済みだろぉ~?

    ていうか・・・。
    とーま・・・ムカつくー(`皿´)
    ・・・と同時に激しく反省(;´д`)
    そうか、左近は俺様だったのか。

    でもでも菜々子の気持ちもわかる~~。
    いきなり無視できないとか・・・わかるけど、とーまの言い分もわかる。
    そのとおりだと思うけど・・・でもいきなり無視はできん!(←俺様のくせに弱っ

    ここはほんとに難しいところですな。
    多分・・・実行できるとーまは凄いんだと思うけど。

    もうほんと、菜々子が泣いたらこっちも悲しくなります(ノд`)・:
    仕事中やっちゅーのにウルウル(ΩдΩ)

    左近は深雪ちゃんが好き♪


    あ!そういえば!
    PFの自己紹介が変わってますやん。
    何かまるでいなくなるようでビビりましたよ!Σ( ̄ロ ̄lll)
    まさかですよね?
    そんな予定はないですよね??

    そりでは時間からも思いっきり仕事中な左近なのでしたC=C=「( ̄ー ̄)」
    ※そろそろ中華饅頭公開しようかしら??
    でもちゃんと話はまとまるのか??( ̄▽ ̄;)オワレルノカ?

    藤堂 左近   2012/11/26 10:47

  • 樹樹たん

    あわわわ(;´Д`A

    読んでくれてありがとう!!

    こんな微妙な作品、お恥ずかしい限りです(T△T)

    何も考えずに書いてたから書けたのね(笑)

    今は何だかスランプ気味( ̄Д ̄;;

    ホントは斗真にはまだお預けくらわしたろーっと思ったけど、続編書く予定無かったから潔く菜々子にささげて貰ったわ(笑)


    本当にいっぱい読んでくれてありがとう!ハッピッピ(*´∇`*)

    小松ヤコ   2012/07/07 04:16

  • 完読しましたー!
    な なにこの激甘仕様はぁ(≧∇≦)
    俺様キャラの扱いはとっても大変っ
    説明書があっても一筋縄ではいかないよぉ(^皿^)
    新たなライバル出現にハラハラしましたが、とっても楽しく読めましたー!
    そして3ヵ月越しの一線もドキがむねむねですっ(*^o^*)クハーッ
    ごちそうさまでしたー!!

    むらさ樹   2012/07/06 21:01

  • ちょwww
    これ自分で言って何だけど微妙かも(笑)

    まあそれを言っちゃえば全て微妙な私の作品…(; ̄ー ̄A

    でもインしてくれて嬉しい(//∇//)

    ありがとー(*´∇`*)

    小松ヤコ   2012/07/02 17:19