ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年10月16日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 切ない【お題】

    「なんでっ!なんで…………ひっくっ」

    幼小中とずっと同じで離れたことがなかった幼なじみが都会の高校に行くことになった。
    私たちが住んでいるところは田舎で高校は少し街になったところに行く。それなのにまさか都会に行くなんて。

    「ごめんな、美玖(みく)。俺は美容師になる夢を捨てきれないんだ」

    流星(りゅうせい)の夢は昔から美容師で叶えたいと言っていた。そう話す流星が好きだったし、私も勇気を貰っていた。

    「いいよ。頑張ってね」

    ここでひとつ。私は流星に言ってないことがある。

    私は大学は流星がこれから行くところの近所を志望してるということ。

    少しの別れだけど大丈夫!
    悲しいけど悲しくない。これからは泣かない。

    大学生になったら流星を迎えに行くんだから!


    そして、好きって伝えるわ!

    開く閉じる

    • 切ない【お題】

    「ごめんなさい……」

    いつものように、わたしは彼に謝った。

    「謝るなって。お前は悪くないんだよ」

    「ありがとう……」

    わたしはベッドの上にいる。
    病気で、3ヶ月前に余命宣告をされた。

    ……余命3ヶ月。

    今月、わたしはこの世のものじゃなくなる。
    いや、今日かもしれない。

    意識が薄れてきた。

    「大丈夫だ、俺は一生お前を愛しているから」

    「……あ……り……が……とう……」

    彼は、わたしの手を握った。
    彼の温もりを感じながら、わたしは目を閉じる。

    「お前は故人じゃない。俺の恋人だ」

    それだけが聞こえた。


    もう一度、ありがとうと言いたかった。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 切ない【お題】

    私には今付き合っている人がいる。付き合って1週間しか経っていない。

    (教室に忘れ物しちゃったよ〜)

    教室に取りに入ろうとした時、話し声が聞こえた。

    「お前って今付き合ってる彼女とどれぐらい経った?」
    「1週間。そろそろ別れてもいいかなって思ってるけどな」
    「マジかよ笑。今回は早いな」

    入るタイミングをなくした私は盗み聞きをしていた。だって聞き覚えのある声だったもん。

    「だってあいつ、地味だし、どこかに行くって言っても図書館とかだしさ。つまらないんだよなぁ」
    「デートに図書館とか笑」
    「だよな。デートで図書館はねーわ笑」

    気がつくと私は泣いていた。
    あれ?おかしいな。私の事本気で好きになる人なんていないって知ってたはずなのに。なんでかな。
    その場にいる事が辛くなった私は、走って逃げたのだった。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

失われた物語 −時の扉− 《後編》【小説】 (アライ・エン/著)

お読み頂きありがとうございます。ご感想頂ければ幸いです。

  • 月城様、こんばんは♪

    ここまで読み込んで下さり、大感謝です! 身に余るご感想頂き、本当に有り難うございます!

    『最後の審判』は作者も気づいてない穿たれ方で、感服いたしました。いつも本質的な深い洞察を頂けるので、書き手としてこんな幸せなことはございません。この話はキリスト教のイメージが湧いてきて、それを多用しているのですが、その主人公に『最後の審判』という言葉を頂き、私もなにかストンと納得するものがありました。月城様の正確なイメージ力に驚きます。

    『イナフ』のスピンオフとして始まったこの作品ですが、この後半を書くために、前半を書いたと言っても過言ではありません。自分の面倒さに呆れますが(笑)。破綻が起きないように書いたのに、結果的に全面的に破綻してるのが自分でも笑えます。俺はそんな全体把握出来るタマじゃねぇ…自覚の足りないアライでした。山と谷がとっちらかっていて読んでて自分で疲れます(メリーゴーランドみたいな綺麗なもんじゃないです。出来の悪いお化け屋敷?)。もっと言えば、句読点なし縛りとかこんな長い物語ではやめときゃよかったと後悔してます。もう一度書き直したいほど!

    最近気がついたんですが、私のクリエイティビティって私のものじゃないっていうことなんです。書かされる以外作品を産みようがない。私は常に登場人物の奴隷なので、選択権は実はないのです(笑)。私は作家ではなく、端末=アウトプッター(造語)なのねと。それはつまり、登場人物すら、私の作ではなく、どこからともなく現れて、私を喚起して操っているかのようです。創造性のカケラもないんです。ていうのもずいぶん電波な発言ですけどね(笑)。

    駄天使くんは私も一番愛してるキャラです。気に入ってくださってありがとうございます。喰種の永近くんに近いものを感じます。私もreの前に全巻揃えて読み込みましたよ。そして普段買わないヤンジャンを46号だけ買ってしまった…いろいろ目が離せません。

    では、ほんとうにありがとうございました!

    アライ・エン   2014/10/24 19:55

  • 香翼 瑠斗様

    おおお書き込み頂きあああありがとうございます…(こんな甘いお言葉を頂いてしまったら、錯乱しそうです)。その上本棚inしていただき、ファンにまで…。

    おお…嬉しくて一瞬意識が飛びました。

    作品のみならず、リンクにまで行ってくださってありがとうございます。
    『失われた物語』は調子が良い時は何頁も更新出来るんですが、一旦止まるとまったく動かなくなるシロモノで…作者、手を焼いてます。詩は自分で書いたものが納得出来ますが、小説は常に不満足です。自分を自称詩人とは言えますが、決して小説家にはなれないと思ってます。
    そんな作品をお読みくださり、エールを頂き、心から感謝します。ご期待に添えるよう、更新鋭意努力致します。

    香翼様の益々のご発展をお祈り致しております。

    アライ・エン   2012/09/18 02:03

  • 初めまして。実はかなり前からの読者でファンです!
    本当はインしたときに感想書こうと思ったんですが、なかなか勇気がでなくて。

    失われた物語、更新分までようやく追いつきました。
    毎日のように更新なさっているので追いつくのが大変でした(笑)
    尊敬します!

    この際書かせてもらいますが、アライ・エン様の小説、詩、ブログは全て拝見させてもらってます。
    軽いストーカーですね(笑)
    どれも個性的で素晴らしかったです!

    更新応援しています。
    これからも頑張ってください!

    香翼 瑠斗   2012/09/17 01:28