ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月20日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 後輩
    • VD2020【お題】
    • 教室

    今日はバレンタインデー!ということで、私もチョコレートを作ってきました!

    「後輩くーん!おまたせおまたせ、私のチョコ待ってたんだよね?」

    「いえ、違います。早く部室の鍵開けてください」

    「ちょっとくらい待っててくれても良くない?!」

    ほんとに可愛くない後輩だな!来年は辛いチョコにしてやろうかなぁ。

    「はいコレ、美味しくなかったらごめんよ」

    「わざわざありがとうございます」

    「お返しは高級なお菓子でいいから!」

    「そこで要求するからモテないんですよ」

    「なんだと!」

    ふーんだ。別にモテなくたっていいもーん!…あれ、なんか涙出てきそう。






    「高級なお菓子は今ないんで、コレで我慢してください」

    「ん?なになにキャンディ?わぁ、かわいいありがとう!」

    「…いづれは気付いてもらいますからね」

    「え、何を?」

    (キャンディの意味を、ですよ)

    開く閉じる

    • 先生
    • VD2020【お題】
    • 屋上
    • 頭ぽんぽん

    「こんな所に呼び出してごめん」



    いつも余裕な先生が顔を真っ赤にして照れていた。

    そんな彼の右手はなぜか後ろに隠されている。




    「先生、どうしたの?」




    「あのさ...これ、やる」



    そう言って先生が後ろから出したものは小さな紙袋。

    その中にはチョコと細長い箱。



    「先生、これなに?」



    「ん?バレンタインのチョコとネックレス」



    そう言われて箱を開けるとネックレスのハートのチャームの裏に”mine”と彫ってあった。




    「もうちょっとで卒業だから、ちゃんと卒業考査頑張れよ」



    そう言って私の頭をくしゃくしゃと撫でた先生は、顔が真っ赤になる私を見て満足そうにほほえんだ後、屋上を出ていった。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • VD2020【お題】
    • 後ろからギュッ

    私は去年のバレンタインに振られた。
    振られたのは去年だけど少し未練があるなぁ。
    そんなことを考えながら、幼なじみの豹と帰っていた。すると豹が
    「紅羽、今年のバレンタイン誰かにやんの?」と聞いてきた。
    「ううん。今年は誰にもあげないよ。」と答えるとニヤニヤしながら
    「お前振られたもんな」と馬鹿にされた。そんなことを話しながら帰ると家の前で
    「明日バレンタインだな」そう言って豹は帰った。
    次の日いつも通り帰ってると急に立ち止まって豹に
    「お前やっぱ元彼引きずってんの?」
    と言われ、私は
    「うん。多分」っと答えながら歩いた。すると豹が後ろからだきついてきて
    「もう忘れろよ」と言って、チョコをくれた。
    私はびっくりして振り返った。すると豹が笑いながら
    「逆バレンタイン、俺がずっとそばに居てやるよ」と言ってチョコをくれた。
    私は照れながら
    「約束だよ」
    と言ってチョコを受け取った。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

騙された男と騙した女 そして騙す男女達[完] (初姫 命/著)

番外編リクエスト募集中

  • おくれてすいませんんん><

    表紙、ですか...
    難しいなぁ(´・ω・`)

    そうゆーセンスが無いのでちょっと難しいです...ゴメンナサイ

    あとりりーたんの設定なんですけどやっぱり産まれたときから教会に預けられてたの方がいいです。

    度々変更すいません!

    眠り王子   2012/01/14 21:12

  • それでいいと思います!

    多分、…結構長くなると思います(´・ω・`)

    タイトルどうしましょう。
    私が考えたのは『rainbow world』とか。

    レインボーワールドで七つの世界を表してます。

    ……安直ですね///(恥)

    眠り王子   2011/12/19 19:11

  • と、いうか私的には簡単にいうと強く思いすぎると封印の容量をこえちゃって溢れてくるイメージです。

    ペットボトルん中に水入れて蓋しとくんだけどその水がいっぱいになって蓋をも越えてあふれちゃう感じ。

    ペットボトルが封印の容量で水がその能力。水の勢いが思い…てな感じですね!

    ……分かりにくいΣ(・ω・ )

    成長にも応じててちっさいうちは完全に封印出来てたのですが大きくなるに連れて封印も効かなくなってきます。それで双子の能力をもってもリリーの未来だけは見れなかったり心が読めなかったり…。

    てな感じです。

    なんかあと付け足しとかアイデアあったらお願いします(`・ω・´)

    眠り王子   2011/12/15 22:52

  • ですよねー...
    落ちない罠←

    実は王のバックにはなんか悪い奴がいてそいつが7つの世界を征服しようと企んでる。その征服を果たすには"無効化"の能力が必要で、それを知った姫は自ら逃亡する。だけど捕まっちゃって仕方ないから自分の意識と身体を引き離して意識を隠す。

    で、姫は世界を救う為にそれを自らの姉に託す。

    その姉ってゆーのがリリーで7つ石+リリーが姫のいるとことのドアを開ける鍵とか...

    で、リリーはその事実をのちのち知るんだけどそこで姫が悪い奴らに殺されて最後の決戦的な。

    で、リリーと姫は実は姉妹で姫は生まれてすぐに連れさらわれるんだけどリリーは母による能力の封印で"能力なし"ということで無事だったとか。

    眠り王子   2011/12/12 22:00

  • それもいいですね^^

    自然の力で操る剣…!!
    カッコいい!!

    てか双子ちゃんの見た目の想像が同じで笑っちゃいましたwww^^

    あと姫の能力が実はリリーと同じ無効化の能力とかどうですか?

    それとまだ落ちが決まってないですよね。

    最初っから考えていたほうが布線とかも貼りやすいので...

    どうしましょう(´-ω-`)

    眠り王子   2011/12/09 23:53