ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月28日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 屋上
    • 壁ドン

    「翔、急に屋上に連れてきて、どうしたの?」

    「お前、クラスの奴に頭触られてたろ。」

    「髪にゴミがついてて、片瀬くんがとってくれたの。」

    「…」

    翔が急に黙ったと思ったら、だんだんと迫ってきて壁に追いやられた。

    ードンッー

    「俺以外の男に勝手に触られてるんじゃねーよ。」

    これって、いわゆる壁ドンってやつ?

    「あれ、翔、耳真っ赤////」

    「こんな恥ずいことするの、お前限定だから////」

    恥ずかしいのか、翔は顔を反対側に背けた。
    でも、自分だけドキドキさせられっぱなしは嫌だから意地悪しちゃおう。

    「ねぇ、翔。」

    「なんだよ。」

    翔がこっちを向いた瞬間に

    ーチュッー

    「してやったり!フフッ!」

    私から翔の頬にキスしたんだ!やっぱり、耳真っ赤になってる!大成功ー!

    「美桜…」

    ーチュッー

    「頬じゃなくて口にするのがキスってもんだろ?」

    「バカッ////」

    開く閉じる

    • 先生
    • ハグ

    「初日はいかがでしたか?」
    「はい!結構うまくいきました!」
     
    ノリノリの彼女に日永が眼鏡を押し上げた。

    「……美友さん。ここに座って下さい」

    彼は座った美友にニコと微笑んだ。

    「水道が出しっぱなしだったようですか」
    「ごめんなさい!自動かと思って」
    「電気も同じ理由?」
    「はい……」

    日永は気にしないでと笑ったが、美友はションボリした。

    「そうか、私、失敗だらけだったんですね」

    この彼女を日永はふわと抱きしめた。

    「そんな事ないよ。君はよくやってる」
    「え」
    「背中に髪の毛が付いているから、取るね」
    「は、はい」
    「うん。いい子だ。じっとして……はい、取れた」

    長髪の美友は不思議顔だったが、日永は微笑んだ。

    「君は上出来だったよ。また明日」
    「……はい、頑張ります!」
    「いいんです、君はそのままで」

    こんな日永に送られて笑顔の美友は職員室を出たのだった。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 病院の駐車場

    両親をそれぞれ乗せたパトカーが病院の敷地を出ていく。

    隼人と二人でそれを見送る。

    そして、パトカーが視界から消えてすぐ。
    隼人が私を抱き締める。












    「愛してる」











    たった一言。

    たった一言だったのに……私の頬に涙が伝った。


    誰かの前で涙を見せたのは、初めてかも知れない。

    隼人は泣く私を更に強く強く抱き締める。






    「愛してる。…………愛してやる、俺がお前を一生愛してやる」





    私は堪えきれなくなって隼人を強く抱き締め返した。

    腕の間から、嗚咽が漏れる。





    ――愛してる





    私はきっとずっとその言葉を求めていたんだ。



    ずっと、誰かに愛されたかった。

    たった一人で良かった。
    たった一人で良いから、誰かに “愛してる” とただ抱擁して欲しかった。

    その温もりを求めていた。

    ただそれだけだったんだ。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

Rose of blood (雨宮 未亜/著)

  • このお話は思い出すたび何度も読んでます。
    内容も中に出てくる人物も全て覚えるぐらい読んでます。
    何度読んでも涙を流してしまう作品です。
    家族の大切さ、命の重みなど色々なことを見直せる作品でした。
    とても良い作品を本当にありがとうございます。
    今後の活動も頑張ってください。

    MOMOHIME   2019/04/19 22:18

  • 面白かったです!!凄く良かったです!!私この話好きです!

    瑠花がローズだったなんて最初本当にビックリしました!
    話の展開が私には想像できないもので、ワクワクして続きが気になってずっと読んじゃいました。なのでこんな時間にっ!!
    ずっと頭に残るような話でした!!

    今後の活動頑張ってください!心より応援しています!!!

    *ちかまろ*   2019/01/02 02:43

    コメント&読んで下さってありがとうございます★

    お返事が遅くなってしまいすみませんm(_ _)m

    一気に読んで頂けて嬉しいです!!それに時間も忘れて夢中になって頂けるなんて…(´•̥̥̥ω•̥̥̥`)♡

    ありがとうございます!今後も頑張ります!!

    作者からの返信 2019/02/14 05:06

  • 読みごたえがあり面白かったです。異世界へ帰ったと思っていたローズが地下にいたり、裏切り者で悪い奴と思っていたジェイドが本当はいい人だったりアマンダに妹がいたりと意外性もありました。カインがローズを庇って死んだのも私としては一番いい最後だと思っています。
    生きていて捕まり罪を償うのも一つの展開ですがカインは多分初めて愛した女性のために命を捨てる展開の方が盛り上がる感じがしました。
    セリアルとアイシャの関係もよかったです。
    アマンダにも誰かすてきな殿方が現れるといいですね。完結お疲れ様でした。胸キュンも切なさもある素晴らしい物語をありがとうございました。

    naoy   2018/09/10 07:47

    コメント&読んで下さってありがとうございます!!


    物語の展開を楽しんでいただけたようで嬉しいです(^ ^)


    他の作品も楽しんで頂けるように頑張ります☆

    作者からの返信 2018/09/18 03:16

  • 最高この一言につきます
    笑いあり涙ありこの作品を作ってくれてありがとうございます。
    書籍化されて欲しいです。

    りならん   2018/02/05 00:41

    りならんさん


    コメント&読んでくださってありがとうございます♪

    楽しんで読んで頂けた様で嬉しいです!!それに書籍化だなんて……ありがとうございます(/ _ ; )

    他の作品も楽しんで読んで頂ける様に頑張ります!!

    作者からの返信 2018/02/12 02:47

  • すごく感動しました!!


    シエルとローズの関係がすっごくよかったです!
    カインが死んだのが少し嫌でしたが、だからこそよけいに感動させる事が出来たんだな…と一人で考えてました笑

    これからも頑張ってください!

    しゅーか*   2016/11/19 20:30

    しゅーか*さん


    コメント&読んでくださってありがとうございます☆

    カインをどうするか最後まで悩みました(>_<)たまに他の道もあったんじゃないか……
    と考えることもありますが……(笑)

    これからも応援して頂ける様に頑張ります!!

    作者からの返信 2018/02/12 02:45