ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月12日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 入学式
    • 教室
    • 告白

    今日は高校の入学式。
    友達が出来るか不安だ・・・・。

    早速ぼっちになってしまったらどうしよう。

    まあでも、焦らずに。
    よく思い返してみたら私、中学生と小学生の時友達いなかったし。

    なんかよくわからないけど、私のあだ名『わくわくさん』だったし。

    まあどうでもいいけど。

    「ねぇ、俺と付き合ってよ」

    んだ?このイケメンめ。
    突然私の前に現れやがって。

    「は?って、お前誰?」

    「初対面の人間に向かって『お前』はないだろ?お前、誰に向かって口聞いてんだ?」

    コイツ馬鹿?
    ってかなんなの?

    「なんですか?私になにか用ですか?」

    「いや、特に。『友達になってくれねぇーかな?』って。いや、『友達が無理ならお前の彼氏にでもなってやろうかな?』って」

    彼氏?
    きも。

    「私に話しかけてくるな。どっか行け」

    「へーい・・・」

    言い過ぎたかな?
    まあどうでもいいけど。

    ってか服返せ。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 頭ぽんぽん

    「田代くん、おまたせ!」
    「ん、おう」

     私たちは付き合ってるわけではない。でも、偶然図書室で会ってからなぜか毎日こうして待ち合わせて一緒に帰っている。
     他にも何人か人はいるけど、私たちはちょうど本棚の陰になるところのイスによく座ってるからあまり気にならない。

    「じゃ、帰ろっか」
    「あー…待って」
    「え?」

     図書室を出ようとした私の手を、田代くんが遠慮がちにつかんで引き留める。
     少し骨ばった大きな手に、ちょっとだけドキンとした。

    「なぁ、俺、ちょっとは意識してもらえてたりする?」
    「へっ…」

    「…気になってもないやつと、毎日一緒に帰るなんてないだろ」

     そう言われ固まっていると、繋いでいた手がほどかれ、頭を撫でられる。

    「まずはこれだけ。これから俺のこと、好きになって」

     顔を真っ赤に染めて、それでも私の目を見つめながら彼はそう言った。

     …心臓の音が、うるさい。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 胸キュン

    「疲れた…」
    委員会の仕事がやっと終わり、靴箱に向かう。
    「あれ…修斗…?」
    疲れきった私の目には、靴箱にもたれ掛かっている同級生の姿が映る。
    「おー……」
    「どうしたの?こんな遅くまで」
    「……晴也待ってた」
    もごもごと話す。
    「晴也、今日休みじゃん」
    「あ、あーそうだっけ………?」
    修斗の目が泳ぐ。
    大丈夫だろうか。
    「…ついでに送ってってやるよ」
    「え、ありがと」
    偉そうだな~とは思うが、ツンデレなのだろうか。

    「あー、じゃあな」
    そう言って、修斗は私の家の前で手を振った。
    「うん、ありがと」
    「…ん」
    修斗は来た道を帰る。
    もしかして…
    「修斗!」
    「何」
    「もしかして家遠いのに、送ってくれた?」
    「…こ、この辺のコンビニに寄るついでだから。」
    なんと照れ屋なんだろう。
    「笑うなよ…」
    「だって笑」

    「悪いかよ」
    「好きな奴と待ってまで一緒にいたいと思うの」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

それでも私は生きている (遥 あずき/著)

被災地の方々にエールを送るために書いています。
私自身も精神的に不安定なまま書いているのでよくわからない箇所があるかもしれませんが、応援していただけると嬉しいです。

  • この書き込みは管理者により削除されました

    削除 # 野いちご
    2012/03/08 18:32

  • 私も気仙沼市出身です。三年前から
    私と母と姉は
    他県に引っ越していたので無事でしたが
    弟だけは
    気仙沼でそのまま一人暮らしをしていました。
    私は三年前から、山形県で生活してますが、山形県も震度5を観測し、すぐさま職場に行きました。職場でニュースを見ると、がちょうど押し寄せてくる瞬間で、涙が止まりませんでした。あたしたちが以前住んでいた家も職場も全て流されてしまい、弟が一人で暮らしていたアパートも流されて、大火災にも見舞われ、誰とも連絡つかず、生きた心地がしませんでした。
    何日かたって、数名と連絡とれ、弟も犬を連れて気小へ避難したようで無事で、漁師をやっていた親戚も無事で、安心しました。親友もみんな無事でした。
    一週間後、気仙沼に一度帰郷しましたが、声にならず、涙もでなかったことを今でも覚えています。忘れちゃいけない光景なんだって思ってます。一刻も早い復興を願ってます。

    mariXILE   2011/08/08 00:07

  • >>>野苺 ゆきさん

    初めまして、コメントいただき有り難うございます。そしてお返事が遅れてすみません…

    群馬県もかなり揺れたと聞きました。ゆきさんは大丈夫ですか?
    ホームに残されて不安で仕方がなかったと思います…。
    恐怖や不安はどこにいたって同じ…だからゆきさんが不幸だと思ったのも当然だって思います。
    ただ…不幸の次には幸せが必ずあるって私は信じています(^^)


    今、関東圏の皆様が節電…そして全世界の皆様が募金をしてくださっていると知ってこれ以上の幸せはないと思っています。
    私は今は宮城に戻ってきていますが、被災地でも自分ができる事から復興へ向けて歩き出しました。

    ゆきさんのようにできる事からする事も、私達は本当に助かります。有り難うございます。

    思い出したくない、そう思いながらもこうしてコメントを頂ける事で勇気を頂けます。
    私ができる精一杯をこの小説に込めます。

    ほんの少しでも現実を知っていただければ嬉しく思います。
    本当に有り難うございます。

    遥 あずき   2011/04/04 21:36

  • 私は群馬に住んでます。海なし県なので津波の恐ろしさなんて全然わかりませんでした。

    でも、これを読んで、恐ろしさがすごく伝わってきました。

    地震は、あんなに揺れたのは初めてです。
    死ぬんだって思いました!
    駅のホームでずっと座って家にも帰れなくて

    でも、一晩たって家に帰ってニュースみたら、自分が不幸だなんてバカみたいですよね

    募金と節電ばかり…もっと役立ちたいけれど、何をすればいいのかわからなくてもどかしいです。

    思い出すことさえ苦しいと思います。それでも、伝えて下さってありがとうございます!

    野苺 ゆき   2011/04/02 23:03

  • >>>蒼猫さん

    初めまして。お返事が遅れて申し訳ありません…

    関東にいたら津波…と言うより地震ともほぼ無関係に暮らしてますね。出身地では大きな地震に遇いましたが…今回のように命の危険を感じるなんてありませんでした。

    ありがとうございます…私も生きてこうしているのが奇跡だと思います。
    この作品を書きながら気分が悪くなったり体が震えたりはしますが、こうしてコメントを頂いて…勇気を頂いています。

    本当にありがとうございます。

    遥 あずき   2011/03/24 01:48