ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2018年07月20日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 告白

    「あー、なんでこんなもんやらないといけないのよー!」

    私は立花桃。只今、遅刻したので罰プリントをやらされてます。でもなんで

    「あんたがいるのよ!」
    「はぁ!?何でって言われても俺も遅刻したし。」

    私の幼なじみの桐谷直は見た目はカッコイイけど中身がお子ちゃまでちょっと問題児かな?
    そうゆう所も含めて私は直のことが好きなんだけどね。

    「おまえ全然終わってないじゃないか。」
    「誰のせいだと思ってるのよ!」
    「ちょっと貸してみろ。」

    私は大人しく罰プリントを渡して返ってきた罰プリントを見たら指名のところに

    『桐谷桃』

    「ちょ、何すんのよ!」
    「俺さ、お前のことが好きだ。信じられないかもしれないけど、俺と付き合ってほしい。」
    「私も…、私も直のことが大好きだよ!」

    これからもずっと一緒にいようね!

    開く閉じる

    • 同級生
    • 部活中
    • 告白

    よお!

    開く閉じる

    • 暴走族【お題】
    • 放課後
    • 屋上
    • 髪クシャ

    冷たい風が頬を撫で、目が覚めた。
    視線だけで辺りを見回すと、夕陽に染まった屋上のベンチに自分がいる事に気づく。
    どうやら昼食の後、少し寝ようと目を瞑ってそのまま放課後まで寝てしまっていたようだった。
    『うそっ…』
    「…やっと起きたか」
    ガバッと起き上がると、横から呆れたような声が聞こえた
    見れば、暴走族の総長をやっていると噂になっている人物が、隣に座ってこちらを見ている
    『あ、えっと…その…』
    焦って視線を彷徨わせていると、その人は困ったように笑った
    「あんま怯えた顔すんなよ、傷つくだろ?」
    『す、すみませ』
    「お前だと特にな」
    そう言って私の髪をくしゃりと撫で、立ち上がった彼を見上げる
    『それってどういう…』
    「家どこ。送ってやる」
    『え。そんな、いいですよ!』
    「この時間危ないからな。素直に甘えとけ」
    『…じ、じゃあ…』
    と彼と一緒に屋上を出た

    (さっきの…どういう意味だったんだろ)

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

最後の世界がきみの笑顔でありますように。 (涙鳴/著)

感想ありがとうございました!

1人1人にお返事できず申し訳ありません。
皆さんのメッセージは、全て読んでます!
いつも応援ありがとうございます( *´︶`*)

  • はじまして。
    いつだかわからないけど、何年も前にこの作品を読ませて頂きました。
    その時使っていたスマホから機種変して、ずっとこの作品を探していました。
    「失明」というキーワードだけを頼りだったので、時間がかかってしまいましたがようやく見つけることが出来ました。
    素敵な作品をありがとうございます。

    zui*   2018/04/16 22:59

  • 素敵な作品をありがとうございました。
    1日で読んだため、感情移入がすごくて、ラストのところで「なんで陽が死んじゃったの。死んじゃ嫌だ。嫌だよ。一人にしないで。」って心の中で叫びながら、大泣きしてました。
    ここまで感情移入した作品は初めてです。
    素敵な作品をありがとうございました。
    これからも応援しています。

    飛色@ひいろ   2018/03/24 00:32

  • 作品読ませていただきました。

    陽くんはいっつも幸のことを考えて、とっても優しくて…2人がすれ違ったときもお互いにお互いのことを考えて、本当に好きなんだなと思いました。陽くんが最後亡くなってしまったところは、号泣です(இωஇ。)゜。もう、文字が見えなくなりました笑

    毎回のように感想書かせてもらってます。1日にどんだけ涙鳴さんの作品読むんだ!?ってくらい読ませてもらってます笑 毎回感想書くと迷惑ですかね?笑

    これからも応援しています!

    夕奈.*✿   2018/02/16 23:44

  • 涙鳴さんが書いた「一番星のキミに恋するほどに切なくて。」の本も読んでいる時に涙が止まらな過ぎる程感動したのですが、今回の「最後の世界がきみの笑顔でありますように。」の本も読んでいる時に涙が止まらない程感動してしまいました。
    自分は彼女がいるのですが自分自身あまり感情を表に出すのが苦手なタイプでよく喧嘩をしてしまうのですけど、この本を読み終えたら幸や陽のような彼氏彼女の関係でもっと自分の感情を出していかないと勿体無いなという気持ちと憧れを感じました。
    自分も後悔がない人生を歩みたいととても感じました。
    これからももっと感動して涙が止まらなくなるような作品を書いていってください!
    応援しています!!

    ケヤキ   2018/01/20 04:00

  • 野いちごサイト版も文庫版も読みました。
    どちらの終わり方でもとても感動しました。
    登場人物一人一人のストーリーがしっかりあって、主人公だけでなく、ほかの登場人物にも感情移入してしまう物語でした!
    涙鳴さんの書いた小説が大好きなのでこれからも頑張ってください!!

    まちむすめ   2018/01/08 18:18