ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年09月20日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室

    「ふへへ…冬真くんカッコよすぎ!」

    こんなことされてみたい…!

    「おい、帰るぞ」

    「へっ…?あ、悠雅!うんっ!」

    バサッ

    あ、漫画落ちちゃった…!

    「これ、お前のでしょ?」

    私の漫画を拾いながらそう言う悠雅

    「うん、そーだけど…?」

    「これ読んで、ニヤついてたの?」

    …!?

    「べ、別にっ…!ニヤニヤなんてしてないし…!」

    「ふーん、どうだかね…この顔見てもそう思うわけ?」

    見せられたのは、私のだらしない顔だった

    「と、撮ったの… !?」

    「あぁ、やばかったから」

    くぅ…なんてやつだ

    「へー…こーゆーこと、されたいんだ?」

    「ち、ちがっ…!」

    慌ててその漫画を取り返そうとする

    「きゃっ…!?」

    悠雅がバランスを崩した私を支え、抱きしめる

    「ゆ、悠雅っ…?なに…して…」

    「じゃあ…俺としてみる?」

    「っ…」

    現実は漫画よりも甘い

    開く閉じる

    • 同級生
    • 登校中

    「あ…先輩来たっ…!」

    今日も先輩の後を追う日々

    いつも思うけどバレてない…よね?

    「カッコイイなぁ…」

    そう呟いてしまうほどの容姿

    全て計算されて作られたかのような顔のパーツの配置

    私が毎日駅からこっそりついて行ってしまうのも仕方ない

    「ねぇ、君さ…僕のこといつも付け回してるよね?」

    「はへっ…?ひ、ひひ柊先輩…!?」

    ぼーっとしていたら、いつの間にか私の前に先輩がいたみたいで…

    ば、バレた…!?どうしよう…!?

    「えっと…その…あの…」

    「なに、ストーカー?警察呼ぶよ?」

    「ち、違います…っ!決して怪しいものでは…!」

    …今の状況で怪しくないわけないよね

    「はぁ…ストーカーするんだったら学校でしてよ」

    「へっ…?そ、それって…っ!」

    「ほら、早く行くよ」

    「…っ!は、はいっ…!」

    追うだけじゃなく追われたい

    そんなこと思っちゃだめですか?

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 告白

    『何読んでるんだ?』
    『えっ⁉︎』
    ずっと恋してた雪君に話しかけられた。
    雪君が本好きだと聞いてから放課後本を読んでた。
    話しかけられると思わなくて顔が暑くなる。
    『見せてみろよ』
    そっと私から本を奪ってパラパラっとめくる。
    緊張とパニックで言葉が出ない。
    『俺も読んだよ。これ面白いんだよな』
    すると本を手渡されてジッと私を見つめてくる。
    するとメガネを外して私の目を見る。
    もう固まって動けない。
    そんなに見つめないで、
    恥ずかしくて下を向くと、
    『顔見せて欲しい』
    『…なんで?』
    『裸眼で見たいから』
    ゆっくり雪君を見るとメガネだけ置いて側から消えた。
    私が探すと急に後ろからギュッと抱き締められる。
    『彼氏居るのか?』
    『…居ない』
    『良ければ付き合ってくれないか?』
    急な言葉で胸の鼓動が高鳴る。
    うんっと言いたいけど言葉が出ない。
    『大丈夫ならメガネ拾ってよ』
    その告白卑怯だよ。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

最後の世界がきみの笑顔でありますように。 (涙鳴/著)

感想ありがとうございました!

1人1人にお返事できず申し訳ありません。
皆さんのメッセージは、全て読んでます!
いつも応援ありがとうございます( *´︶`*)

  • 終始、涙で画面が見えないくらい、泣いてしまいました。

    幸ちゃんが陽くんと結ばれてようやく、幸せになれたと思ったら、陽くんが死んじゃって…
    大切な人が死ぬなんて今の笑には想像出来ないけど、幸ちゃんみたいに前向きにはなれないと思います。。
    幸ちゃんと陽くんが幸せになって欲しかった…

    涙鳴さんの作品は毎回、買わせて頂いてます!
    なので、この作品も買おうと思います!

    u_kaʚɞ   2018/12/08 07:29

  • 作品を最後まで読ませて頂きました。

    今まで少しの不幸で落ち込んでいる自分が恥ずかしいです。
    身体が不自由な方がいても周りの人がどうにかしてくれるだろうと思って自分は何もせずにいましたが自ら動くようになりました。
    最後にまさか陽くんがあんなことになってしまいほんとに悲しいです。
    最愛の方がいなくなることはほんとになってみないと分からないです。
    だから私も今元気に過ごしてくれている人たちを大切にしていきます。

    この諸説は色んなことを学ばせてくれる本なので是非今悩みがある方に読んでいただきたいです。

    Sakuta   2018/10/26 07:03

  • 涙鳴さんの作品はいつも読ませてもらってます!!
    今回のは、予想外の結末にとても感動しました😭
    命って大切ということを改めて感じました。
    これからも頑張ってください。

    pink❤︎   2018/09/03 02:06

  • はじまして。
    いつだかわからないけど、何年も前にこの作品を読ませて頂きました。
    その時使っていたスマホから機種変して、ずっとこの作品を探していました。
    「失明」というキーワードだけを頼りだったので、時間がかかってしまいましたがようやく見つけることが出来ました。
    素敵な作品をありがとうございます。

    zui*   2018/04/16 22:59

  • 素敵な作品をありがとうございました。
    1日で読んだため、感情移入がすごくて、ラストのところで「なんで陽が死んじゃったの。死んじゃ嫌だ。嫌だよ。一人にしないで。」って心の中で叫びながら、大泣きしてました。
    ここまで感情移入した作品は初めてです。
    素敵な作品をありがとうございました。
    これからも応援しています。

    飛色@ひいろ   2018/03/24 00:32