ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月23日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ

    (ふん!絶対戻ってやんない!)

    「おい!待てよ!待てって!」

    追いかけてきたのは私の幼なじみの翔平

    「おまっ!ハァ、ハァ、録画撮れてなかったから家飛び出すとか…ハァ、ガキかよ!!!!」

    「うるっさいなぁ!常盤潤が出てるんだよ!?ねえ!あの人神だよ!?神とり忘れたって…ありえない!」

    「自分でやりゃよかっただろ!」

    「……とっとにかくックシュッ!」

    「ちょ、きったねえなー」

    そう言った翔平は来ていたコートを脱ぎ始めた。

    「あーあ!あちー!暑いし重いからやるよ」

    と言って私にコートを押し付ける。

    「え、」

    「あーあ!あちーからこんなん飲めねーわ。どうせもう冷えてんだろ。重いからやるよ」

    と言って、今度はポケットから缶のコンスープを取りだして渡してきた。

    「……あったかいよ。ばか」

    翔平は知らんぷりをする。

    「今日はおしるこの気分だった。」

    「文句言うな。」

    開く閉じる

    • 彼氏

    私と彼は今喧嘩中
    理由はほんの些細なこと
    そんなことで怒る私は本当に、馬鹿だと思う
    本当。短気な自分が大嫌い
    今も、家まで飛び出してきちゃって
    あーあ。バカだなぁ
    冷たい風が頬を撫でた
    寒…部屋着のまま来たからスマホしか持ってないや…
    自分の無計画さに嫌気がさした
    「帰って謝ろうかな…」
    ふとそんなことを呟いてみても
    やっぱりそんな気には、なれなくて
    どうしたものかと天を仰いだ
    「みさき!」
    後ろから、喧嘩したていた彼の声
    私は思わず振り向いた
    「ごめんなみさき。みさきの言う通りだよ、俺が間違ってた。だから帰ろ?」
    よく見ると、彼も部屋着のまま。
    走ってきたのか、少し息が上がっている。
    「ごめん優馬…わたしの方こそ間違えてたよ。短気な私でごめんね」
    すると彼は、優しく首をふった
    「全然。俺はそんなみさきだから好きになったんだよ。」
    私の胸が大きな音を立てた
    ほんと、大好きだよ。優馬。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 校舎裏
    • 後ろからギュッ

    「あ、雪が降ってきた……もうこんな季節か……」
    ほんとだ……そっか……もうすぐ先輩は卒業……しちゃうのか

    「鈴菜!」
    「え?」
    ふいに先輩に呼ばれたので私は後ろを振り向いた
    先輩はいない。
    あれ、どこいったんだろう……
    私は辺りをキョロキョロ見渡す。


    ギュッ


    すると何か後ろから暖かいものを感じた
    また後ろを振り向くと先輩が私にぎゅっと抱きついていた。

    「ど、どどどどうしたんですかせんぱぃ!」
    「え?どうって暖めてるんだよ。だってこんな雪なのに寒いでしょ?」
    ま、まぁ今違う意味で暖められましたけど……

    先輩の息が私の耳元にあたる

    「俺……鈴菜のこと好き俺と付き合ってくれない?」
    先輩からの告白は思いがけないものでした。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

失われた物語 −時の鍵− 《前編》【小説】 (アライ・エン/著)

お読み頂きありがとうございます
何でもよいですのでご感想頂ければ幸いです

  • 月城様、こんばんは!

     ご閲覧ご感想、本当にありがとうございます! この長くウザいものをお読みになっていただけるとは、恥ずかしいやら嬉しいやら悶えます(笑)

     曲、実は一応メロディがあるんです。あそこらはそれを歌いながら書いたっていうか(恥ずかしい)。あの曲とバンドの話に言及していただけるとはとっても嬉しいです。報われ感ハンパないです。エロシーンなしのストイックで友情萌えなエピソードなんで、もろ青春ですが、私結構あのエピソード好きなんですよね。あれがあって、後編(『時の扉』)の“ヤツ”の存在に厚みが出るっていうか、萌えられるっていうか(笑)。より多く深く悶えるためなら、どんなエピソードでも書いてやるっていう、飽くなきエロの追求のための禁欲シーン…禁欲プレイと言っても過言ではないです(←スゲー語った)。

     これも恥ずかしい話ですが、自分は詩を書くので、歌詞の形式で書いたものに、思わず曲を付けてしまうことがあって、ほとんど誰にも聴かせてない曲が3〜4曲くらいあります。ベタで且つパクリ疑惑で炎上ものの曲ばかりですし、歌もそんなに上手くないんで、家事しながら鼻歌です(笑)

     月城さんの、「彼が暗い淵に立つ度に、静寂な中に身を置いているような気持ちに…」という感想を見て、そこまで感じて読んで下さったことに物凄い感謝を感じます。それは私から言わせてもらえれば「酷い」のまったくの逆で、実際“僕”はその深淵をくぐるたびに、深い愛や自分の中の真実を垣間見れた、ということをずっと書いていたわけで、それは残酷なシーンではありますが、私が思う人生の最大の残酷さは、その平穏だとしてもその真実に触れ得ないことだという気がするからです。起きることは運命のように避けられな事だったりしますが、起きたことをどのように感じていくかということだけが、人が自由を許されている領分だと思ってます。その可能性を書きたかったといえばそういえるでしょうか。

     我が旦那がマキモのファンなので、後輩をついナヲさんのイメージで書いてしまいました。ワタシ的には『ぶっ生き返す!!』のナヲさんのパートが超好きです。先輩だけ突っ込んだエピソードを作らなかったんで、私も印象が薄いです。ごめん先輩。

     興奮して長々と書いてしまいました。喰種のYJ再開と2期のニュースに期待と不安が交錯している新井でした。
    ではまた〜♪

    アライ・エン   2014/10/13 00:03

  • 華香緒。さん

    感想頂きありがとうございます!

    下手くそな小説(小説にもなってないかも)をお読み頂き感謝です
    ファンタジー系…ネガティブファンタジーとでも言いましょうか…自覚がないです

    スピンオフだったはずなのに本編を下剋上されました。
    自分の人生の桎梏をこれに投影してます

    『更新がんばってください』に大変励まされます
    がんばります!
    最後までがんばります…

    アライ・エン   2011/03/02 22:57