ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年08月17日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • あなたの憧れEPコン
    • 放課後
    • 教室

    俺には彼女がいる。でもそれは本物の彼女じゃなくて…

    キーンコーンカーンコーン

    お?あれは…凛じゃねえか?てか…隣の男誰?なんだよ…楽しげに話しやがって

    「おい、凛。ちょっとこっちに来い」

    「え!?なになに急に、どこ行くの?隼人、手…痛いよ…」

    ドンッ!

    「今日放課後廊下で話してた男だれ?」

    「え?誰ってクラスの男子だよ?」

    「で?あんなに楽しそうに喋ってたわけ?」

    「うん。話が盛り上がっちゃってねってそれがどうしたの?」

    「まだわかんねぇのかよ…。お前鈍すぎ…。まぁそこも可愛いけど…」

    「うん?」

    「俺がヤキモチ焼いてるのわかんない?」

    「え…ても、隼人は私のこと好きじゃないんでしょ?この前言ってたし、それに偽彼氏なんて嫌々してると思ったから…」

    「そんな好きな女の前で堂々と好きって言えるかバカッ…。ムカついたから俺のこと好きになるまで帰さないからな」

    開く閉じる

    • あなたの憧れEPコン

    俺の好きな子はいつも一緒にいるグループのドジだけど笑顔が可愛い女の子

    俺たちは小さい頃からの幼なじみで!
    俺は昔から架乃のことが好きだった。

    でも架乃は大輝のことが好きなんだろな〜

    よく2人で話してるのを見るし、大輝は架乃のタイプにドンピシャだしな〜


    「はぁ...俺まじでど〜すりゃいいんだよ..」

    「壱馬どうしたの?」

    「架乃!?あ、いやなんもね〜よ」

    「本当?なにかあったらいつでも話聞くからね!」

    はぁ〜まじで架乃可愛すぎだろ!

    「お、おう/////」

    「そ〜だぁ!壱馬!一緒にアイス食べいかない?」

    「行く」

    「やったぁ!」

    「 まじで架乃を誰にも渡したくね〜」

    「壱馬何か言った?」

    「なんにも」

    「そっか!じゃあ、早く行こぉ〜!」

    「おう!」


    覚悟しろよ........架乃

    絶対に俺に惚れさせるからな

    開く閉じる

    • あなたの憧れEPコン
    • 放課後
    • 校門
    • 後ろからギュッ

    「明奈ちゃん、この後暇?」
    「この後はちょっと…」
    「少しくらい良いじゃん?ね?」
    「ちょ…!?」
    先輩に腕を引かれそうになった時。
    「…明奈、お待たせ」
    「…薫君!?」
    後ろからギュッと抱き締められた。
    「ごめんね、遅くなって」
    「うんうん、大丈夫だけど…」
    頭をポンポンと撫でる薫君。
    「…ていうことで、俺の明奈に近づかないでもらえますか、先輩」
    先輩は悔しそうに行ってしまった。
    「…あ、ありがとう」
    「俺の方こそ遅くなってごめん。何もされなかった?」
    「うん、大丈夫だよ」
    「そっか。明奈は可愛いから本当に困るよ」
    「…なっ、何言ってるの!?あたし可愛くなんて…」
    薫君はチュッとキスをした。
    周りがざわついたのが分かり慌てるあたしをよそにニコニコしている薫君。
    「…これで俺のだって少しは証明出来たかな」
    彼は頬にもチュッとキスをした。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

失われた物語 −時の鍵− 《前編》【小説】 (アライ・エン/著)

お読み頂きありがとうございます
何でもよいですのでご感想頂ければ幸いです

  • 月城様、こんばんは!

     ご閲覧ご感想、本当にありがとうございます! この長くウザいものをお読みになっていただけるとは、恥ずかしいやら嬉しいやら悶えます(笑)

     曲、実は一応メロディがあるんです。あそこらはそれを歌いながら書いたっていうか(恥ずかしい)。あの曲とバンドの話に言及していただけるとはとっても嬉しいです。報われ感ハンパないです。エロシーンなしのストイックで友情萌えなエピソードなんで、もろ青春ですが、私結構あのエピソード好きなんですよね。あれがあって、後編(『時の扉』)の“ヤツ”の存在に厚みが出るっていうか、萌えられるっていうか(笑)。より多く深く悶えるためなら、どんなエピソードでも書いてやるっていう、飽くなきエロの追求のための禁欲シーン…禁欲プレイと言っても過言ではないです(←スゲー語った)。

     これも恥ずかしい話ですが、自分は詩を書くので、歌詞の形式で書いたものに、思わず曲を付けてしまうことがあって、ほとんど誰にも聴かせてない曲が3〜4曲くらいあります。ベタで且つパクリ疑惑で炎上ものの曲ばかりですし、歌もそんなに上手くないんで、家事しながら鼻歌です(笑)

     月城さんの、「彼が暗い淵に立つ度に、静寂な中に身を置いているような気持ちに…」という感想を見て、そこまで感じて読んで下さったことに物凄い感謝を感じます。それは私から言わせてもらえれば「酷い」のまったくの逆で、実際“僕”はその深淵をくぐるたびに、深い愛や自分の中の真実を垣間見れた、ということをずっと書いていたわけで、それは残酷なシーンではありますが、私が思う人生の最大の残酷さは、その平穏だとしてもその真実に触れ得ないことだという気がするからです。起きることは運命のように避けられな事だったりしますが、起きたことをどのように感じていくかということだけが、人が自由を許されている領分だと思ってます。その可能性を書きたかったといえばそういえるでしょうか。

     我が旦那がマキモのファンなので、後輩をついナヲさんのイメージで書いてしまいました。ワタシ的には『ぶっ生き返す!!』のナヲさんのパートが超好きです。先輩だけ突っ込んだエピソードを作らなかったんで、私も印象が薄いです。ごめん先輩。

     興奮して長々と書いてしまいました。喰種のYJ再開と2期のニュースに期待と不安が交錯している新井でした。
    ではまた〜♪

    アライ・エン   2014/10/13 00:03

  • アライ様こんばんは。
    今回はこちらにお邪魔させて頂きます。

    歌が聴けないことが凄く残念でなりません。
    メンバーそれぞれに苦悩があって、這い上がりきれていない中で、祈るように乞うように魂からの叫びを響かせたその曲を、聴きたいという欲求に駈られております。
    全く違うものだと分かっておりますが、喰種のあの曲と少し重ねて欲求を解消させてみようと思います。

    少しずつ読ませて頂いている間、妙に私の心が落ち着いていくのを感じておりました。
    おかしなことですが、彼が暗い淵に立つ度に、静寂な中に身を置いているような気持ちになっていたのです。酷い奴ですね、私は(笑)

    しかし、バンド仲間との触れ合いシーンは、とても楽しかったです。みんないいキャラしてました(すみません、私の中で先輩が少し印象が薄いですが)ナヲさんがまたいいデスネ! 大好きです。

    まだ続きがあるということで、次はそちらを読ませて頂きます。
    何かおかしな感想ですみません。

    以上、喰種が早速の再放送で浮かれている月城でした。
    失礼しました(*^^*ゞ

    月銀 るい。(退会)
    2014/10/10 02:07

  • 華香緒。さん

    感想頂きありがとうございます!

    下手くそな小説(小説にもなってないかも)をお読み頂き感謝です
    ファンタジー系…ネガティブファンタジーとでも言いましょうか…自覚がないです

    スピンオフだったはずなのに本編を下剋上されました。
    自分の人生の桎梏をこれに投影してます

    『更新がんばってください』に大変励まされます
    がんばります!
    最後までがんばります…

    アライ・エン   2011/03/02 22:57

  • こんにちは♪

    BBSでお見かけして、作品を読ましていただくと、
    「うわぁ♥ファンタジー系だぁ♥」みたいな…。

    これからもチョクチョク来ますので、更新がんばってください★ミ

    数奇亭 福(退会)
    2011/02/27 11:07