ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年11月15日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 先生
    • 放課後
    • 校舎裏
    • 告白

    「片桐、こんなところに呼び出して何の用だ?」
    「はい、告白と言えば校舎裏だと思いまして、ということで好きです! 付き合ってください!」
    「片桐、気持ちは嬉しい。お前は良い生徒だし、人気者だし」
    「じゃ、じゃあ付き合って・・・・・・」
    「だが断る!」
     俺は片桐の言葉を遮った。
    「な、何で!?」
    「何でって、俺は教師だからだ! 付き合えるわけなかろう!」
    「えー、先生思考が古いですよー、バレなきゃいいんです!」
     片桐はドヤ顔でそう言った。
    「言い訳がないだろう? 俺は生徒と付き合う気はない。分かったら早く帰りなさい」
    「むぅーー、先生のイケズ! 明日も告白に来てやるーー」
     片桐は口をぷぅっと膨らませて走っていった。
    「おい、明日は土曜日だろ・・・・・・まったく、何で俺なんかを」
     片桐は可愛い、もし自分が教師でなければ・・・・・・そんな考えが浮かんだが俺はすぐにそれを振り払った。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 部活中
    • 告白

    最後に聞こえた音は、強烈な痛みを伴った。

    「……?」

    目が覚めると、視界がボンヤリした。

    「梢ちゃん」

    優しい声がした方を見やると。

    「大丈夫?」

    頬に温かい感触がした。

    「佐伯、センパイ?」

    なんで先輩が?

    びっくりして、急速に意識が覚醒する。

    「俺のこと分かるんだね? 良かった……」

    安堵したような表情で、ため息を吐く先輩。

    「あ……私、ボールがぶつかったんですね?」

    サッカーの練習をしている先輩を見ていたら、こっちにボールが飛んできて……とっさに頭を下げたら、それが良くなかったようで。

    「あああ……すみません」

    恥ずかしくなって、両手で顔を隠す。

    「すごく心配した」

    顔から手を外され、そのまま握りしめられる。

    「せ、せんぱい?」
    「あのさ。目が離せないから、俺の彼女になって」

    先輩の言葉に、息を呑む。

    「好きだよ」

    うなずくと、唇が重なった。

    開く閉じる

    • 同級生

    俺は、花菜(かな)と付き合っている。

    俺は、花菜がいないと、生きていけないくらい惚れている。

    世の中では、これをべた惚れというらしい。

    俺の中では普通だけど。

    俺は、花菜とクラスが離れているのでさみしい。

    でも、帰るときはいつも二人っきりで帰っている。

    そのときに、俺は花菜に『好きだ。』と伝える。そういうと、花菜は顔を真っ赤にして『私のほうが大好きだもん。』という。

    俺はいつもこれを聞くと、この可愛い花菜のために生きているだなと思う。

    これからも俺の隣にいてくれよな。花菜。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

月の恋人 (東雲 葵/著)

ご訪問、ありがとうございます。
拙い、小さな作品ですが
何かコメントをいただけたら嬉しいです。

  • 金兎さま。

    はじめまして。(*^_^*)
    お読みいただいてるばかりでなく、丁寧な感想まで残してくださって本当にありがとうございます!嬉しいです〜。お返事が遅くなり失礼しました。

    真夜中の庭、陽菜と一緒に月夜の魔法にかかってくださったんですね。そんな金兎さんが素敵です。月の光って粒子の細かい砂のようにサラサラ、と降り注ぐイメージで。翔くんのわだかまりや陽菜の緊張を解きほぐすのに一役買ってくれたみたい、です。

    さて、物語はここから影の主役:涼が加わって三角関係が深まって行きますσ(^_^;)。金兎さんのお好みに合うかわかりませんが、のんびりお付き合いいただければ幸いです。

    この作品ではじめて小説というものを書いてみたので、文章や構成はほんとうに探り探りで書いていたのですがσ(^_^;)お褒めいただき恐縮です。

    心踊る感想、ありがとうございました!

    東雲 葵   2013/06/10 22:31

  • 初めまして!金兎(きんうさ)と申します。

    只今100ページ辺りをのろりのろりと読ませていただいているのですが、80ページ辺りの和解?仲直り?とにもかくにも、あの場面でどうにも心踊ってしまいましたもので、こうして書き込みをさせていただきました。

    心の中でしこりのようにあった疑問が、ほろりと自然に溶けていくような……
    そんな文章、構成、とても素敵で是非見習いたいと思った次第です。

    このあとも、スローペースではありますが読ませていただいて。次こそは物語全体の感想が書けたらな、と思います。

    それでは失礼致します!

    干支猫   2013/06/06 13:23

  • 音楽が、好きなんです。
    だから、自分自身は楽器も出来ないし、ただ鑑賞することを愉しんでいるだけなのですが。それでも、そう言ってくださってとても嬉しいです。

    読み返してみたら、すんごい長くて驚きました←自分
    来真さん、最後まで読んでくださって、ほんとにありがとうございました☆

    東雲 葵   2013/01/18 10:00

  • すみません、何回書いても不適切な表現が…と弾かれてしまうので、(涙)続きを簡単に。分けて書かせてくださいね。

    、、一体、私のコメントの、何がいけないんだ!(笑)

    東雲 葵   2013/01/18 09:56

  • 市流 来真さま☆

    来真さん、おはようございます♪
    って、、、

    えええええーーー?!Σ(゚д゚lll)
    いつの間にーーーーっ!?!?
    この長い物語を、、いつの間に読んでくださってたのですかっ?!((((;゚Д゚)))))
    沢山の時間を割いて三人に付き合ってくださって、ありがとうございました。しかもあんな温かい視線に満ちたレビューまで…うえええん。←泣くなよ(女)

    思春期の、特に男子って良いですよねぇ。少年。一途で、真っ直ぐで、透明で、、涙なんかすごく綺麗な気がします、、泣かせたいっ!(笑)

    涼派ですかっ!!
    ありがとうございます!私も涼派です(笑)だからこんな展開になってしまったのかしら…涼が可愛くて可愛くて、つい熱量の(翔との)差が出てしまいました。
    来真さんがおっしゃる通り、涼が見せる痛いほど深い愛ったらもう切なくて。…涼への愛は見せ場の多さに表れております。(笑)許せ、翔くん。

    音楽について。
    わ、ありがとうございます!そう言っていただけて、とても嬉しいです。(*^_^*)
    が、、、すみません…すげー… シ 、ロウ トです…(小さくなる声)
    ピアノは小学生までで早々にやめてしまいましたし、バンド活動もしたことないんです。ただ、付け焼き刃でないと感じていただけたなら、それは…ただ純粋に音楽が好きなのと、環境のせいでしょうかね。

    東雲 葵   2013/01/18 09:41