ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月15日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • クリスマス4【お題】

    裏庭のクリスマスツリーを見に来ている人は誰もいなかった。いるのは、先輩と私だけ。先輩は、すげーな、と口を開けたままツリーを見上げていた。幼さの残るその顔もやっぱり好きだ。

    しばらく見ていると手が冷えてきた。手袋も持たずに外に出たのだから当たり前である。冷えた手に息を吹きかける。そんなに温まらないが、やらずにはいられない。

    「手、寒いの?」
    そんな私に気づいた先輩が、顔を寄せて聞いてきた。こくりと頷けば、幼かったその顔は一転、意地悪な笑顔に変わる。
    「じゃあ、俺があっためてやろっか」
    ぐいっと私の手を引っ張って、先輩が言った。それはつまり…手を繋…

    「なーんてな」

    私の考えを見透かしたように、先輩はパッと手を離した。重力に従って落ちた私の手には、いつのまにか手袋が握らされている。
    「それ、俺からのクリスマスプレゼント」
    そう言った先輩の顔は、青い照明の中で、なぜか少し赤く見えた。

    開く閉じる

    • 彼氏
    • クリスマス4【お題】
    • 中庭
    • やきもち

    「早く! 置いてくよーっ!」

    「おい、走んなって」

     カップルがそんな会話を交わしながら、私の背後を通り過ぎていく。

     今日はクリスマス・イブ。彼らと同じように、私も彼氏とデートに出かける予定だ。

     しかし、肝心の彼は現在、先生に呼び出され中。来るまでツリーでも眺めているとしよう。

     毎年思うけど、溜息が出るほど綺麗。てっぺんの飾りが野いちごなのも、この学園らしくてステキ。

    「だーれだ」

     両目を手で隠され、大好きな声が耳に響く。思わずニヤける。

    「ごめんな、お待たせ」

     「寒かったろ」と心配してくれる彼に、ツリーの魅力を伝えた。待ってるのは全然苦じゃなかった、と。

    「……ふーん」

     彼の様子がおかしい。

    「もうちょっと寂しがってるかと思ってた」

     身につけていたマフラーを、私の首に巻きつける。

    「ツリーに感動してるのすげえ可愛いけど、今日は俺のことだけ見て?」

    開く閉じる

    • 同級生
    • クリスマス4【お題】
    • 教室
    • 告白

    学校がつまらない。
    そんな事を考えるようになった四月のある日、私の天敵はまた現れる・・・・。

    「やあ、今日はクリスマスだね?」

    「頭沸いてんの?まだ四月だよ。ってかまだえあら部3回目の投稿だよ?」

    「まあ堅苦しいことはいいじゃん。なんかクリスマスイベントやってるし」

    「確かに。まあどうでもいいけど」

    私はそう言ってため息を吐いた。

    ってかコイツって誰?
    なんでいつも私に話しかけてくるの?

    そんな事を思っていたら向こうから私の疑問を問い合掛けてきた。

    「そういやお前、名前なんて言うの?」

    「教えない」

    「押江内さん?」

    「は?」

    「そっか、押江内さんって言うんだ。よろしくね。早速だけど俺の彼女になってよ!」

    「ちょ、押江内じゃない!私は」

    「ゆかりちゃん?」

    「ちげえよ誰だよ」

    「押江内ゆかりちゃんね!よろしく!」

    「違う!ってかクリスマス関係なくね?」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

あの雨の日、きみの想いに涙した。 (永良サチ/著)

*感想お願いします*

  • 感想失礼します。
    最近疲れたな〜、永良さんの作品読みたいな〜
    と思いゴソゴソ漁ってこの作品を読みました。
    青木さんはわたしの1番近くにいてくれた人にそっくりでした。
    わたしの性格を誰よりも分かってくれて、つらいなーって思っている時は真っ先に気付いてくれるような人です。
    ですがあることが原因でわたしから手を離してしまったのです。とても後悔しています。
    だからこそ、今度は自分が青木さんのような強い人間になりたいと改めて思いました( ´ω` )
    永良さんは本当に人の成長を綴るのがお上手だと思います。(羨望の眼差し)
    すべての情景が頭に浮かび、感情が入り、とても涙が出ました。

    これからもあなた様の作品を読ませていただきます。それでは(*´ω`*)

    みったさん   2019/11/30 14:54

    みったさんさま

    こちらの作品も読んでくださって、とっても嬉しいです!
    そして疲れたな…と感じた時に私の作品を読みたいと思ってくださるなんて……涙。
    私も最近バタバタとしていて疲れがたまっていたのですが、素敵な感想のおかげで疲れがふっ飛びました^-^

    由希がとても不安定な男の子だったので、夏月は私にとっても安心できる存在でした。
    私自身も過去に後悔してることや、それによって疎遠になってしまった人もいます。
    私の作品を読んで夏月みたいな強い人になりたいと思ってくださり、本当に嬉しいです…。そうやって思えるということは、みったさんさんは優しくて、人を思いやれる素敵な人なのでしょうね^^

    羨望の眼差しなんて…恐れ多いです!
    まだまだ勉強していかなくてはいけない部分がたくさんありますが、私なりにこれからも読者の方に寄り添える作品を書いていけたらと思います。

    改めまして、本作をお読みいただきまして本当にありがとうございました!

    作者からの返信 2019/12/01 19:47

  • 読んでる間、人の心は強くないんだなということがよくわかりました。青木さんみたいに寄り添ってくれる人がいたら、きっと素直になれるだろうなと思いました。
    青木さんが由希さんにいった、あなたのヒーローになれるよって言う台詞がかっこよくて、私も大切な人のヒーローになれたらいいなぁなんて思っちゃいました。
    またまた素晴らしい作品ありがとうございます。

    菊光   2019/07/19 20:13

    菊光さま

    わーこちらの作品もお読みいただきまして本当に嬉しいですっ…!!そして夏月のセリフまで……(T0T)

    男の子が主人公の物語は数多くありますが、由希は私にとって今でも特別です。見ていられないくらい不安定なところもありましたが、夏月と出逢い変わっていく由希を書けて本当によかったと思ってます。

    少し古い作品だったので、読みづらい箇所があったかもしれませんが、最後までお読みいただいて本当にありがとうございました^^

    作者からの返信 2019/07/20 01:51

  • aaa_k18様

    感想ありがとうございます!この作品は数年前に書いたものなので文章が荒く誤字脱字などの修正もしてないので読みづらい箇所が多々あったと思いますが、そう言っていただけて大変嬉しいですっ!!

    由希は今でも私の中で大切なキャラクターで、私も書いてる時は同じ気持ちになり苦しかった記憶があります。徐々に過去の作品を修正し少しでも埋もれてる作品に光を……と考えたりしてるのですがなかなか時間がなくて(;´∀`)

    久しぶりに「偽りの青」の感想がいただけて本当にうれしかったです~!また目に止めていただけるような話をかけたらと思うのでよろしくお願いします☆!

    永良サチ   2016/09/25 15:46

  • 苦しかった
    読んでいる間すごくすごく苦しかった
    だけどそれと同時に
    変われた由希と
    人を変えられる青木さんが羨ましいと思った

    すごくすごく素敵な話だと思った
    とても心に響いた

    サチさん素敵な作品をありがとう

    AYu .   2016/09/25 11:32

  • ☆ゆりたろす様☆

    感想気付くのが遅くなってしまい大変申し訳ありませんでした、、、。この作品は随分前に書いたものなので、今こうして感想いただけて嬉しいですっ!!ありがとうございます!

    多分、修正出来ていないので誤字脱字が多々あったと思います。読みづらくはなかったでしょうか?(汗

    【偽りの青】は私自身も思い入れが強く、とても大切な作品です。現在小説活動は休止気味なのですが、また感想をいただけるような作品を書き上げたいです!

    ゆりたろす様、改めてありがとうございましたっ!

    永良サチ   2015/08/28 21:34