ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月17日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • VD2020【お題】
    • 教室
    • 告白

    ―どんなお菓子でも俺は嬉しいよ!



    今日はバレンタイン。
    お菓子作り苦手だけど、頑張ってチョコブラウニーを作った
    浅見君はモテるから、美味しいお菓子沢山貰ってるんだろうな…
    こんなお菓子食べてくれるかな…どうしよ…

    「遙日!」
    「!浅見君」
    「遙日は誰かにチョコあげた?」
    「あ、あげたい人がいて作ってはいたんだけど…私お菓子作り下手で、みんな凄く美味しいの作ってて…私のなんか貰ってもその人嬉しくないと思うから…」
    「あげたい人いるのか〜ちなみにどんなお菓子でも俺は嬉しいよ!」
    「え?」
    「俺がそのチョコ貰いたかったな〜なんちゃって」
    「私があげたい人は…」
    「ん?」
    「浅見君、だよ」
    「え!?ほんとに!?今すぐ食べるからちょうだい!」
    「あ、味は保証しないよ?」
    「味とか見た目よりも気持ちの方が大切だろ?」
    「!」
    「んー!うま!美味しいよ!遙日!勇気出してくれてありがとな!」

    開く閉じる

    • 後輩
    • VD2020【お題】
    • 告白

    「先輩、一緒に帰りませんか?」
    部活後、声をかけられた
    私は断る理由もなかったので一緒に帰ることに
    他愛のない会話をして歩いていると、唐突に質問された
    「何の日か知ってます?」
    「バレンタインでしょ?」
    「正解!で、僕の分は?」
    「部活でマネージャーからで渡したでしょ?」
    「個人宛はないんですか?」
    頬を膨らませる姿が、なんだか可愛くて私はつい微笑む
    彼は気に入らなかったのか、私を睨む
    「それにしても義理チョコとか友チョコとか女の子は大変だよ…」
    彼が急に立ち止まる
    「海外では男性から女性に渡すらしいですよ」
    彼はバックから小包を取り出した
    「実は、先輩に用意してたんですよ…」
    「先輩が好きです!付き合ってください」
    真剣な眼差しに、鼓動が早くなる
    「…よろこんで」
    私がそう言うと、抱きしめられる
    「…勇気必要だったんですよ?お返し期待してますね…」
    私は答えるように、抱きしめ返した

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • VD2020【お題】
    • マフラーしまい髪

    「何やってんだよ。美友」
    「寒くて……疾風君は寒くないの?」
    「俺は平気!」

    朝の二人は学校まで歩いていた。


    「あ。そうだ。ハッピーバレンタイン!」
    「お?くれるの?」
    「いつもお世話になっているから」

    そこには手編みのマフラーがあった。
    彼は幼馴染みの彼女が大好きだが、今は最高のBFの位置で満足していた。

    「すげ?これってさ。俺にしか作ってないんだろう」
    「お爺ちゃんとお揃いだよ」
    「爺と?しゃーねーな……」

    彼はふわと彼女の首にこれを巻いた。

    「いいの?」
    「ああ、今だけお前がしてろ。俺さ、この髪がふわってしてるの好きなんだ」

    彼は髪をそっと触った。

    「でも、美友は疾風君に巻いて欲しいな」
    「帰りは一緒に巻くか」
    「それには短いよ」
    「くっつけばいいじゃん」
    「そうだ!おんぶすればいいかも?」
    「お前、頭がいいな?」

    そんな二人は今朝も元気よく登校するのだった。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

思い悩んでいるキミ達へ (HaL(ハル)/著)

拙い文章を読んでいただきありがとうございます。
何か一言でも感想をいただけたら嬉しいです、
よろしくお願いします!

  • 紡戯詩羽さま、

    返信無用との事ですが書かせていただきます、

    批判でも構わないと書いたのは嘘ではありません、

    僕もいろんな意見があっていいと思ってます、

    ただあまりに突然の事だったので驚いてしまっただけです、

    その辺は謝ります!

    これまでのやり取りで詩羽様がどれだけお優しい方なのかもわかりました、

    決して批判しているわけではないんですよね、

    この作品は表紙に書いてある通り、

    ある少女が自らの命を絶ってしまった事をきっかけに、

    その時の素直な気持ちを書きました、

    先程どこか治せるところは無いかと見直したのですが、

    今の僕のスキルではどこを治したらいいか分かりません、

    ですが皆さんに元気を与えられていることも確かなようです、

    なのでもう少しこのままでいさせてください!

    HaL(ハル)   2014/05/14 11:48

  • 紡戯詩羽さま、

    僕自身子供のころからの病気が原因で仕事が見つからず、

    面接に行っても病気の事を話すとその時点で打ち切られてしまい、

    まともに面接さえしてもらえない状態です、

    だったら病気の事を隠していればいいとお思いでしょうが、

    前の会社で立て続けに発作が出てしまい、

    どうして病気の事を隠してたんだという事になりやめるはめになったのと、

    今の主治医は平日しか見てもらえないため、

    どうしても病気の事は隠しておくことが出来ないため、

    仕方なく正直に話すのですが、

    先日も倒れる事は無いと言っているにもかかわらず、

    急に倒れられたら困ると言われ途中で帰されました、

    今でも仕事が見つかりません!

    こういう事情から僕も皆さんの気持ちも少しは分かるつもりです、

    別に安易にこの作品を書いたわけではありません

    もちろんいろんな意見があっていいと思いますが、

    皆さん元気が出たなどと言ってくださいます、

    それのどこがいけないのでしょうか?

    HaL(ハル)   2014/05/14 00:37

  • 夏様、

    思いとどまってくれてありがとうございます、

    いつか夏さんに光がさすことを祈ってます!

    HaL(ハル)   2014/05/13 23:35

  • スイカ姫様、

    読んで頂いてありがとうございます!

    人生諦めずにいればきっと良い事ありますよ!

    頑張って!!

    でも頑張り過ぎは禁物ですよ!

    HaL(ハル)   2014/05/13 23:32

  • この話を読んでもう少し頑張って生きてみようと思いました。
    辛いこととかがあって死にたいって思ってたけど、この先いい事があるなら頑張ってみます。
    本当にありがとうございました

    スイカ姫   2014/05/13 22:28