感想ノート

こんなヤツいねぇよ…なんて言われるんやろうな…

  • 再び失礼します。

    男と女の発想が違って当たり前ってその通りですね。もっと言えば、自分と他人の発想が違って当たり前なんです。だって同じ人ではないんですから。
    似た発想があったとしてもそれは完全に同じではないんですよ。

    だからこそ、このような企画はとても勉強になります。
    書きたいもの書いてなんぼの世界ですから。
    そこに今回読ませて頂いた男性が書く男性というものを活かせればと思うわけです。

    最後に同じ地方として、方言というものがまた作品に親しみを覚える一つの要因になったようです。話し方は少し違いますけどね。

    碧海璃桜   2010/04/09 12:57

  • >碧海さん
    まぁ…俺が思うに男と女の発想って違って当たり前と思うんよね。

    第一、俺は恋に恋する少女の女心は絶対に解らん。

    だから自分に一番解る形…不器用ながら自分の価値観を信じて…時には不安と戦い…そんな姿に誰かが手を差し伸べる事で新しい世界が見える…みたいなヤツを書いてみたかった。

    女性作家の方達もみんなそうでしょう?

    同じように恋愛書いても…他人の恋愛羨んでも自分で消化出来んモノ書いてもしょうがないしね。

    すし太郎   2010/04/05 21:36

  • >桜井さん
    ウケた?…ってやっぱり映像化不可能でしょう。

    基本的に心の中の闇の部分ですから…

    >花穏さん
    そのまま追加するのは、芸が無いと思ってタイトルの意味が伝わるように…って事でああなりました。

    すし太郎   2010/04/05 21:24

  • こんにちは。
    会では途中辞退という形をとってしまい、申し訳ありませんでした。遅らばせながら作品拝読させて頂きました。

    まず、このような暑苦しい話大好きです!!
    何かに向かって頑張っている姿勢というものは、心を揺さ振られますよね。

    浩二の視界にありえないはずのタイムでタスキを繋ごうと走ってくる裕太が見えた時、団地のおっちゃんたちの沿道からの応援が聞こえた時。
    携帯小説ではほとんど起こらない現象なのですが、涙腺が緩んでしまったんですよね。不覚にも作品途中で感動を覚えました。
    見せ場はラストだと分かっていたはずなのに……です。

    躍動感溢れる描写と、男性であるからこそ書けたのであろうと思われる心情と、新鮮で面白く読ませて頂きました。
    本当に有難うございました。

    碧海璃桜   2010/04/05 12:59

  • 追加されたラスト1ページ

    凄く生き生きした作品になってますね。

    花穏   2010/03/14 15:44

感想ノートに書き込むためには
会員登録及びログインが必要です。

pagetop