ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月21日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • バレンタイン

    「用務員のお兄さんだけど、これ見て」
    「落とし物?」

    美友と彼は赤包を見て、持主を探した。

    「大好きな●●さんへ 桜田美友よりって、私の名だ?」

    汚れた宛名を読んでいると、声がした。

    「何やってんだよ」
    「いかがしました?」
    「ねえ、調子どう?」

    三人男の前で彼女は首を傾げていた時、放送が流れた。

    『エアラブ放送局です!美友さん!僕、チョコ待ってます!』

    「は?」
    「公私混同とはこの事ですね」
    「やるな?」
    「おい。お兄さんもまだだぞ」

    「ふわ?眠い……何してんの」

    生徒会の先輩まで現れた校庭隅で、男子達が騒ぎ出した時、頭上から声がした。

    「おーい。貴様ら。それワシの!返せ」

    「理事長爺さんか」

    これを知った五人は勝手に食べてしまった。

    「あの皆さん……お味は?」

    最高!の言葉に彼女は恥ずかしそうにうなづいた。
    うらら学園のバレンタインはこうして甘く幕を閉じた。

    開く閉じる

    • 羽生君
    • VD2020【お題】
    • スケートリンク
    • 愛の儀式

    羽生君は踊る。
    moonと一緒に、黒いタキシードで…
    羽生君は舞う。
    sunと一緒に、白いタキシードで…


    「嗚呼、羽生君」
    ご結婚おめでとうと私は夢想した。

    開く閉じる

    • 同級生
    • VD2020【お題】

    待ちに待ったバレンタインデー。何度も練習してから作ったマカロンは、友達にも好評だった。
    放課後。私は下駄箱で立ち尽くしていた。鞄の中に一つだけ、残ったマカロン。
    これを田中くんの靴箱に入れるか入れないか、それが問題。
    「ああ~どうしよ…」
    直接渡す度胸がなくて、下駄箱に入れるなんて卑怯かな。迷惑かな。
    でもせっかく作ったから、食べてもらいたいな。よし、入れよう。
    ふー、と深呼吸をして、田中くんの靴箱を開け、マカロンを入れるーー「あれ、早瀬?」
    「たたた田中くん!?」
    「何してんの?」
    尋ねる田中君は笑顔で、私は固まった。まだマカロン手に持ったままだーーよし、このまま逃げよう。
    「何でもないよ!じゃあね!」
    くるりと振り向いて走り出した。
    が、後ろから手を引っ張られつんのめる。
    「待って」
    私の手を握る田中くんは、真剣な面持ちだった。
    「それ、俺用だよね…欲しいんだけど」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

roulette・1 (咲倉ゆら /著)

  • >Snowmanさん

    わー、お久しぶりです! そしておめでたいご報告! 嬉しいです、おめでとうございますー!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

    ただいま、諸事情により非公開にしていました。続きというと、星の花あたりでしょうか?
    良かったらこっそり公開しておきますよ。

    私も今はあまり書く時間が取れないのですが、ちまちま進めたいなーと思っています。
    急に暖かくなってはまた寒くなったりしますから、おちびちゃん共々、体調に気をつけてくださいね。
    書き込みありがとうございました!(*^^*)

    咲倉ゆら    2016/02/19 08:59

  • 海月さーん∑(゚Д゚)!!
    HPも見つけられなくなり…油断してました∑(゚Д゚)!!
    続編だー∑(゚Д゚)!!ゆっくり読もう!とか油断してました∑(゚Д゚)←ショックを隠しきれない…!

    あ、大変お久しぶりです。
    しばらく、結婚して引っ越して、子どもを産みまして、今チビと格闘してます(´-`)
    パソコンに向き合えず書けず…!
    また公開されるの楽しみにしてます!

    Snowman   2016/02/18 17:58

  • >陽ちゃん☆

    第一弾に引き続き、素敵なレビューを書いてくださり、ありがとうございます!
    ホント、感激です~!

    海月は普段、あまり心理描写を入れない人なので、今回の一人称では頑張って心の動きを描いてみました。
    陽ちゃんにそんな風に言ってもらえて嬉しいです!

    初のサスペンス、楽しんでいただけたことにほっとしています。

    ありがとうございました♪

    咲倉ゆら    2010/01/31 16:52

  • くらちゃ―ん♪

    待望の第二弾リレー小説、読ませて頂きましたo(^-^)o

    何というか…
    くらチャンゎ描写が上手いから、凄く心に中に入ってきてブルブルしちゃいました。


    ただ恐いんじゃなくて、締め付けられる感じで(>_<)←日本語下手な私

    でも、冷めた愛に気付かぬふりをする美佳の気持ちにゎ少し涙ぐんでしまいました。



    続きがめちゃめちゃ気になるから、読んできますp(^^)q

    陽生   2010/01/30 17:39

  • >ゆきのん☆

    最後まで読んでくださったのですね。ありがとうございますー(^^)

    海月は謎の爺を出しましたが、特にこれ、と特定したわけではないので、次のサンタロウさんが考えてくれています。ハハッ♪←超無責任

    楽しんでいただけたのなら幸いです。
    感想、ありがとうございます♪

    咲倉ゆら    2010/01/11 09:19