ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月07日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 告白

    久しぶりの2人でのお出かけ。
    「琉偉私ね、琉偉が好き。琉偉とずっと一緒にいたい。私と、付き合って下さい。」
    帰り際に私は2年間言えなかったセリフを言った。
    長い沈黙の後、琉偉は口を開いた
    「俺は、、やめときな」
    目をそらす琉偉は悲しそうな目をした
    「俺の浪人中愛はずっと応援してくれたけど、俺なんにもできなくて、そんな余裕持てなくて、カッコ悪い。弱いんだ俺。」
    そんなことないよ。琉偉
    「俺は愛を大切に思う。だから、、もっと、」初めて琉偉の涙を見た。
    私は思わず抱き寄せた。
    「頑張った琉偉はカッコいいよ。弱くなんかない。強い琉偉を沢山知ってるよ。」
    きっと浪人で疲れたんだろう。
    「頑張ったね。」
    「俺、友達みんな、今頃大学で、楽しんでるんだろうなって」 うん。
    「俺のこととか忘れてんだろうなって、」うん。
    「私は琉偉を忘れたことないよ。」
    チュッ。琉偉からの長いキスは、
    琉偉の涙の味がした。

    開く閉じる

    • 後輩
    • 部活中
    • 体育館
    • 告白

    「マネージャー!」
    ぴょんっと、犬の耳を生やして私のもとにくる。
    「僕のこと、ちゃんと見てくれてますか?」
    なんだか、最近やたらと私に絡んでくる。
    しかも、こんな風に甘々で。
    「見てるよ、皆のこと。」
    「皆じゃダメ。僕だけ。」
    きゅっとジャージの裾を掴んできた。
    うっ可愛い、可愛すぎる。
    「…わかった。見とくから。」
    「本当に!?」
    わぁ、尻尾まで見えてきた。
    「見るって言っても、遥君は何見てほしいの?」
    「……スリーポイント入れるとこ」
    照れながら言うなんて、なんて可愛いんだ。
    「わかった」
    「見ててくださいね?」
    そう言って、ボールを持つ。

    「……これ入ったら、僕と付き合って。」

    「へ?」
    私が返事をしない間にドリブルが始まった。
    ボールは、美しい軌道にのってゴールへと入った。
    「すごい、スリーポイントだ!」
    感激していると、遥君は笑って

    「約束通り僕のものになってくれますか?」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室

    委員会が終わり、教室に行くと彼女が寝ていた。
    彼女の側に近づくと気持ちよさそうに寝ていた。
    …ホント、無防備過ぎでしょ。
    「…加蓮の寝顔、見ていいのは俺だけだからね」
    頬にそっと触れてみるとピクッと肩を揺らした。
    もしかして…
    「…ねぇ、起きてるんでしょ?」
    「…えへへ。ごめん」
    照れたように言う彼女はでも寝てたのは本当だよと慌てて言い出す。
    「…それよりも遥君、あたしのこと名前で呼んでたよね!?普段は苗字なのに」
    「…さぁ。気のせいじゃない?」
    恥ずかしくなりいつものようにツンとしてしまったが彼女はニコニコ笑っていた。
    「何か嬉しいな。名前で呼ばれるの」
    「気が向いたら名前で呼んであげるかも」
    彼女の笑顔が見れるのならいくらでも名前で呼ぶかもね…加蓮。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

青柳高校生徒会補助役員!!〜上〜 (You/著)

何か感じたことがあったら<img src="http://a248.e.akamai.net/f/248/9510/1h/no-ichigo.jp/images/emoji/E719.gif" border="0" align="absbottom">よろしくお願いします_(._.)_

返事は100%します<img src="http://a248.e.akamai.net/f/248/9510/1h/no-ichigo.jp/images/emoji/E72A.gif" border="0" align="absbottom"><img src="http://a248.e.akamai.net/f/248/9510/1h/no-ichigo.jp/images/emoji/E6FA.gif" border="0" align="absbottom">

  • >>氷室 彩さん


    私も学生なのですが、正直、[生徒会]の仕事ってよく分かってません(^^;)笑

    何か悪戯みたいな要望ですね(-_-;)

    どう頑張っても橘くんの方がサクちゃんより一枚上手なので、今後も沢山煮え湯を飲まされてしまいます(笑)

    You   2012/09/12 12:41

  • >>氷室 彩さん


    自分の作品のことは自分のノートに書くべきですね(^^;)

    度重なる感想ありがとうございます♪

    梨木先輩はグイグイ行っちゃうタイプなので、後輩2人はタジタジですね(笑)

    今後、アクの強い先輩が沢山現れるのでどうか宜しくお願いします_(._.)_

    You   2012/09/10 00:02

  • You様、先日は此方にお越しいただき有難うございます。

    さてさて完結まで読み切りましたよ!まさかこんなにスラスラ読めるとは思いませんでした、ひとえにYou様の読者への配慮と読みやすさに徹底した文章力のお陰だと思われます。

    要所要所、そういった工夫が感じられました!登場人物の混乱を避けるところとか(メモメモ…に笑いました)

    いやあ、面白かった!
    有閑倶楽部とか思い出しましたね!それぞれ個性豊かなキャラクター達で愛着も持てましたし…まだ謎めいた人物がたくさんいるので興味そそられます。

    個人的に柚川!梅宮!がお気に入りです(笑)ヘタレっぷりに同情して………………柊も…(笑)

    「明」とは誰なのか…何の鍵なのか…栗沢姉弟とは…?そして榊原のBL疑惑は…?余計

    これから中編に進みまーす◎

    Mr.F   2011/03/07 08:02

  • ご無沙汰をしております。

    お伺いするのが大変遅くなり申し訳ありませんでしたm(_ _)m


    さて、本題。

    全巻隅々とまではいきませんでしたがある程度通して目を通させていただきました(^-^)

    で、感想というかアドバイスというか。

    まず、これほど長く書いていらっしゃるにもかかわらず個々のキャラの書き分けを意識されていたのに感心をいたしました。

    加えて、それぞれが抱える問題もしっかり考えていらっしゃるようでしたし、内容としては大変読み応えがある作品だと感じました。

    ただ、それだけに惜しい。

    1番惜しいと感じたのはキャラの“仕草”。

    これが見えない。

    セリフで書き分けようとしているのはわかるのですがこの部分が薄いのでキャラの表情やその場の雰囲気が生かしきれてないように感じました。

    下巻ではなるべく場景にも気を付けようとされているのは分かりました。

    ですが人物の動きはやはり少ない。

    だからセリフの前に“台本”のような名前を書いてしまう。

    たぶんこれはご自身でも無意識に気になっているからそうしているのではないでしょうか?

    Youさんの中ではある程度キャラクターの性格や仕草が把握出来てるはずです。

    それは通して読めばわかります。

    後はそこをどう文字にしてみればよいか、考えるだけ。

    本来ならセリフの前に名前表記というのは論外です。

    それに頼る必要がないだけの力をお持ちなだけにあえて強くいいます。

    “……”の多用も確かに気にはなりますがそれは“仕草”の部分を修正していけば自然と必要性を感じなくなってくるので、現時点ではさして問題ではありません。

    椅子の腰かけ方、照れ方、とぼけ方、笑ったときの唇の形ひとつでも個性は出ます。

    そこを書くと、今以上にキャラに肉感が出、温度が生まれます。

    長くなりましたが、もしよろしかったら参考にしてみて下さいませ(^-^)

    では、また。

    和宮 樹   2011/01/23 21:07

  • カキありがとうございます(・∀・)ノ

    杏里先輩乙女ですかw(°0°)w
    あまり…いただかないご意見なので、びっくりしてます(*^_^*)

    でも、純粋になっていく女の子を書きたかったので
    うれしいです(*´∀`*)

    ありがとうございますヽ(´▽`)/

    桃瀬 ゆず   2011/01/05 00:23