ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月12日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 入学式
    • 教室
    • 告白

    今日は高校の入学式。
    友達が出来るか不安だ・・・・。

    早速ぼっちになってしまったらどうしよう。

    まあでも、焦らずに。
    よく思い返してみたら私、中学生と小学生の時友達いなかったし。

    なんかよくわからないけど、私のあだ名『わくわくさん』だったし。

    まあどうでもいいけど。

    「ねぇ、俺と付き合ってよ」

    んだ?このイケメンめ。
    突然私の前に現れやがって。

    「は?って、お前誰?」

    「初対面の人間に向かって『お前』はないだろ?お前、誰に向かって口聞いてんだ?」

    コイツ馬鹿?
    ってかなんなの?

    「なんですか?私になにか用ですか?」

    「いや、特に。『友達になってくれねぇーかな?』って。いや、『友達が無理ならお前の彼氏にでもなってやろうかな?』って」

    彼氏?
    きも。

    「私に話しかけてくるな。どっか行け」

    「へーい・・・」

    言い過ぎたかな?
    まあどうでもいいけど。

    ってか服返せ。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 頭ぽんぽん

    「田代くん、おまたせ!」
    「ん、おう」

     私たちは付き合ってるわけではない。でも、偶然図書室で会ってからなぜか毎日こうして待ち合わせて一緒に帰っている。
     他にも何人か人はいるけど、私たちはちょうど本棚の陰になるところのイスによく座ってるからあまり気にならない。

    「じゃ、帰ろっか」
    「あー…待って」
    「え?」

     図書室を出ようとした私の手を、田代くんが遠慮がちにつかんで引き留める。
     少し骨ばった大きな手に、ちょっとだけドキンとした。

    「なぁ、俺、ちょっとは意識してもらえてたりする?」
    「へっ…」

    「…気になってもないやつと、毎日一緒に帰るなんてないだろ」

     そう言われ固まっていると、繋いでいた手がほどかれ、頭を撫でられる。

    「まずはこれだけ。これから俺のこと、好きになって」

     顔を真っ赤に染めて、それでも私の目を見つめながら彼はそう言った。

     …心臓の音が、うるさい。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 胸キュン

    「疲れた…」
    委員会の仕事がやっと終わり、靴箱に向かう。
    「あれ…修斗…?」
    疲れきった私の目には、靴箱にもたれ掛かっている同級生の姿が映る。
    「おー……」
    「どうしたの?こんな遅くまで」
    「……晴也待ってた」
    もごもごと話す。
    「晴也、今日休みじゃん」
    「あ、あーそうだっけ………?」
    修斗の目が泳ぐ。
    大丈夫だろうか。
    「…ついでに送ってってやるよ」
    「え、ありがと」
    偉そうだな~とは思うが、ツンデレなのだろうか。

    「あー、じゃあな」
    そう言って、修斗は私の家の前で手を振った。
    「うん、ありがと」
    「…ん」
    修斗は来た道を帰る。
    もしかして…
    「修斗!」
    「何」
    「もしかして家遠いのに、送ってくれた?」
    「…こ、この辺のコンビニに寄るついでだから。」
    なんと照れ屋なんだろう。
    「笑うなよ…」
    「だって笑」

    「悪いかよ」
    「好きな奴と待ってまで一緒にいたいと思うの」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

Devil†Story (魅喰/著)

よろしければお願い致します


一言でも良いので←


そして、途中でも構いません(^^)

  • ミクロ卿様

    ハジメマシテ。


    そんな素敵なコメントありがとうございます<m(__)m>


    切なさとグロさが伝わって頂いて光栄です。


    参考になるかは分かりませんが…これからも遊びに来て頂ければ幸いです。

    本当にコメントありがとうございます<m(__)m>

    これからも頑張ります!

    魅喰   2012/11/01 20:33

  • おじゃまします。

     ぐろてすくっていう単語で検索して探してたら、

    一番ビンゴな作品(つまりあなたがたの)だったので、

    十、二十Pくらい読み進めて本棚にインさせていただきました。

     ぐろてすく……の、かがみたる表現技法です。

    人をころすっていうのを子供がやってるんだから、

    どこかせつなさを感じつつ。


     己のグロ表現のできなさを思い知りました(汗

     この作品より、参考にしてきたいです。

    萌葱 文女   2012/11/01 16:56

  • ニヤニヤしながらなんて恐縮です(^^)←


    黒狼さんのプロフに俺の名前があるなんて本当ビックリです、はい←

    こんなグロイのしか書けない俺の事を大切だなんて、本当に本当に嬉しいです(^^)
    麗弥くんは見事ないじられキャラ設定ですw

    いじられキャラ居ますか☆

    …もしかして、け――…いや、やめましょうね、名前を出すのは←

    本当良いんですよ(^^)

    好きな時に読むのが小説ですし☆

    わっ、ありがとうございます\(^O^)/

    これから頑張って更新しますね(^^)

    励みになって嬉しいです(^^)/


    俺、文章力とかありませんし、なんか設定もよくあるようなのしか書けないので…

    黒狼さんの死神少年が素晴らしくて、素晴らしくて…←

    本当アニメ化とかしたら絶対見ますよ!←

    応援しか出来ませんが頑張って下さい♪

    魅喰   2011/10/18 02:33

  • 読みましたよぉ(∀)ダークファンタジーは俺の好きなジャンルの1つですので、ニヤニヤしながら読まさせて頂きました♪←


    いえいえっ、こちらこそプロフィールに俺の名前を表示して下さってありがとうございます!(まだお礼を言っていませんでした、すみません)
    とても嬉しいです(*/ω\*)


    麗弥くんはいじられキャラなんですか(笑)
    いいですねぇ、俺の子にもいじられキャラがいるので、親近感が湧きます(笑)←


    本当にすみません…読みたいのに、やることが重なってしまって頭がグルグルでして…f´`;

    絶対に続きを読みます!


    わぁ…っ!ありがとうございます!励みになります(*^∀^*)
    楽しみに応えられるか分かりませんが、頑張ります!♪

    真神優貴   2011/10/18 01:12

  • !!


    く…黒狼さん!←


    読んで下さってたんですか!?←


    嬉しくて倒れそうですよっ、はい!←


    というか、黒狼さんのプロフに俺の名前があったのを今日発見して本当に倒れかけましたo(T□T)o←


    本当にありがとうございます<m(__)m>


    105ページ……


    あぁ、あれですねw


    一応始めに入れておこうかと…←


    ありがとうございます\(^O^)/


    クロムをかっこいいと言って貰えて鼻が高いです(^^)

    麗弥くんは俺の中で“いじられキャラ”決定な扱いが雑なキャラになってると思うので…←


    そう言って貰えて光栄です//


    そんなっ、いつでも良いですよ(照)←


    読んで下さるだけで幸せです(^^)


    黒狼さんも死神少年の編集頑張って下さいね☆


    楽しみにしてますから♪←

    魅喰   2011/10/17 19:50