ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年01月21日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 芸能人【お題】
    • お昼休み
    • 屋上
    • 後ろからギュッ

    「ねぇ、そろそろ教室戻らないと」
    「もう少しだけ」

     彼は甘えるように私の肩に額を擦り付けた。
     先ほど予鈴が鳴って、今屋上には私たちしか残っていない。

    「メガネ外してるとこ、誰かに見られたらマズいんじゃないの?」

     私の彼には秘密がある。それは、彼が今人気急上昇中のモデルだってこと。
     クラスの女子も雑誌の中の彼を見て騒いでいるのに本人がすぐ傍にいる事には気づいていない。
     それは彼が学校では陰キャを演じているから。
     マスクは常に着用、メガネはダサいし、いつも俯いている。

    「それにまた寝癖。今日も放課後撮影なんでしょ」
    「ヘアメイクさんがいるから平気」
    「でもさ、学校でももう少しちゃんとしてみない?」
    「なんで」
    「この間、なんであんな陰キャと付き合ってるのって言われた」
    「じゃあ、いっそ皆にバラしてみる?」
    「……ううん。いい」

     私もこうして彼を独り占め出来て嬉しいのだ。

    開く閉じる

    • 芸能人【お題】
    • お昼休み
    • 屋上

    「ん、これあげる」

    「これって…舜くんがパッケージモデルしてるお菓子っ!?」

    なんと舜くんがくれたチョコ菓子はモデルである彼がそのチョコ菓子のパッケージモデルをしているものだった

    「なんかもらったから」

    「ありがとう!食べたかったんだけどどこも売り切れで食べれなかったんだよね」

    「ふっ、そんな食べたかったの?」

    「っ…」

    優しく微笑む舜くんに目を奪われてしまう

    やっぱりカッコイイなぁ…

    「ん?どーしたの」

    「へ…あ、ううん!なんでもない!美味しいなぁって」

    「そんなに美味しいんだ?」

    「うん、食べてみる?」

    あーんと差し出すと舜くんは目を点にする

    「っ…それは予想外」

    「しゅ、舜く…っ!…んっ…ふぁ」

    舜くんはお菓子ではなく、私の唇をはむっと食べてきて

    息もできないキスの雨が、私をクラクラさせる

    「こっちの方がいい」

    私もこっちを食べてほしい…なんてね

    開く閉じる

    • 芸能人【お題】

    高校生の時にあいつは言った
    『俺はお前だから触れたいんだ』
    人気急上昇中のアイドルグループである桂耶(けいや)は果てしなくモテる…ただ1人を除いて
    「…睦(むつ)!」
    スタジオで隠れながら歩いていたにも関わらず名前を呼ばれる
    「何で逃げるんだ」
    「私はお前に用はない」
    「俺にはある」
    そう言って桂耶は私を抱きしめた
    高校を卒業して再会してしまった私達はむしろあいつはアイドルだと言うのに私にだけ触れる
    「睦は無意識だろうけど撮影が始まると物凄く見てくるよな」
    「お前自身に興味は無いけど表情が変わるのを見るのは…」
    「見るのは?」
    会いたいたくないとずっと思っていたのに私はこの男を追いかけてスタジオの仕事に就いた。絶対言わないけど
    「別に嫌いじゃない」
    整った顔に両手で触れる。桂耶は満足そうに笑った
    「いつか好きって言わせてやるから」
    桂耶がずっと私だけを想い続ければいいと願って私も抱きしめた

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

その男☆ナルシストにつき!! (青海琉伊/著)

読んでくださり、ありがとうございます。

  • のーちゃんさん

    遅くなりましたが、ありがとうございます。
    黒崎派とは意外でうれしいです♪

    ある意味、一番まともなキャラかも?(笑)
    黒崎の番外編も考えてはいたのですが…

    話が広がりすぎて。
    こりゃ〜完結しなそうとやめてしまいましたが、ちょっと考え直そうかな?

    最後まで読んでいただき、ホントにありがとうございました。

    青海琉伊   2011/11/25 21:07

  • こんにちは
    読みました
    七瀬くんと伊吹ちゃんがくっついて良かった

    黒崎さんのキャラ結構好きです

    伊吹ちゃんが、黒崎さんとマキちゃんの為に自分の幸せを諦めてたことに悲しくなりましたが、その分だけ、マキちゃんが伊吹ちゃんのことを考えてた所が、感動しました

    のーちゃん   2011/11/22 13:38

  • はじめまして、こんばんわ。お邪魔します。作品、最後まで読ませていただきました。

    最初から最後まで、翻弄されっぱなしでした! 面白かったです!! 2人はどうなってしまうんだろうと、ドキドキしながら読んで、どんでん返しがひとつ起こる度に、「ああ、どうして~」と、もだえそうになってしまいました(笑 本当にうまくいくのかな・・って、心配しながらラストまできて、あの一言の告白に感激しました! まさに私まで、胸がジンと熱くなりそうな感覚でした。とてもとても素敵なお話でした。読み終わった今も、物語の余韻にひたってるような感じがあります。

    素敵なお話を読ませていただきまして、本当にありがとうございました!

    蒼乃 月   2010/10/02 18:52

  • 有緒さん

    大変遅くなってすみません。
    アメーバーから来ていただけたとは…

    ありがとうございます。

    心理描写は苦手なのですが、ちゃんと書けていると言っていただけて良かったです☆

    青海琉伊   2009/12/23 22:46

  • 小野妹子さん

    かんたん感想ありがとうございました。

    涼宮りんさんの作品が同じような感想なのですね。
    さっそく読んでみようかな?
    どんな感じが自分と同じようなのだか?

    自分では分からなくて…

    ありがとうございます。

    青海琉伊   2009/10/27 14:33