ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年01月27日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 登校中
    • 地下鉄の中で
    • 守ってくれた

    大学までは最寄りの駅から地下鉄に乗って20分。

     朝一以外の時間はそんなに混んでいないことが多いけれど、朝一の時は首都圏でもないのにギュウギュウだ。

     今日も混んでる。

     滅多に開かないドアの方へどんどん押されて、ドアの窓に映る自分とおはようございます。こんなに自分の顔を近くで見ることってメイクする時以外ないんじゃないかな。

     ああ、自分の顔が近い。いや、近いどころじゃなくて、もがっ。

     押しつぶされた!
     と思ったら、あれ? なんか少しスペースが出来た。

     私の顔の横に手があった。細いけれど大きくて、関節がしっかりとした男性らしい手だった。

     なんていい人!

     そろそろと目線を上げて、窓に映るその人の顔を見た。

    「!
    松永……」
    「おう、おはよう。大丈夫か?」

     さりげなく言うところがカッコいい。

    「大丈夫」

     同じ学科の同級生の松永にときめく自分がいた。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 俺以外のノート見るな

    私は数学が苦手。

     私の気になってる瀬戸君は数学が得意。
     いつも数学の宿題を見せてもらってる。見せてくれるということは、私のこと嫌ってはないよね?

     その日も私は瀬戸君を探していた。

    「瀬戸君~? 」
    「瀬戸、今日熱発して家で休んでるみたいだぜ?」

     瀬戸君の友人の西川君が教えてくれた。
    ついでに数学の宿題も西川君に見せてもらえた。

     次の日。瀬戸君の機嫌が悪い。

    「瀬戸君具合はもういいの?」
    「ああ。もういい。
    ……橋本さ」
    「な、なに?」
    「……じゃねーよ」
    「え?」

     私は聞こえなくて聞き返す。

    「他の奴に数学、きいてんじゃねーよ」
    「だ、だって、瀬戸君、風邪だったから……」
    「それでも、だよ」
    瀬戸君の拗ねた顔。なんだか可愛いと思った。

    「とにかく、俺のノート以外、見んな」

     瀬戸君の声少し震えてる? なんとなく瀬戸君の耳が赤いような気がしてドキッとした。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • お昼休み
    • 教室
    • 俺の隣はこいつ

    仲がいい男子がいる。

     副田映司。

     なかなかのイケメン。そしてクラスのムードメーカー。

     私とは小学生の時からの幼馴染。だけど、映司は私を女として見ていない気がする。

     私はというと映司のことは気になる存在。でも、自分が映司に釣り合うとは思えない。

     休み時間は映司の周りに数人の男女が集まって盛り上がる。
     私の定位置は映司の隣だった。誰が決めたわけでもない。映司も文句を言うこともなかった。


     ところが、ある休み時間。私の定位置に他の女子が座ろうとしていた。
     私は、「そこ、私の席」と言いたかったけれど、自分から言えなかった。

     そのとき。

    「俺の隣はこいつ専用だから」

     映司が言葉とともに私の手を握って引き寄せた。そして、隣に座ろうとした女子をやんわりとどける。

    「ほい、相葉美帆。専用の席に座りたまえ」

     私はぼんやり夢心地のまま映司の隣に座った。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

妖魔03(R)〜星霜〜 (小生暖気/著)

感想、ご意見、承ります。

只今、好きなキャラは誰かっていうのを募集してます。

ご協力お願いします。

  • これはまた、お久しぶりです。

    毎度ながらに書き込みのありがたさに涙しているところでございます。

    夏に赤城と思うかべるあなたは、赤城を極めたといってもいいかもしれませんね。

    赤城先生なら、あなたと共に心中するなら喜んでくれそうです。

    超どうでもいい情報ですが、赤城先生は宮沢賢治の雨ニモマケズが大好物です。

    ではでは、夏の風物詩の蝉に鼓膜を破られないようにお気をつけ下さいませ。

    またの御越しをお待ちしております。

    小生暖気   2010/08/05 17:48

  • 小生暖気サンお久しぶりでございます(^-^)
    いかがお過ごしでしょうか?

    この灼熱真っ只中の夏場の更新イロイロと大変だと思います(>д<)

    こう毎日暑いと…赤城先生…お汁粉…と連想してしまうのは私だけでしょうか?(笑)

    …( ̄□ ̄;)!!

    夏バテ、熱中症にはくれぐれもお気をつけて下さいね。
    あの、Mr.所…も熱中症になったらしいので(/_;)

    長くなりましたが…今後の展開楽しみにしています。

    ではでは…(^-^)

    Zoro   2010/08/04 23:48

  • 久々の書き込みにキーボードを打つ手が震えてしまいますね。

    ありがとうございます。

    冬場にお汁粉を飲むと、体の力が嫌でも漲ってきますからね。

    さすが、お汁粉の信者だけはありますね。信じた結果がそこにありですよ。

    何度も書いていただいているので、あなたに赤ペン先生もとい赤城先生からのお言葉でも。

    『おやおや、再びお会いしましたね。しかし、お汁粉の精を見たあなたはお汁粉マスターの称号をゲットしてもおかしくありません。あなたなら次なる進展地、いちご大福にも受け入れていただけますよ。さあ、今日からはいちご大福をポケットに詰めて、一日を始めましょう』

    という事らしいです。

    あなた様も、インフルエンザとの闘いに負けないでください。

    これからも、眼鏡とちびっ子を温かい眼差しで気長によろしくお願いします。

    小生暖気   2010/02/03 03:41

  • ご無沙汰してます。

    赤城先生やはり素晴らしい方ですね。
    毎度②感服させられます。(笑)( ̄∀ ̄)

    2月になりましたが…まだまだ、お汁粉の活躍する季節には変わりありませんね~。
    私もお汁粉には幾度となく、命を救われました…(爆)

    コレからも、赤城先生の教えを励みに頑張ります(^w^)まだまだ夜は冷え込みますので、あったかくして休んで下さいね~(>_<)

    ではでは…更新楽しみにしています。

    Zoro   2010/02/01 01:46

  • 赤城先生の面影まで浮かべてしまうとは、あなたは重度の赤城症候群です。
    必ずお汁粉を飲んでください。

    お気遣いありがとうございます。
    あなたも闇鍋でも食べて、極寒の季節を乗り越えてください。

    丞は、二部から大馬鹿者が減って、普通以下の存在になっちまいましたからね。
    影も薄くなるって話です。
    まあ、三部もそんなに馬鹿が出ませんが、主人公なんで死ぬほど頑張ってもらいたいところです。

    そして、応援ありがとうございます。今後ともゆっくりながらにも進めていきたいと思います。

    小生暖気   2009/10/26 07:12