ーーーーー…………


気が付いたら眠っていた。

カーテンから朝の日差しが差し込んでいる。



隣には子供みたいな可愛い寝顔の蒼斗くん。










~~♪




ケータイがなった。

でも私のじゃない。






あっ
止まった…




~~♪♪


でもまたすぐに鳴った。




「蒼斗くん??…ケータイ鳴ってるよ??」




「ん~…」





「きっと急用だよ??」