ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年11月20日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 体育館
    • 告白

    ダンダンッ

    女「先輩、どうしたんですか?
    放課後体育館で待ってるって。」

    先「いやー……えっとー………。
    ……3ポイントシュート入ったら、
    話…聞いてくれないかな。」

    女「……分かりました。」

    先「……よしっ!」

    シュッ…………コロコロコロ

    女「やったー!!
    先輩凄すぎです!!カッコいい!!」

    先「俺……ずっと前から、君が好きだ!!
    バスケを頑張っている所も、
    友達と笑いあっている所も、
    ちょっぴり勉強が苦手でドジな所も、
    全部全部大好きだ!!
    僕と、付き合ってください!」

    女「!?……はい!
    私も先輩のこと大好きです!!」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室

    「霧矢くんっていつも寝てるよね」

    「なに、いきなり」

    「なんで…?」

    「眠いから」

    当たり前のような会話をしてるけど、ほんとにいつも思う

    四六時中寝てることなんてある?

    これでも一応彼女だよ?隣に彼女がいるんだよ?

    それなのにこの対応…

    「なんか怒ってる」

    「ふんっ、霧矢くんのせいだもん」

    「なんで怒ってるの」

    「自分の胸に手を当てて考えてみれば?」

    そう言うと、胸に手を当て考えたような表情を見せる霧矢くん

    困った顔が少し可愛い…って、そうじゃなくて!

    「やっぱりわかんない」

    「むぅ…霧矢くんが全然私に構ってくれないからだもん」

    「ふっ、何それ…可愛すぎ」

    「っ…!?き、霧矢くん…っ?」

    突然抱きしめてきた霧矢くんにドキドキが隠せない

    「ご希望にお答えして、これからはたっぷり構ってあげるから」

    「っ…」

    この甘さは以上です

    開く閉じる

    • 放課後

    とある日の帰り道

    「いつも一緒に帰ってくれてありがとう」
    私はそう言うと彼は、
    「別にどうってことないよ」
    と返してきた。
    私の弟は本当にかっこいい。私より2歳も年下なはずなのに私より大人っぽく見える。そんなところが羨ましいと思うけど、そんな弟が私は好き。本当に大好き。
    たとえ、血が繋がっていなくても………。
    「こんな楽しい毎日がこれからも続いていくといいな」
    そう言ったけれど、弟は
    「…………」
    何も言わなかった。
    「さっ、家に早く帰ろ!」
    私は、聞いていては行けなかったのかなと思い、場の雰囲気を変えるために走り出した。


    取り残された彼はボソリと呟いた。
    「姉さんは何も分かってない。俺が姉さんをどう思っているのか、これから姉さんと俺がどうなっていくのか………。もう、俺は姉さんとは呼べないし、姉さんも弟とは言えなくなるのに……。」

    彼の見えない心の中が、少し透けて見えていた。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

やさぐれ妊婦 (玉木ちさと/著)

ぼやきたい貴女、愚痴りたい貴方、よろしかったらご一緒にどうぞデス。

  • ◆equationさま

    書いておいてなんですが、この作品を読んで「あるあるー。わかるぅー」という方がたくさんおられる世の中じゃあいけないのですよね。でも、現状は……。

    喝をいれるだんて、そんなそんなっっ^^; ただなんというか、弱音も吐かせてもらえない圧迫感とか、愚痴ることも許されない閉塞感みたいなものがある気がして。母業に従事する人たちって、そういう辛い局面にさらされていると思うんですね。母業は仕事にあらずというか。やってあたりまえ、できてあたりまえ、好きで産んだんでしょ?みたいな。

    なんですかねぇ「明日からまた頑張るって約束するんで、ちょっとだけ弱音吐かせてくださいっっ お代官様~!」みたいな。っていうか、お代官様って……(苦笑)

    ひっそり独白(毒吐く?)拙作を見つけてくださってありがとうございました(^^ゞ

    玉木ちさと   2015/09/03 18:41

  • ◆如月一花さま

    い、一花さぁああんっっ どうしたら時計の針戻せますかね……(汗)

    この作品、書き逃げみたいなところがあって放置ですみません(陳謝)っていうか、放置にもほどがあるって話なんですが……。

    大学病院って本来ならハイリスク出産の対応に集中すべきだと思うんですけど、地域によっては他院で対応しきれない分娩数を賄わされている面があるんですなぁ(私の住んでいるとこがそんな感じ)。小児医療についても同じようなところが……。


    ちょっと私信になってしまいますが、ブログいつも拝見しています^^
    お嬢さん、すくすくめきめき(?)成長中ですねー(*^_^*)
    医療にしても教育にしても色々な問題がとりまく世の中ではありますが、お互いに子どもの成長を楽しみに見守りたいですね。

    玉木ちさと   2015/09/03 18:40

  • 世の中、社会がとても矛盾していて憤りを覚える今日この頃です。

    少子高齢化、不妊治療問題、初婚年齢の高齢化、育休取得率、待機児童、マタハラ問題...

    就職は?未婚でいたら、結婚しろ。そろそろ子供は?二人目は?
    どちらの幼稚園・学校?

    産む前も産んだ後も悩みは尽きませんよね。

    だけど、理解してくれる人もいるし、見ず知らずの親切な人、きっと頑張ってくれているだろう政治家の人たち。

    世の中矛盾だらけだけど、この国の行く末は明るいものであって欲しいと願わずにはいられません。

    作者様の思いが、とても伝わってきました。
    世の中に喝を入れられる作者様を応援しています。

    equation   2015/09/01 09:37

  • ◆未薗 希紗さま

    読みにきていただいて恐縮ですっっ。しかも、こんな暗い(黒い?)話……^^;さらにレビューまで恐れ入りますですっっ

    親業は実に興味深い貴重な体験です。でも、やっぱりすごくたいへん(=_=)

    私が危惧を感じるのは“母性”への“過度の期待”です。母業って弱音や愚痴を許してもらえないようなところがあると思うんです。“全部覚悟のうえだろ!”みたいな。

    “覚悟”は必要だけれど“一人じゃない”という支援も絶対必要。そして、その支援は必ずしも十分ではないというのが現状なのかなぁ、と。

    自分より若い世代の人たちにまでこの環境を引き継がせてはいけない!と強く思うしだいです。

    玉木ちさと   2011/05/30 23:30

  • ◆田城 仄花 さま

    頑張っている自治体もあるそうですし、地域によって差があるのだろうとは思います。でも悲しいかな、この話に出てきたエピソードは決して特別珍しいことではないのも事実かな、と……。

    私は30代ですが、周りの同年代は二人目三人目を産むのを我慢したり迷ったりしている人が多いです。

    最近「あしなが育英会」のCMを見て思ったのですが、親が亡くなった子どもの進学って国が保証すべきものなんじゃないかなぁ、なんて。守られるべき子どもの権利なんじゃないかなぁ、と。先進国の中で、教育費の世帯負担がこんなに多い国って……。

    玉木ちさと   2011/01/22 17:59