ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年11月18日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 教室

    「はい、それじゃあ、角Aは何度なの?」

    放課後の教室。先輩は若干呆れ気味に聞いた。

    「え、えと…………125度?」

    「はい、はずれ」

    「うぅ……っ」

    先輩に何度教えてもらっても、私はここが出来ない。

    「うーん……じゃあ、もし次が出来たらご褒美あげるよ」

    その言葉に俄然やる気になった私は、次の問題を見る。案外易しかった。

    「あ、これは60度ですよね?」

    先輩はようやく、柔らかい笑みを浮かべた。

    「当たり。じゃあ、ご褒美あげるから、目、つむって」

    言われた通りにすると、私の唇に何か当たった。思わず目を開けると、先輩は意地悪に笑った。

    「あーあ、目を開けちゃダメでしょ」

    ふっと笑いながら、先輩は囁く。

    「出来の悪い子には、お仕置き、だね」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • おでかけ
    • 恋人繋ぎ

    今日私こと里瑠(りる)は気になってる優矢とおでかけ。

    優「そろそろ待ち時間前だからお店行こっか」
    私達は優矢の車の中にいたので出てお店へ向かった
    優「うぅー!やっぱ外は寒いねぇー!」
    確かに寒い… すると優矢と手が触れそうになった
    優「あー!手は繋がないよ! え?もしかして繋ぎたかった?
    ニコ」
    里「繋ぐわけ無いでしょ!そんな事しないから安心してよ!」
    あー!ちょっとだけドキってしちゃった私がバカみたい!
    恥ずかしすぎる///
    私はいたたまれなくなって優矢から離れて歩こうとした
    すると…優矢が手を差し出してきて
    優「嘘だよ ほら、手…繋ごう?」
    私は言われたのが怖くて手を差し出せなかった
    優「ごめんって! ほら繋がないの?繋ごうよ」
    里「だってさっきやだって…」
    優「嫌じゃないよ ほらおいで」
    里「…///バカ…」
    優「はい、いい子ニコ」

    やっぱりこいつには勝てない…///

    開く閉じる

    • 後輩
    • お昼休み
    • 廊下
    • 告白

    「女友達といるの、疲れるんだよね。
    だから、君といるのは気楽でいいんだ」

    彼女は前に、そう言った。
    僕といるのが楽しいから居るとは言ってくれない。
    でも今、彼女が女子と話している所を見て分かった。
    僕といる時に見せるような自然な笑顔なんてどこにも無く、時折彼女が見せるツラそうな笑顔が、僕は見ていられなかった。

    僕はまだ高校生になったばかり、彼女は2年生。一緒にいたのだって、まだ半年で。あなたのこと、分かってない同然のはずなのに…どうしてもあなたを助けたい。僕は彼女に近付き、華奢な手首を優しく掴んだ。彼女も一緒にいた女子も、驚いていた。
    「好き…」
    「え?」
    つい口走ってしまった。僕の口からは言葉が止まらなかった。
    「先輩のこと、好きだから…無理して笑う所見たくないんだ。僕が今以上に、笑顔にしたい。だから…ね、先輩。僕の彼女になって下さい」

    彼女は優しく微笑んで、頷いた。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

キミのてのひら【短編】 (桜沢リン/著)

初★短編です。

  • げっこサマ

    素敵な感想&レビュー
    本当にいつもありがとうございますm(_ _)m

    私、だらだら長いだけのメタボ小説ばかりで、読むの疲れるだろうな><と感じ、書いた短編で(^_^;)必死にスリムを心がけました☆

    げっこ作品を愛するあまり、感想ノートにお邪魔して、げっこさん律儀だから、こっちに来てくれてるなら悪いなぁ(>_<)と心配になったのですよ

    げっこさんの負担になっていないなら良かったです(*^_^*)

    本当にありがとうございます
    これからも仲良くしてください(*・∀・*)♪

    桜沢リン   2010/02/11 17:45

  • こんにちわです☆
    遅ればせながらコチラ拝読致しましたヽ(゚∀゚)ノ

    体温的あたたかみのある作品は、長すぎたり書き過ぎると野暮ったくなるのですが

    このページ数+出来るだけ余分なものを省いたシンプルめ仕様のお陰で、サクサクと読み進めることが出来ました!

    テーマ・内容によって、足し算だけではなく、時には引き算をしてバランスを取っていくというコトの大切さに、気づかせて頂いた作品でした!

    大変勉強になりました!
    ありがとうございます~!!m(_ _)m

    そして
    『ぼくの 妹 姫』レス、お気遣い有難うございます(*´∀`*)

    ですが、何と申しますか……
    「よくして下さる方を優先に読みたい」というのは人情としてありますが、もともと「読む」というのを、あまり煩わしいと思わない性質なので、どうぞホントに、お気になさらないで下さい~!(*・∀・*)

    それよりも、こちらこそ、いつもご丁寧な感想を頂戴してしまい、桜沢さんの貴重なお時間を食いつぶしてるのではないかと不安になっております(;´∀`)

    私のガツガツした拝読ペース、律儀で繊細な方にとってはプレッシャーになるというコトに、最近ようやく気付いたのですが(鈍感者でスミマセン……)

    どうぞ、あまりお気になさらず、桜沢さんの儘に振る舞って頂いてオッケーですから♪(・∀・)b

    でわでわ、お次は『やさしい声』に参る所存ですが、これもタダの予告(?)というか目印なだけなので(*´∀`*)ノ☆

    一倉ぼたん   2010/02/11 15:07

  • 藤倉 梨華サマ

    ああっΣ(-o-;)
    こちらまで
    読んでくれたんですね
    ありがとうございますm(_ _)m

    詩的と言ってもらえて嬉しいです(*^_^*)

    桜沢リン   2009/10/30 22:32

  • なんかなんか(*´`*)詩的みたいでかっこいい表現だなって、思いました★二人で一緒に笑い出すシーンが明るくなれてよかったです☆

    藤倉 梨華   2009/10/30 15:58

  • ★美結サマ》

    読んでくれてありがとう♪
    初めて短編書いたから不安だったけど、伝わって良かった(*^_^*)

    私みたいなヘタッピを参考なんて恥ずかしい///

    いつも感想ありがとうございます♪

    桜沢リン   2009/08/29 21:33