ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月16日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • VD2020【お題】
    • マフラーしまい髪

    「何やってんだよ。美友」
    「寒くて……疾風君は寒くないの?」
    「俺は平気!」

    朝の二人は学校まで歩いていた。


    「あ。そうだ。ハッピーバレンタイン!」
    「お?くれるの?」
    「いつもお世話になっているから」

    そこには手編みのマフラーがあった。
    彼は幼馴染みの彼女が大好きだが、今は最高のBFの位置で満足していた。

    「すげ?これってさ。俺にしか作ってないんだろう」
    「お爺ちゃんとお揃いだよ」
    「爺と?しゃーねーな……」

    彼はふわと彼女の首にこれを巻いた。

    「いいの?」
    「ああ、今だけお前がしてろ。俺さ、この髪がふわってしてるの好きなんだ」

    彼は髪をそっと触った。

    「でも、美友は疾風君に巻いて欲しいな」
    「帰りは一緒に巻くか」
    「それには短いよ」
    「くっつけばいいじゃん」
    「そうだ!おんぶすればいいかも?」
    「お前、頭がいいな?」

    そんな二人は今朝も元気よく登校するのだった。

    開く閉じる

    • 先生
    • VD2020【お題】
    • 後ろからギュッ

    「先生、お久しぶりですっ!」


    「久しぶり。相変わらず元気だね。…で、先生に何か用?」



    先生に会いに来て、わざわざ図書室まで来たのは、チョコを渡すためだ。
    手作りの本命チョコ。



    「これ…チョコです。どうせ、先生今年も彼女いませんよね。」


    「うるせー、余計なお世話だ。」



    そんなことを言いつつ、先生はチョコを受け取ってくれた。
    …言うなら、今、だよね。




    「先生っ、私っ…」



    ずっと好きです、そう言おうとした。
    でも…。



    ーぎゅっ。



    「…俺から言わせて。」



    耳元で聞こえる、低くて耳心地のいい柔らかな声。
    …心臓が、やばい。



    「…俺、飛田さんのことが好きだ。」


    「私も…です。」


    「…じゃあ…今日から、俺の彼女な、…結桜。」



    ニヤリと笑う先生。
    対して私は…急な下の名前呼びに顔を赤くしていた…。

    開く閉じる

    • 先生
    • VD2020【お題】
    • 屋上
    • 告白

    「どうしたんだ?合田(あいだ)。」

    私、合田ひな。高校3年生。受験が一足早く終わり、今日は高校最後のバレンタインデー。
    私が高1から好きだった浜野(はまの)先生に告白します。絶対無理で付き合えたとしても許されないことだって分かってる。でも、このままお別れなんて嫌だ。だから、どうしても伝えたくて
    「私、浜野先生のことが好きでした。これ、受け取ってください」
    それは、夜中までかけて作った手作りお菓子。どうしても食べてもらいたかった
    「合田。ありがとな。嬉しいよ」
    「振られるのわかってたけどやっぱり辛いな」
    「え?」
    「え??私、振られたんじゃ」
    その時先生が私をハグした。
    「え、先生?」
    「いけないことだってわかってる。先生と生徒が付き合うのは。だけど、毎日明るく接せるお前のことが日に日に好きになってたんだ。オレと付き合って欲しい」
    「はい!」

    周囲の目は痛いですが今、先生は旦那さんです!

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

気付けば溺愛 (惣領莉沙/著)

感想いただけると嬉しいです。

  • 惣領莉沙様

    私は別サイトの『手に負えない夫』が好きですが、こちらの作品も好きで、時々読ませて貰ってます。
    4年前に3人目を出産してから、リア多忙など肉体面や精神面の色々な事情から執筆活動が足踏み状態になってますが、惣領様の作品読んでると、やっぱり恋愛ストーリーっていいなぁ…と思います。

    私もやっぱり執筆は好きだから、少しずつでも言葉を繋げていこうと、今は少し入力しては、保存して見直して休んでを繰り返してますが、慣らしていきながら引き続き執筆頑張ります。

    これからもお身体に気を付けて頑張ってください。

    真優月さあや   2019/01/29 15:06

    真優月さあや様

    こんにちは。
    温かいメッセージをありがとうございます。
    お返事が遅くなりましてすみません!

    以前もお言葉いただいたと記憶しています。
    そして、マカロン文庫の創刊のタイミングでご一緒させていただき、ご縁を感じています。

    『手に負えない夫』は、私がこれからも書き続けていきたいなと思う要素を詰め込んだ作品かなと思っていて、特別なものです。
    別サイトに置きっぱなしですが、いずれ改稿したいなとも思っています。
    そんな作品を気にかけてくださって、とても嬉しいです。

    三人のお子様との毎日は大変ですよね。
    執筆に手が回らないのもよくわかります!
    私は高校生の娘がひとりいますが、今は子育てというよりも娘に今どきの流行りなどなどを教わっている感じです。
    野いちごの読者でもあるので、お勧めの作品を教えてもらったり、少しずつ執筆の話もできるようになりました。
    真優月様の作品も、楽しみにしております。
    とにかく、体調に気を付けてくださいね。
    私も精進しつつ、細々と執筆を続けようと思っています。

    ありがとうございました!

    惣領莉沙






    作者からの返信 2019/02/07 09:54

  • らいれい様

    はじめまして。感想ありがとうございます。

    この作品は、私が活動をはじめてすぐの頃に書いた作品で、
    何度手直ししたいと思ったか……という顔を真っ赤にさせる作品です。

    けれど、気に入っていただけて嬉しいです。
    この作品、刺激が多いと言っていただき、それにもまた喜んでいます。
    今の、私の作品への課題は『もっと刺激』、と感じていたので、ありがたいです。

    地道にのんびり活動しております、これからも、このご縁が続きますよう、願っています。

    こちらこそ、ありがとう、です。




    惣領莉沙   2012/08/20 16:21

  • うまい。ドキドキしながらよんじゃった。恋愛から遠退いてる私には刺激多すぎ。最高に良かったよ。ありがとうm(__)m

    らいれい   2012/08/20 10:46