ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月23日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室
    • 後ろからギュッ

    "2月14日"
    放課後の教室にいる私(桃)の手には紙袋がある

    弘樹にあげようと思ってたやつが…

    弘樹ってのは幼なじみなんだけど…
    ずっと片想いなんだ…

    弘樹とって私はただの幼なじみ…

    「まだ桃いたの?」

    「ひ、弘樹!?」
    「驚きすぎ」
    「だ、だって…」

    「あれ、その袋」
    「えっと…」

    「まさかチョコ? お前も渡す奴いんだな」

    「こ、これはあんたの!」
    「お、俺?」

    「義理とか友チョコじゃないから!
    ちゃ、ちゃんと本命だから!」

    「マジかよ…」
    「ごめんね、一杯チョコもらってたけどまた荷物増えちゃった
    じゃあ、もう渡したから帰るわ」

    「待て!」
    「何? 受け取ってくれるぐらいして、よ……?」

    私の言葉を遮るように後ろから抱きしめられる

    「好きな奴のチョコ断るわけねえだろ…」

    「え?」

    「ほんとお前鈍感すぎ
    俺もお前のことずっと好きだって気づけよ…」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 昼頃
    • ライがバイトしてる店
    • 恋心を自覚

    それから俺は自分の気持ちを確かめるように彼女を観察するようになった
    そんなある日の事
    『レイヤ姉さん!見てくださいよこの写真!』
    『ん?どうかしたの?』
    どうやら休憩時間に入った様子の彼女とその上司?が会話をして居るのが聞こえた
    『めっちゃ可愛くないですか?
    もう一緒に住んでて幸せと言うか…!』
    『あらあら、あんたは最近幸せそうで良いねぇ』
    『えぇ、とても!』
    『しっかし写真沢山だねー幸せそうで何より』
    二人の会話に俺は完全に釘付けになっていた
    (一緒に住んでる…?しかも幸せ…?は?あいつ、まさか彼氏…いや…)

    “夫”

    という嫌な単語が脳裏によぎる
    (あーもーなんで此処まで来て気付くんだよ
    こんなことなら気付きたくなかった
    好きと気付いた時には手遅れなんてどこのドラマの話だよ)
    そんな皮肉めいた言葉を一言心の中で呟き店出た
    彼に恋心を自覚させるためのレイヤの罠だったとは二人は知らない

    開く閉じる

    • 先生
    • 屋上
    • ほっぺツンツン

    「いかがしました?」
    「あ、先生」

    中3の美友は高校見学の屋上から青空を見ていた。

    「私の家はどこかなって見ていました」
    「……理由を聞いていいですか」

    彼女は帰り道が自信ないと言った。

    「先生、東ってあっちですか」
    「お待ちください?今そっちに帰る者に同行させますから」

    そう言って日永がスマホを取り出したので彼女は慌てて彼の手を自分の手で包んだ。

    「いいんです!自分で帰れます」
    「何かあっては大変ですから。離してください」
    「イヤです!離しません」

    日永の腕にぶら下がる美友に彼はやれやれと力を抜いた。

    「困ったお嬢様だ……」
    「私はお嬢様ではありません!」

    日永は涙目で見つめる彼女の頬をツンツンした。

    「え」
    「それでは……私と帰りますか?」
    「は?」
    「ちょうど東に用事があるんです、さ」

    日永はそう言って美友の手を優しく握った。
    春風は二人をうららかに包んでいた。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

世界中の誰よりも (bee/著)

口には出しませんが、将来は父のような人と結婚したい。

  • こんにちは。
    初めまして。
    私自身以前からbeeさんの作品は読ませていただいてました。
    (というのも前は別の名前で書いていたもので)

    こちらを読ませて頂きましたが
    やはり、私はbeeさんの文章や世界観が好きです。

    幸には自分の10代を重ねつつ羨ましくもなりました。
    私もそんな人に出会えないものかと…笑

    お忙しいとは思いますが
    また作品を更新されるときは真っ先に読みに来たいと思います。


    駄文失礼いたしましたm(__)m

    悦。   2012/11/26 06:29

  • はじめまして。
    お気に入りに入れさせて
    頂いております(^ω^)
    初めて読まさせて頂いた時
    私は独身でした。
    その時でもかなり感動して
    泣いた記憶があるのですが
    今、結婚して子供を産んで
    親子両方の気持ちが
    とーっても理解でき、
    前回以上に泣きました!!笑
    周りにいる大切な人たちを
    見失ってはいけない、と
    改めて思いました。
    まとまりない文章で
    申し訳ありません。
    これからも頑張って下さい!!

    沙慧   2012/08/11 02:41

  • Katzeさん☆

    お返事が遅くなりましたが、コメありがとうございます。

    詩リレーは久々のカキコミでしたが、見て下さる方が居ると思うと嬉しいです。

    また他の作品でもお待ちしております(pq∀・*)

    bee   2011/07/05 08:54

  • 名無しーさん☆

    幸の感情に共感していただけたようで嬉しいです。
    リアルに表現できていたんだ、と自信に繋がりました(P∀`q*)

    自分にとって何にも代えられない相手なら、どれだけ待ってもその時間は無駄にはならないと思います。
    そういう相手に出会えた人はきっと幸せですよね(^^)

    ありがとうございました。

    bee   2011/01/17 19:00

  • この作品読んで
    自分にもこうゆー風に
    親を思う時あるなあって
    すっごい共感しました!


    幸と祐司みたいに
    お互いが何年も
    待てるのすごいな
    って思いました☆
    やっぱ待つべきなら
    待たんとダメって
    気付かされました!


    これからも頑張ってください♪

    名無しー   2011/01/16 21:44