ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年01月25日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室

    転校してきた、長く綺麗な髪を持つ子。

    その子がどうして部活も終わった放課後に、音楽室にいるのか。僕には分からない。
    でも、彼女の透き通った歌声は、とても綺麗だった。

    「ねぇ、何してるの?」
    そう聞くと、彼女は長い髪を揺らし振り向くと驚いた顔をした。
    「えっと…」
    返答に困る彼女が可愛い。少しだけ、意地悪してみよう。
    「こんな時間にダメじゃないか。帰らないと。無断で特別教室を使うのは禁止だろ?」
    「ご、ごめんなさい。知らなくて」
    「大丈夫。黙っててあげるよ」
    やっぱり、可愛い。どこか不思議な雰囲気をまとう彼女に僕は恋をしていた。
    「付き合ってよ。僕と。」
    自分の口から出た言葉に自分も驚いた。
    「良いですよ」
    少しの沈黙の後の返事。僕は嬉しくて、彼女を抱きしめていた。

    開く閉じる

    • 放課後
    • グラウンド

    あ、今日もいる。


    放課後、教室の窓から
    いつも外を眺めてるのは、

    同じクラスの野村さん。


    その視線の先にいるのは、野球部の安部。


    その視線が俺に向くことがなければ、
    サッカー部の方に向くことすらない。



    たぶん、ふたりは付き合ってない。
    完全に野村さんの片想いだ。

    しかも、安部は野村さんの視線に
    全く気が付いていない。


    正直、安部が羨ましい。
    誰かにこんなに想われてるなんて。


    なんか、もやもやする。
    もどかしくて、いじらしい。



    俺だったら、すぐに気が付いてあげるのに。
    なんで、安部なんだよ。

    開く閉じる

    • 後輩
    • お昼休み
    • 教室

    「せ、先輩!これ!どういうことですか!」
    せっかくお昼寝してるのに机を叩かれて目を開ける。
    「んぁ、なぁに〜?」
    「か、可愛い…」
    「ふぇ?」
    見上げると後輩の春くんが。
    「ふわぁ?」
    「ね、眠そうですね…可愛いです、じゃなくて…こ!れ!」
    手元を覗くとモデルの私の表紙の雑誌が…
    「ひゃあ!そそそそそれはダメ!見ちゃダメ!!」
    は、恥ずかしい!!今回は水着と下着の雑誌なのに!
    「こんなのまたファンが増えちゃうじゃないですか!どうするんですか!!俺の前だけでこんなカッコしてくださいよ!」
    「「/////」」
    そ、そんなこと言っちゃったら…
    うぅ〜、外野から視線感じる〜!
    「先輩?」
    「う〜」
    威嚇すると小声で
    「可愛いですけど、その顔も家だけで見せたください?」
    「ば、ばか!」
    「今夜家で脱がせてあげますね?その後も期待してますよ?」
    私は真っ赤な顔で午後の授業を受けることになったのだった。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

ぼくの 妹 姫 (桜沢リン/著)

読んでいただきありがとうございますm(_ _)m

  • 初めまして♪( ´▽`)

    読んでいる途中で何時の間にか楓をすごく好きになっている自分に驚きました(笑)
    蕾がすっごく羨ましくって( ̄ー ̄)
    でも蕾も好きなんですよね。

    いけない事だって分かっていても蕾と楓がずっと一緒にいられればいいのにと思っていました。
    …ので私的には美紗がすごく嫌でしたね(; ̄ェ ̄)

    でも本当にすごく入り込んでドキドキしながら読んでいました!
    心拍数ハンパなかったです(笑)
    感動をありがとうございました(*^_^*)

    奈津紀   2012/01/11 00:13

  • 櫻田しおんサマ

    はじめまして
    読んでくれて
    ホントにありがとうございますm(_ _)m

    禁断と心の闇をテーマに
    暗く進んでいくこの話
    深いと言ってもらえて
    スゴい恐縮です~(>_<)

    まったくもって
    稚拙きわまりない
    私の文章に
    ファン登録までっ!
    ホントにありがとうございますm(_ _)m

    これからも
    よろしくお願いします

    桜沢リン   2010/03/28 18:19

  • はじめまして♪
    櫻田しおんと言います


    今回こちらの作品を読ませて頂きましたが…
    本当に本当に感動させて頂きました
    すごく深くて…
    なんか感想が上手くかけなくて申し訳ないのですが、
    本当に素晴らしかったです!!ファン登録&本棚inさせて頂きました



    これからも頑張って下さい!応援しています♪


    しおん

    櫻田しおん   2010/03/26 15:40

  • リイさま

    はじめまして☆
    素敵な感想&レビュー
    ありがとうございますm(_ _)m

    こちら、好き嫌いが
    きっと激しく分かれる
    禁断モノf^_^;

    深く読み込んでいただき
    とても感激です(*^_^*)

    本当にありがとうございましたm(_ _)m

    桜沢リン   2010/02/13 15:47

  • 初めまして、リイと申します。こちらの作品完読しました(^∀^)

    最初はただの禁断モノかと思っていましたが、深い人間の感情などが見えてくるたび、胸がなんとも言えない気持ちになりました。ただの禁断モノ…と思っていた自分が、なんだか情けなく思えてきました。

    拙いですが、レビューも書かせていただきました。これからも頑張ってください(゚∀゚*

    リイ   2010/02/13 09:01