ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年02月22日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室

    「カップリング結局、美心と橋爪くんの総取りだよね。
    橋爪くんはあん時キスされたの?
    あたしは、あん時美心のキスにマジ照れたから」
    「あ!?「ぶっゴホゴホっ、藤まじ勘弁してよ今言うなよ」
    ただいま、文化祭の打ち上げで教室にいた俺は、缶ジュースを飲んでいたけどーー。
    吹き出した。
    藤の発言にーー。
    「キスって誰と誰?」

    .真相が知りたいらしい雷。
    「そりゃ〜」
    藤はニヤリ、と笑った。
    「悪いか。
    だいたい、雷があんな女のいいなりになるから悪い。
    キスする寸前を、美心に見せたくなかった」
    美心に悲しい顔して欲しくなかった。
    「キスしたの?あん時、迫るあいつから逃げたよ。
    やるわけない。
    へーー、美心。
    青とキスしたんだ」
    ニヤリ、と意地悪な笑いの雷。
    なんとなく嫌な予感。
    「あ、雷くんーーあのっ「美心」
    ーーーーぐい。
    引き寄せた美心、目の前で雷がキスをした
    「消毒なっ」
    やっぱむかつく。

    開く閉じる

    • 先生
    • 放課後
    • 屋上

    先生はいつも変わってる。ぼーっとしてていつもどこかに居て。私は屋上に彼を探しにやってきた。予想通り彼はそこで横になっていた。


    「先生、また眠ってるんですか?」

    「ん~、待ってた」


    やわらかく先生は笑って起き上がり、私の手をぎゅっと握った。

    「今、誰もいないから。……だめ?」


    先生は嬉しそうに笑っている。だから、ちょっと照れ臭くなる。こつんと額を合わせられる。

    「心先生、ちょっと近いです」


    「そうかな~?でも、もう少し」

    唇が触れそうになる。心臓がばくばくして動けないでいると、心先生が少し頬を染めてやんわり口角を上げた。


    「ずっと、こうしてたい」

    「え……」


    「離れたくないなぁ……今はこれで、がまん」


    繋がれた手を私に見せるように挙げて、先生は照れ臭そうに笑っていた。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 廊下
    • 告白

    甘ったるい匂いが学校いっぱいに広がる2月14日、甘いものが苦手な私にとっては地獄の日。

    だが今年は甘い匂いに酔いつつ手作りした。ほんのり甘酸っぱい、薔薇のジャム入りのチョコレート。

    死にかけながらも作った理由、それは今年卒業する憧れの先輩に渡すため……告白するため。授業が終わった後、いそいそと4階の自販機横のベンチ……先輩の『放課後の定位置』へと向かった。

    階段を登ったすぐ先にあるその場所。緊張しつつ登ってたら先輩と……女の子の声が聴こえてきた。

    踊場の陰に隠れつつそっと覗いた。
    顔を真っ赤にさせてその子は先輩にチョコらしき物を渡していて、先輩もその子に負けない位真っ赤にさせて受け取っていた。……それを見て、私は階段を駆け降りた。

    先輩はとっても優しい。だから私のチョコも受け取ってくれただろう。だけどその優しさは先輩の恋人になるあの女の子にはきっと残酷だ。

    涙が止まらなかった。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

全てがキミだった (あちゃみ/著)

作品を読んで感じたままのコメントください(*´ω`*)

  • ものすごく共感しすぎてびっくりしました!しかも話し方とか会話とかが似すぎていました!私もほとんど亜美と同じ状況なんです!
    私は学生で、公平みたいな男友達がいます。それもほとんど言うことが似ていて、まるで私の未来なんじゃないかと思いました。年上ではないのですが、その男友達には一年以上付き合っている彼女がいます。私も何度も諦めよう、忘れようとして告白もしたけど、振られました。それでも、好きで今に至ります。思い出にできる日が来るまで好きでいようと思っていますが、この話を読んで私も結婚できなくなるのではと少し焦りを感じました。
    いつか、私も思い出にできたらと思いました。

    EGAO   2019/02/21 23:22

  • なんかこの話がすっごく身近にかんじてしまいました!
    似たようなことが私自身にあって亜美に好きだよって言った時はやっと6年間がむくわれる!と喜んだ矢先に結婚話はもーめちゃくちゃ泣けました!亜美はこの後前向きになりましたが私は時間がかかりそうです笑笑面白かったです!ありがとうございました😊

    未来のみー   2018/08/16 16:32

  • >>柚木密那 さん

    お返事遅くなってすみません。
    その気持ち、とてもわかります。
    あたしも引きずるタイプなので(´・ω・`)
    辛いってわかってても、好きだから諦められないんですよね(´・ω・`)
    この作品に共感してもらえて、嬉しいです‼
    はい‼ これからも頑張ります^^
    ありがとうございました‼

    あちゃみ   2014/09/13 16:14

  • 自分も振られてながらもずっと引きずってるのでとても共感しました。
    めっちゃ泣きました。
    本当にこの作品好きです!
    これからもたくさんいい作品かいてください♥︎

    柚木密那   2014/08/30 00:51

  • 自分も振られてながらもずっと引きずってるのでとても共感しました。
    めっちゃ泣きました。
    本当にこの作品好きです!
    これからもたくさんいい作品かいてください♥︎

    柚木密那   2014/08/30 00:48