ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年08月17日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • あなたの憧れEPコン

    俺の好きな子はいつも一緒にいるグループのドジだけど笑顔が可愛い女の子

    俺たちは小さい頃からの幼なじみで!
    俺は昔から架乃のことが好きだった。

    でも架乃は大輝のことが好きなんだろな〜

    よく2人で話してるのを見るし、大輝は架乃のタイプにドンピシャだしな〜


    「はぁ...俺まじでど〜すりゃいいんだよ..」

    「壱馬どうしたの?」

    「架乃!?あ、いやなんもね〜よ」

    「本当?なにかあったらいつでも話聞くからね!」

    はぁ〜まじで架乃可愛すぎだろ!

    「お、おう/////」

    「そ〜だぁ!壱馬!一緒にアイス食べいかない?」

    「行く」

    「やったぁ!」

    「 まじで架乃を誰にも渡したくね〜」

    「壱馬何か言った?」

    「なんにも」

    「そっか!じゃあ、早く行こぉ〜!」

    「おう!」


    覚悟しろよ........架乃

    絶対に俺に惚れさせるからな

    開く閉じる

    • あなたの憧れEPコン
    • 放課後
    • 校門
    • 後ろからギュッ

    「明奈ちゃん、この後暇?」
    「この後はちょっと…」
    「少しくらい良いじゃん?ね?」
    「ちょ…!?」
    先輩に腕を引かれそうになった時。
    「…明奈、お待たせ」
    「…薫君!?」
    後ろからギュッと抱き締められた。
    「ごめんね、遅くなって」
    「うんうん、大丈夫だけど…」
    頭をポンポンと撫でる薫君。
    「…ていうことで、俺の明奈に近づかないでもらえますか、先輩」
    先輩は悔しそうに行ってしまった。
    「…あ、ありがとう」
    「俺の方こそ遅くなってごめん。何もされなかった?」
    「うん、大丈夫だよ」
    「そっか。明奈は可愛いから本当に困るよ」
    「…なっ、何言ってるの!?あたし可愛くなんて…」
    薫君はチュッとキスをした。
    周りがざわついたのが分かり慌てるあたしをよそにニコニコしている薫君。
    「…これで俺のだって少しは証明出来たかな」
    彼は頬にもチュッとキスをした。

    開く閉じる

    • あなたの憧れEPコン
    • 放課後
    • 教室
    • キス

    「…薫君?」
    日誌を書き終えると薫君が寝ていた。
    …寝顔綺麗すぎでしょ。
    「…好きだよ、薫君」
    面と向かって告白は出来ないけど寝てる時なら自然と出た。
    「…へぇ、夏葉って俺のこと好きなんだ?」
    「…へっ!?ちょ、起きてたの!?」
    彼はあたしの腕を掴み引き寄せた。
    「…ちょ、薫君ッ!」
    「…フッ。めっちゃ顔真っ赤じゃん」
    「…だ、だって…」
    恥ずかしすぎて穴があったら入りたい。
    「…夏葉ってそういう顔もするんだ」
    「…な、何言って…」
    彼はニコリと笑うとあたしの頬を撫でた。
    「…ひゃあっ」
    「何その反応、可愛すぎでしょ」
    「…んっ」
    チュッと薫君にキスをされた。
    「…か、おる、く、ん」
    「…その表情は反則だよ。他のヤツに見せないでね」
    「…えっ」
    「…夏葉のそういう表情見ていいのは、俺だけだから」
    耳元でそう囁く彼に胸のドキドキが止まらなかった。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

MOON 〜繰り返す月の恋〜 (さやか/著)

いかがでしたでしょうか?

続きは思案中なので、いつ再開するかわかりません…

皆様のアドバイスで話の続きのイメージが沸くかも…(なんて他力本願;

  • お久しぶりですo(^-^)o
    楽しみにしています(≧∇≦)

    真音 奏   2007/11/04 12:02

  • 表紙の「誰もが知ってるあの昔話」ってのが気になります!!
    どれだ?
    どの昔話だ???
    そう思って読んでいるうちに、ああ、何て綺麗な映像なのだろうと思っているうちに……つづく!!!ガビンショック(>_<。)
    また更新にあわせて読みに来ますね♪

    楓.。.:*・゜(退会)
    2007/09/05 20:50

  • こんにちは!
    早速来てしまった!

    続きが気になる〜
    美しいすぎる。情景が見事に描かれて、二人の切ない気持ちがヒシヒシと伝わってきました。
    二人の引力、運命が月と地球にうまく反映されてますね。
    白い迷子たち、いい表現です。綺麗!
    ガラスに残るそれぞれの白いあとが効果的で、出会いが引き立ってます。
    素敵なお話でした。

    また勉強会でよろしくお願いします。

    あり檀   2007/09/03 09:22