ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月25日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 電車
    • 寄り添い

    電車に揺られながら目が覚める。いつの間にか寝てたみたい。隣には彼の寝顔。私はずっと彼の肩に頭を預けていたようだった。
    こんな日はいつも付き合った日のデートのことを思い出す。
    あの日は告白しようって意気込んで緊張してたのと遊園地ではしゃぎすぎたので私はとても疲れていた。電車で帰りながらウトウトして気付いたら寝ていた。その時も彼は肩を貸してくれていて、私が倒れないよう支えてくれていた。
    あの日は本当は途中で目が覚めたんだけど、そっと目を開けた時、私を見つめる顔があんまりに優しいもんだからドキドキして目を開けられなかった。
    今度は私が支える番だからね。隣で寝ている彼の頭を私の肩に持っていく。そっと覗き込むととやっぱり好きだなと思った。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 急接近

    「ねえ、ネクタイってどう巻くの?」

    唐突にやってみたくなってそこそこ仲のいいクラスの男子に聞いた。

    「こうやってここを回して…」

    なんか上手くできない…

    「違うんだよなぁ」

    「わかんないよー」

    「貸してみ」

    彼が私の前に立つ。いつもよりも近い距離感にドキドキした。このドキドキが伝わってないかと心配になり、またドキドキした。彼もドキドキしてくれてたらいいのになーなんて。
    それまではただの優しい同級生だったのに一気に気になり始めて、今では目で追っちゃってます。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 公園
    • 告白

    「もう!お母さんなんて知らない!」
    私は家を飛び出した。勢いで出てきた手前帰りにくい。
    だんだん空も暗くなってきたし、寒いし、最近不審者情報もあったからちょっと怖い…
    私はとりあえず近くの公園のブランコに座った。
    「君、おじさんの家に来ないか?」
    知らないおじさんが話しかけてくる。断ると腕をがっしり掴まれ、私は恐怖と後悔で泣きそうになった。
    「菫!」
    突然飛び出してきた人影がおじさんを殴った。
    「おい、お前何してんだふざけんな」
    数分後おじさんは警察に連れていかれた。
    びっくりした私は腰から崩れ落ちた。
    「菫、大丈夫か?」
    そこに居たのは幼なじみの隼人。中学生になってからは関わりがなくなっていたのに。
    「桜さんから家出したって聞いて探してみれば何してんだお前」
    緊張がとけて涙が溢れ出る。
    「俺がお前を守るからもう泣くな」
    私は隼人の胸に顔をうずめた。
    「助けに来てくれてありがとう」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

【勉強会課題】 (ヒビキ響/著)

勉強会なので、バシバシアドバイスお願いします!
皆でレベルアップしていこう(≧Д≦)ノシ

  • >楓さん
    心理描写にばかり気を取られて、風景描写がすっぽ抜けてました(汗
    ・・・精進します!!

    >水樹さん
    そうですよね、風景描写が・・・OTL
    水樹さんのような脳裏に浮かんで来るような風景描写が書けるよう、もっと勉強しようと思います・・・!!

    >世衣さん
    そうですよね・・・OTL
    風景描写・・・。
    ・・・頑張ります!

    >大石さん
    正にその通りです☆
    このお題は謎を残してナンボだと私は思います。

    あー、ヤヴァイ・・・コレ書くので1時間半経過している・・・OTL
    どんだけとろいんだ私・・・。
    こんなに時間掛けといてこんなコメントしか返せなくてスミマセン(汗
    あとがきはまた時間出来たら書きますので暇だったらどうぞ~。

    ではでは、感想本当にありがとうございました!
    そして、返信とてつもなく遅くなってスミマセンでした!!

    ヒビキ響   2007/09/20 00:44

  • >中咲さん
    あのギャップは自分でも気になります(汗
    もっと考えて書けば良かったです...OTL
    彼が何と言ったかは後程あとがきっぽいモノに書こうと思うので、お暇がありましたらどうぞ。

    >沙月さん
    はい、その通りです!
    冒頭なので、どうなるかは続きでって感じで・・・書きませんが(笑
    散歩道でというのは・・・ぶっちゃけて言うと、お題とリンク出来てるか疑問だったので散歩道と入れてしまったという・・・(汗
    そんなこと書かなくても良いようにしないとですよね、スミマセン!!

    >深町さん
    素敵になるかは疑問ですが・・・(汗
    続くとしたらシリアスな中にもギャグが織り交ぜられているようなそんな話になる予定です。

    >ちヵさん
    何気に主人公ちゃんは美人設定なので、そう言っていただけると嬉しいですv

    >闇夜野さん
    うっ、全然考えないで台詞決めてました・・・(汗
    書かなかったのは何と言ったのか気になるように仕向けるためだったのですが・・・書いた方が良かったですかね?
    でも書いたら書いたでまたダメ出しされそうな台詞だったので書かなくて良かったのかもしれません(汗

    ヒビキ響   2007/09/20 00:44

  • >六代目さん
    実はアレは何年か前に考えた長編小説の一部だったりするんです。
    なので、覚えてる設定で書いてたら最後の方あんなことに・・・(汗
    仰る通り、抱き上げられるところで切っておけば良かったとかなり後悔しております...OTL

    >さやかさん
    確かに仰る通りですよね、意識も吹っ飛びそうなのに人の顔なんか解かりませんよね!
    書いてる時に気付いてはいたのですが、『まぁ、いっか☆』とそのままUPしてしまいました・・・(汗
    1番やっちゃいけない妥協ってヤツですスミマセン・・・以後気を付けます!

    >澪流さん
    彼が何と言ったか気になるように書きました、一応(汗
    でもよくよく考えると“それっておかしくない?”って感じの台詞が続くのでいっそ気にしない方が良いのかも知れません・・・(汗
    現実世界に引き戻してしまったのは私のミスです。
    もっと考えて書けば良かったと後悔しております・・・OTL

    >こぶきちさん
    なるほど、“?”を付けるとまた違った雰囲気が出ますね、参考になります。
    そうですよね・・・せめてクラスメートは伏せるべきでした(汗

    >万葉さん
    はい、仰る通りです・・・!!
    アレはどう考えてもおかしいですよね・・・精進します!!

    ヒビキ響   2007/09/20 00:43

  • 有り得ないくらい溜め込んでしまった・・・(汗
    返信また区切ります!

    >MARIAさん
    主人公ちゃんに何があったのか、続きはどうなるのかなどは、後程あとがきっぽいモノで書くのでお暇でしたらお読みくださいませ☆
    行く、行かないの使い方については、私も正直自信ないです・・・!!(汗
    日本語って難しいですよね・・・。

    >らんららさん
    確かに何故?って思いますよね。
    ちょっと臭わせる部分があっても良かったかもです、参考になります。
    主人公ちゃんの病んでる理由は、実はそんなに大したことじゃないんですが・・・世の中にはちっぽけなことで悩む人がいたりするので、そんなことを伝えたかったのでした。
    まぁ、アレだけでは伝わらないのですが・・・(汗

    >ちゃいるさん
    そうですよね、最後の方は繊細さに欠けていたように思います(汗
    やはりもっと描写について勉強せねば・・・!!

    >更紗さん
    ありがとうございます(笑
    とりあえず続きが気になるような1番おいしいところを切り取って来ました☆

    >くらくさん
    寒いのは感情か感覚か・・・全く考えてませんでした(汗
    寒いと思うのは感情だけど、寒さを感じるのは感覚ですよね・・・うーん。
    なんだか永久ループしそうな疑問です(汗

    ヒビキ響   2007/09/20 00:41

  • コチラにすみません。
    感想をありがとうございました☆

    4回目でなく2回目に☆
    結構なインパクトでした♪
    本当にありがとうございました!

    深町 田   2007/09/18 22:27