ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年10月22日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 後輩
    • 放課後
    • 廊下
    • 壁ドン

    私、波奈。
    只今、宿題を教室に忘れ、夜だというのに学校に忍び込んでいます…
    「ん?先輩?」
    「え?」
    絢斗?
    「偶然ですね」
    「本当!絢斗はどうしたの?」
    「俺は伊紀の宿…」
    「誰かいるのか?」
    え?
    「多分、宿直。見つかると退学になるかも。あ、そこ隠れましょう」
    _ドンッ
    隠れるためだよね…。
    え、絢斗に壁、押し付けられてる。
    なんで、こんなにドキドキするの?
    壁ドンってドキドキするもんなの?
    「けん、と…?」
    「黙ってて」
    ドキドキが収まらない…
    顔が、近い…
    限界で、絢斗が離れた。
    「先生行ったみたいです」
    「そ、そっか、ありがとう、私、帰るね!」
    心臓が、今も速い。
    「先輩、顔赤いですよ?熱?」
    顔赤い?
    「大丈夫だよ!」
    「それならよかったです。じゃあ。あ、」
    『心臓の音、めっちゃ速かったね』
    耳元でささやかれた。
    何あれ…
    絢斗のせいで、また心臓が…
    _ドキ
    あぁ、速くなった。

    開く閉じる

    • 後輩

    「先輩ー」

    ヒナタは迎えに来たよと言うかのように教室に入ってきた。

    「ちょっと待ってて!」

    急いでスクバに荷物を積める。
    カランと音をたてるのはヒナタとお揃いで買ったイルカのストラップだった。

    懐かしいなと思い出に浸っていると

    「まだ?」

    と呼ばれた。

    「お待たせ」

    昇降口まで二人で歩く。

    今でも夢みたいだ。こうしてカレカノになれるなんて。

    不意に手を繋いでみる。

    「えへへ」

    夕日で照らされているヒナタの顔はどこか切なかった。

    「ん?」

    「いや、先輩がいつまで俺と居てくれるかなって」

    そんなこと思ってたの?

    繋いでた手に力を込める。

    「私はヒナタから離れるつもりないよ。ヒナタこそずっとそばに居てね?」

    「おう」

    不安にさせてごめんね。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 部活後
    • 美術室
    • 告白

    「じゃ、今日は終わり。また明日。」

    いつもの様に部活が終わり、みんなが帰る。私は残るけど。
    私は美術室に1人残り、絵を描く。コンクールに何度も入賞しているから、特別扱いなんだ。

    たまに、息苦しくなるけど…
    でも、嬉しい事がある。

    「やぁ、奈々瀬ちゃん」

    秋斗君が来る事だ。
    彼は学校の王子様。『才色兼備』が似合う人。だからすごくモテる。

    去年の文化祭で、私の作品を見て、興味を持たれた。
    毎日来てくれて、話ながら絵を描く。

    「毎日ごめんね?来てくれて…」

    『来たくて来てるの』といつもの様に言うと思ったら、

    「…いつになったら分かるの?奈々瀬の事好きって。」

    「ヘッ…」

    私も、

    「好き、です。」

    そう言うと、秋斗君は優しく笑ってくれた。

    「「付き合ってください。」」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

合鍵 ~あたしの不愉快な夏休み~ (キサキレオナ/著)

なんでも一言どうぞ。

  • 寿桜さま(すでに心の友扱い)

    いきなりですが、私の新連載などどーーでもいいので、どうぞ小室先生のご著書をお読みくださいませ(笑)

    ちょっとKindleってまじで悪魔ですね。本棚スペース気にせず買いまくりです。
    読んだらまたご報告しますね。

    論理的思考、まさにそのことが言いたかったんです!
    少なくとも、日本人は論理性の欠片もないことくらいはまず自覚しないといけないと。今の時代、もう鎖国はできませんしね。
    論理よりも和を尊ぶ、争いを好まない。それは美点でもあるけど国際的にはごくごく少数派ですもんね。謝るのが美徳とか、絶対に通じないから(苦笑)
    まぁそこが日本の好きなところでもあるんですが、もうちょっと自らを知って、したたかにならないといけないなぁと。
    今すぐにでも、小学生くらいのうちから論理学の基礎くらいやってくれないと、今の韓国との慰安婦だなんだのごちゃごちゃがそのうち世界中を相手に起こって無駄な軋轢を生むんじゃないか、なんて危機感を持っています。

    今の内閣は教育再生に非常な力を入れていますし、最大の問題の歴史教育が正されるであろうことは大いに期待していますが(というか正してくれないと日本滅ぶ)、今のところ論理的思考の育成についての見解を聞いたことがありません。
    寿桜さまのような見識を持っておられる方が、みんなで内閣、下村大臣にどんどん声を届けていただきたいと思います。こういうのって数が大事ですから。もちろん私もしていますし、続けて行きたいと思っています。

    仏教のことは、違う言い方をすれば、死を越えられる真の幸福を手に入れる、というところでしょうか。
    こう言うとオカルトみたいですが、一般的な幸福は大体死を前には無力なので、そういう意味で。
    もっと別の言い方をすれば、限りなくプラマイゼロに、平坦に、何もない世界に近づいていくと突然別の世界が見えるといいますか。
    ダメだ、簡単に言おうとすればするほど変になっていく(笑)

    キサキレオナ   2013/02/07 21:47

  • レオナさま☆

    お久しブリーフです♪

    『憲法原論』届きました!いぇ~い!今読んでるダライ・ラマの本が読み終わり次第、入ります(楽しみっ)
    『仏教だと、まず肉体が死ぬまえに先に死んでおく』どういうことだろう・・・あぁぁぁぁこういうの大好きなので、また調べに走りそうですw
    しかしまぁ「私、今、そして神」いっちゃいましたか。読み終わったらぜひどんなだったかお聞かせ下され!ちなみに私はやっぱ意味不明のままです(笑)
     
    確かに仰る通り、この世は全てが数学に結びつくんですよね、そして、数学的思考法→論理的思考ってことでしょうか?だとしたらその考え方って大切だと思いますし、私もそれを教育に含んで行って欲しいと強く思いますね。

    中国原論、中国人を科学的に分析・・・これ、いいかも。
    すんごく興味深いですね。仕事に役立ちそう!少なからず関わりがあるので、いいものをまた教えてもらっちゃって、嬉しいかぎりです♪

    ってまたこんなに書いてしまいましたが・・・今度は新連載の方にお邪魔しようかしら(うふ)

    それでは~☆

    藤原 寿桜   2013/02/03 16:07

  • わたし自身は法学系でも何でもないんですよ。
    (続き)

    大いなる真理を探求とか思索を楽しむというよりは、どちらかというとごくごくミクロな視点からスタートしてまして(自分の苦悩を取りたいという)。
    なのであらゆるところをつまみ食いしているうちに通り越しちゃった、というところでしょうか。ただ何ひとつ専門的に深く語れる分野は無いような(涙)専門にぐぐーっと突っ込んで深く語れる人は素晴らしいと思いますし、そのような皆さまのおこぼれエッセンスをいただいて生きております。

    早速寿桜さまのオススメ本を読んで、おこぼれエッセンスをいただこうと思います(ふふ)

    キサキレオナ   2013/01/21 19:17

  • 『人間らしい死に方』……またそんなところに反応してくださる方がおられるとはっ

    あの本は細切れ時間に読んでいたので、前半の学術的な記述がいつも「どこまで読んだっけ」となって、読むのにかなり時間がかかったのを覚えてます。
    死はすべての人間にとってもっとも大きなテーマだと思います。
    仏教だと、まず肉体が死ぬまえに先に死んでおく、ってところでしょうかね。乱暴に言ってしまえばですが。
    死生学の本、興味あります。と、アマゾンに見に行って、なぜか「私、今、そして神」をポチってしまいました(笑)

    実は数学がすべてのベースというべきなんでしょうかね。
    小室先生の本も何の本でもほとんど宗教と数学に行くような(笑)
    数学は、学校で数式の解き方ばかり教えるんじゃなくて、もっとベースの数学的思考法を教えてくれていたらなぁ…とつくづく思ってしまいます。

    『憲法原論』ですが、寿桜さまの分野からのアプローチでしたら、『数学原論』とか宗教関係(宗教原論、イスラム原論等)からの方が面白いかもしれません。
    ただし『憲法原論』は、中世から現代にいたるまでの世界を憲法を軸に解説した本なので、別に憲法の本じゃないんですよ。中世の王制のしくみから始まって、中盤はほとんどキリスト教解説。
    すべては絡み合っているので、一分野だけでなく多くの分野を修めることで世界を俯瞰できるようになる。そんな世界を垣間見せてくれるので好きなんです。

    ちなみに全然小難しくないですよ。小室先生のいいところは、私のようなパンピーにもわかるように書かれるところなので。
    私は今中国原論読んでます。三国志等を題材に中国人を科学的に分析していくというとっても面白い内容なんですが、なんせタイトルが固い!今のご時世、もっと広く読まれてほしい本なんですが……。

    (続く……初めて1000字越してしまったw)

    キサキレオナ   2013/01/21 19:17

  • こんばんわん♪

    もちろん知っておりますよ!『論理哲学論考』ですね。うちにも勿論あります。塔也くんと一緒じゃないのぉって思いましたもんw
    ウィトゲンシュタインにしろニーチェにしろあとは、プラトンとか、結局行き着く所は死をどうとらえるかってところにたどり着くんですよね。哲学の根本みたいなもんなんですかねぇ。
    そして、みんな批判や全否定からぶっこんでくるという・・・
    塔也くんの本棚にも『人間らしい死に方』がありましたが(うふ)

    あ、あくまでも学説の延長上としてですからね!
    医学書院から出ている『死生学』は仏教的要素も入り込んでます。
    うっかり哲学に片足の先っぽ突っ込んでる身としては、哲学→宗教→し→数字→宇宙ってなっちゃうから、ついつい書いてしまいました・・・
    「私、今、そして神」という永井均先生が書いている本は、何度読んでも意味不明で面白いです。全否定からのまさかの肯定からのやっぱり否定という、複雑っ。

    「いいよ!」って本は読んじゃうたちなので、小室先生の本手に取ります。憲法原論、小難しそうなんですけど気になります。
    レオナ様、法学系ですか?

    いやはやこういった話が出来るなんて幸せすぎます♪コメント欄に長々とすみません。

    またのこのこ遊びにやってきますので、追い払わないでね(アハ♪)

    藤原 寿桜   2013/01/16 22:11