ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年07月16日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • クール男子2【お題】
    • お昼休み
    • 屋上

    「でね、隣の席の羽野くんって子がね」

    トン

    「へ?」

    私の上には彼氏の悠

    「笑那」

    「な何?」

    「お前の彼氏は誰だ?」

    「ゆ悠デス」

    「だよな?他の男の事をずっと聞かされて嬉しいと思うか?」

    「オモイマセン」

    「これからは気をつけろよ」

    「ハイ」

    チュッ

    んんっ!?


    な長い...


    「お仕置き」


    カァァァァ/////

    「フッかわいいやつ」

    開く閉じる

    • クール男子2【お題】
    • 部活中
    • 体育館
    • 頭ぽんぽん

    「ナイシュー!!」
    「どんまーい!!」

    暑い体育館の中で青春の声が響く。

    「5分きゅうけーい!!」

    この声で私の仕事の1つが始まる。
    バスケ部のマネージャーである私は一人一人にドリンクとタオルを配り始める。
    人数はそんなにいないから結構すぐ終わるけどね。
    最後は彼氏である碧(あおい)だ。

    「碧、お疲れ。これ、ドリンクとタオル」
    「ん。さんきゅ」

    あまり表情とか変わんないからほんとに私の事が好きなのか心配になる。
    それに、昨日切った前髪も気づいてくれない…。いや、気づかないかなとは思ったけどちょっと期待しちゃうじゃん?

    「休憩終了ー!」

    あ、もう5分たったのか…。

    「…あのさ、」
    「ん?何?」
    「…前髪、可愛い」

    碧はそれだけ残してコートに戻って行った。
    耳は真っ赤で頑張って言ってくれたのかな。

    「そういうのホントにズルいよ…///」

    開く閉じる

    • クール男子2【お題】
    • 放課後
    • 帰り道
    • 後ろからギュッ

    「すっくん!帰ろ〜」


    「...ああ」


    「今日はね!〜なことがあってね!...」



    あっ
    靴ひもが...


    ...すっくん私が遅れてるの気づいてない



    やっぱり私のことすきじゃないのかな...?



    「...なにやってんの?早くきなよ」


    「...グズっ
    告白したのも、帰るの誘うのも喋ってばっかなのもいつも私」


    「なにいって...」


    「すっくんは本当は...私のことすきじゃないでしょ?」

    「...」

    なんで、なんも言ってくれないの

    「もういい、1人で帰るの!」




    ギュ

    「...わりぃ
    怒ってる美香も可愛いなって思って」

    「へ?」


    「たしかにいつも美香からだから
    今日は俺からデートに誘おうとおもって...
    緊張してて...」



    「そーだったんだ」





    ボソッ
    「それに、お前の可愛さに気づいたのは俺が最初だから」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

『春・夏・秋・冬〜揺れる想い』 (オキルス/著)

****

  • わぁぁぁっ

    ななちゃ〜ん
    読んでいただきありがとうございます。
    あの時の気持ちがじわりとよみがえってきて、なんともいえない気持ちです。

    本編は悲しいお別れになったのだけど、続編は私も思いもよらぬラストになって、嬉しくて涙がでたよぉ。
    春の気持ちになって書いたので、秋のこと、冬のこと、もちろん夏のこと、みんなの気持ちがわかるので、すごく複雑でした。

    本当に素晴らしい作家様たちとリレーをできて幸せだった(*^_^*)

    温かい感想、ありがとうございます。

    オキルス   2009/03/13 15:11

  • ナナちゃん、公開直後から本棚に入れてたんだけどやっと読むことができました。こちらこそ、遅くなってごめんね。

    皆さんの作品も読んでからまた戻ってきました。本編は衝撃のラストで、冬がいないのにどんな続編になるんだろうと思ったら……すごく以外な展開でびっくり!

    春が夏と冬の間で揺れ動く気持ち、切なかった。冬がいなくなって、皆の一方通行の想いがどうなっちゃうのか読んでてすごく心配でした。

    だからラストは本当に良かった!春〜、良かったね〜って、私も友人のひとりになった気持ちでうるうるしたよ〜。

    こんなに温かくて優しい友情物語、続編が読めて本当に良かったです!

    咲 七織   2009/03/12 16:16

  • ようちゃん☆

    続編にまで、感想、ありがとうございます(*^_^*)

    書いてる間の数ページ、本編が終わってからも、切なくなり、苦しかったよぉ。
    はいりきってしまっていたからね。

    本編、続編にまで素敵なレビューをありがとうございました

    オキルス   2009/01/15 22:14

  • オキちゃん(≧∀≦)

    遅くなっちゃったけど、続編読ませて頂きました♪

    春の気持ちが凄く胸に染みました(:_;)

    叶わない恋をしてても
    辛くても
    秋を大切に思ってる春の友情?に感動しました〜(>_<。)☆


    素敵な続編ありがとうございます♪


    ではサンタロウさんの所へ行ってきます(*^^*)

    陽生   2009/01/15 17:36

  • ともちゃん

    続編にまで感想をありがとう(*^_^*)

    冬とはあんなことが…
    そうなの、いなくなったらよけいに冬への想いに揺れたんだけど、ラストはああなりました。

    サンタロウさんに幸せに描いてもらえて、よかったです。

    ともちゃん、みなさん素晴らしい作家様でしたよ(^^)v

    ありがとうございました。

    オキルス   2009/01/11 20:49