未完の恋だから忘れられない!

恋愛(ピュア)

渡海大三郎/著
未完の恋だから忘れられない!
作品番号
1728758
最終更新
2024/07/08
総文字数
3,341
ページ数
1ページ
ステータス
完結
PV数
27
いいね数
0
彼女とは一度も喫茶店に行ったことがないのに、なぜか私は口ずさむ。

『学生街の喫茶店』。

1972年にリリースされた名曲だ。


『学生街の喫茶店』の歌詞とは違って、あの時は恋だと気づいていながら言葉に出せないまま、ついに別れの時がやってきてしまうのか?

あらすじ
未完成であるがゆえに、心に残り続ける。

未完の恋こそ、永遠の恋なのかもしれない。


彼女を抱きしめたい衝動がつま先から頭のてっぺんまで突き抜けていく。

だが、身体は台座に固定されたブロンズ像のように動かなかった。


タクシーに乗り込む寸前、彼女は頭の上で右手を振った。


窓ガラスに白い顔を押しつけるように私を見ている。

今からでも遅くない。

大声で叫べば彼女の耳に届くかもしれない。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop