犬猿☆ラブコンフリクト -三島由紀の場合ー

恋愛(学園)

綾鷹-アヤタカ-/著
犬猿☆ラブコンフリクト -三島由紀の場合ー
作品番号
1727767
最終更新
2024/07/01
総文字数
36,985
ページ数
29ページ
ステータス
完結
PV数
243
いいね数
0
この作品は、“犬猿☆ラブコンフリクト”の続編となります。



本編は辻本 茉弘サイド中心の物語でしたが、これは、三島 由紀サイドの物語となります。



この物語を読む先に“犬猿☆ラブコンフリクト”を読むことをオススメします。



✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼



誰にでも優しく、おしとやかでみんなのあこがれのマドンナと呼ばれていた人間の本性が、口が悪くて性格の悪い嫉妬に狂った女だと皆にバレてしまった。



それなのに、彼は今までと変わらずに接してくれるだけじゃなく、優しい言葉までかけてくれる。



「俺が会いに行く理由は由紀ちゃんの顔が見たいからだよ」



それだけにとどまらず、甘い言葉まで投げかけてくる彼に心を鷲掴みにされてしまう。



思わせぶりな言葉を投げかけてくる彼に終始ドキドキさせられて・・・。



「顔、赤くなってる・・・可愛いね」



そんな彼に、堕ちていく──・・・。



猫を被っていた元マドンナ

三島 由紀(みしま ゆき)



×



誰にでも優しく温厚な元バスケ部主将

茂木 要(もぎ かなめ)






あらすじ
誰にでも優しく、おしとやかで有名なマドンナと呼ばれていた三島 由紀(みしま ゆき)は、とあることがきっかけで、全校生徒に本性がバレてしまう。

そのせいで周囲から妙な反応をされてしまうようになった彼女だったが元バスケ部の主将、茂木 要(もぎ かなめ)だけは彼女に対していつも通りに接していた。

そんな彼に惹かれていく由紀だったが、茂木もそんな彼女に対して甘い言葉を吐くようになって・・・!?

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop