ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年09月21日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • お昼休み
    • 廊下
    • 壁ドン

    「お前、今日もパン?」
    午前の授業の終わりと同時に立ち上がると、隣の席のアイツが話しかけてくる。
    「たまには弁当つくれ、また太るぞー」
    「うるさいな」
    私は赤くなって、
    「あんたに構ってる暇ないし。
    今日こそ一番人気の焼きそばパン、ゲットするんだから」
    失礼なアイツを無視して教室を出ると、いつの間にか追いかけてきた彼が私を追い越して笑った。
    「じゃ、勝負しようぜ」
    「は!?」
    走り出した彼を追いかける。

    学食のパンはうりきれていた。
    「残念だったね」
    先に着いた彼の手には焼きそばパン。
    「よこせ、それ」
    「やだよ、俺のだもん」
    悔しくて唇をかむと、彼に廊下の壁に追い詰められる。
    「じゃあ、今日の放課後、これと引き換えにデートする?」
    「は?」
    彼は私の手にパンを押し付けた。
    「ちょ……」
    戸惑う私を置いて歩き出した彼は、隠していたもう一つの焼きそばパンを見せて、ニヤリと笑った。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 友達卒業

    彼は、友達になってくれない。

    「ありがとう」
    「こんくらい、なんてことねえよ」
    「俺らダチじゃん」
    「私たちをもっと頼って!」
    クラスメイトは学級委員の私をサポートしてくれる。みんな、優しい友達。なのに…みんなから怖がられている彼だけ、少し違う。

    「ねえ、みんなと話せば、青木(あおき)の良さ、わかってくれるって」
    「莉穂(りほ)だけで十分」
    サラッと言う、格好いい横顔に惹かれる。
    「…私しか友達いないのは嫌じゃない?」
    「何度も言うけど友達じゃないだろ」
    「なんで?」
    「友達だったら付き合えない」
    やっぱりキミは、私をおかしくさせる、問題児。
    「照れてんの?」
    フッと笑った青木には余裕がある。
    「莉穂、こっち向けよ」
    私の手をグイっと引っ張るから、渋々、紅い顔をキミに向ける。

    手をギュッと握り、私の手の甲に接吻する青木。
    「友達卒業、な」
    その一言から恋が始まった。

    開く閉じる

    • 同級生
    • お昼休み
    • 校舎裏

    "渚先輩!よかったら付き合ってください"

    渚「気持ちは嬉しいけどごめんね」

    "そう、ですか"

    私…藤堂 柚奈は学校一のモテ王子が告られてる所を目撃してしまった…
    でも、私は絶対こいつには裏があると思っt((

    渚「ブスのくせに告ってくんなよ…てかこれで1年コンプリートだな」

    やっぱり裏あんじゃん!!見てしまったぁ!

    渚「んで、そこにいんの誰?」

    バレてるぅ!?

    柚奈「別に見たくて見てたわけじゃないんだけどね」

    渚「チッ、とにかくこの事は黙ってろよ?」

    柚奈「それはアンタ次第。私さぁ女優してて今度恋愛映画のヒロインするんだけど、恋とかした事ないからアンタが教えてよ」

    渚「いや、お前地味子だろ?女優とかありえ」
    柚奈「これならどう?」

    私はウィッグと伊達メガネを外した

    渚「嘘だろ…お前人気女優のYUZUじゃねぇか!?」
    柚奈「正解!これからよろしくね?ニ・セ・王・子君」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

年下彼氏の恋愛事情。【LOVEドロップス参加作品】 (とむむ/著)

LOVEドロップス第2弾!!しっぽ振って感想待ってます♪

  • ゆっくり読ませていただきました。疾風くんかっこよかったし疾風くんを大好きな和華ちゃんもかわいかったです。これからもたくさん素敵な作品を書いていって下さい。

    おすぎちゃん   2012/04/17 19:20

  • ☆さおりん☆
    素敵な言葉のオンパレード(笑)
    いいの?そんなに褒めると調子乗るよ〜?
    でも嬉しいですっ!

    えっΣ(゜ロ゜;
    年上はダメなの?時代は年下なのー?!
    私、年上主義なのに……←こんな話書いといて何を言う。

    でもまぁ、疾風はね。
    こんな男の子だったらなぁって思って書いたから。
    完全に私の理想を投影してるよね(笑)

    っていうか、そんな細かい所まで注目してくれたの、さおりんだけだよ。ありがとう(/_<。)←感激の涙。

    私もさおりんをずっと追い続けていくからね('∀'●)
    音楽とのコラボ企画にもいつか参加したいと思ってるのでよろしく〜☆

    さおりん、色々大変そうだけど大丈夫かな。
    無理しないようにね!
    読みに来てくれて、本当にありがとう♪

    とむむ   2009/02/14 21:42

  • ラブコメだけあって、すごいテンポもよくて、笑いあり、感動あり、胸キュンありで、すっごい面白かったです!あっという間に読み終えました☆
    やっぱ…年下っすよ。もうね、この作品読んで確信した。年上はあかん。(ぇ
    時代は年下だーーー!!!
    頑張って頼れる男になろうとか。もう半端ない!!疾風最高です。

    所々に見られる、センスのいい言葉たちに関心しちゃいました〜。
    気合いは満タン準備も万端のくだりとか。うどんの汁がこぼれたあたりとか。
    細かいとこにもコメディの要素が入っていて完成されているな、って感じました!

    この二人のキャラクター、とってもいい☆最高でーす♪
    これからもとむちゃんの作品を追わせて頂きます!

    saori@   2009/02/14 02:06

  • ☆文ちゃん☆
    楽しんでくれてありがとう♪
    文ちゃんの感想読んでにやけて来ちゃった(笑)

    文ちゃんも年下くんと付き合ったことあるんだー!?
    そうだよ!その彼、もしかしたら疾風みたいに隠れ努力家タイプだったかもよ?(笑)
    普段は俺様なのに実は……なんて(〃∀〃)←妄想しすぎ。

    文ちゃんのお話だって十分レベル高いよ!!
    むしろ私のは……ただ長いだけかも(^^;
    でも素敵な感想がもらえて嬉しかったよ〜☆

    第3弾も頑張ろうね!!

    とむむ   2009/02/11 21:01

  • とむちーん!!
    遅くなってごめんね(。-人-。)

    あったかいよぉ〜♪すごいよかった(v^-゚)

    疾風可愛い(〃д〃)♪
    隠された真実にさらにメロメロだよ!

    私も大学時代に年下高校生と付き合ってたけど、彼がオレサマだったのは、背伸びしてたからなのかな……って、ちょっと美化してみたり(ノ∀`*)ノ彡☆

    楽しくてテンポもよくて、とても楽しく読めたよ〜♪
    ……っていうか、みんなレベル高すぎで、何だか申し訳ないでしゅ(>3<)


    頑張るから!また次回もよろしくね☆

    f-miyu   2009/02/11 13:43