空き教室に入った瞬間、先輩が抱きついてきた。

「っえ、!?!!?」

嬉しいけど理性崩壊寸前すぎる、、

「の、ぞむく、、

私の事、きらいになった…???」

俺のほうが身長が高いため、無意識に先輩は上目遣いになっている。

しかも涙目で。

「…いや、先輩の事は好きすぎて正直困ってるんですけど、」

「っえ、?」

「そろそろ、離れてください」

そう言うと、先輩はまた涙目になった。

「…やだ、離れないもん」

「へぇ、じゃあ先輩は襲われてもいいんですね?」

「!?!?」

「なーんて「いいもん」