何だかんだと色々あったけれど、特にあたしが何かを準備するような事はなく……。

 田神先生やみんなでデートの日取りや割り当てなどが決められていく。


 いや、あたしに決めろと言われても困るからそれはそれで良いんだけれど……。

 でもやっぱり当人そっちのけで決められていくのは気分の良いものじゃない。


 そんな感じに不満に思ってはいたけれど、結局口を出すこともなくデートの日になってしまった。


 デートは三日がかりで行うらしい。

 一日目の午前は言い出しっぺの浪岡君。
 午後は俊君。

 そして二日目の午前が忍野君で、午後が田神先生。


 鬼塚先輩とのデートはその次の週だとか。



 ……あたしに休む時間はないのか。

 文句を言いたいところでもあったけど、決まるまで何の口出しもしなかったあたしにも責任はある。

 一応15時くらいには解散ってことになってるから、それほど時間を縛られるわけじゃないけど……。


「ねえ嘉輪。やっぱりこれってハードスケジュールじゃない?」

 デート初日の朝。
 あたしは悪あがきのように途中まで付き添ってくれている嘉輪に愚痴っていた。


「一人二時間ちょっとくらいで、一日五時間。あたしその間ずっとアピールされなきゃないの?」

「まあ否定はしないわね。でも決まっちゃったんだからやるしかないでしょう。護衛の調整とか、今からやるわけにもいかないでしょ?」

「うっ」