***

「っ!」

 ビクッとなって、廊下の隅に寄る。

 すれ違いそうになったのはH生の男子生徒。


 あたしを襲ってきた奴らとは全く関係ない人だけれど、あの日以来H生の男子生徒のことが怖くなってしまった。


 あの連中はとりあえず停学処分となって、しばらくは男子寮から出られないようにされているらしい。

 だからあたしが彼らと会うことはないんだけれど……。

 それでも、他のH生の男子生徒が同じことをする可能性があるんじゃないかと思うと警戒してしまう。


 恐怖症、って程ではないことは保健室の高峰(たかみね)先生にも相談済みで判断してもらっている。

 そう、恐怖症じゃあない。

 あたしの意志で何とかなる程度のもの。


 とは言え、まだあれから数日しか経ってないのに怖がるなっていうのも無理な話だ。

 無関係なH生には悪いけれど、ビクビクしてしまうのだけは見逃してもらいたい。


 そういえばあの日女子寮に帰ると、顔色を悪くした弓月先輩と会った。

 あたしの顔を見た途端泣きそうな顔になって、何度も「ごめんなさい」と謝られたっけ。


 彼らがあんな暴挙に出るとは思わなかった。
 知らなくて、止められなくてごめんなさいって。